宇都宮競輪場:ワンダランドカップ争奪戦>◇G3◇10R S級二予A◇22日   

 初日特選を制した吉澤純平(茨城)と地元のベテラン神山雄一郎(栃木)の関東ラインに人気が集まった10レース。打鐘が鳴り、中川誠一郎(熊本)が勝負に出るそぶりを見せるも、一旦後方へ。最終3マークで7番手から猛スピードで中川が捲ってくると、そのまま外から伸びきって前団を一気に飲み込み、1着でゴールラインを駆け抜けた。

 S級S班の実力者ながら、このレースでは人気を落としていた中川が1着になったことで、3連単101番人気の9-5-1。2万7190円と万車券決着となった。

▶映像:中川誠一郎がS級S班の意地を見せて準決勝に駒を進めた10R

 中川は、「昨日はそこそこやれるかと思ったけど、良くなかった。前(先行)は違う緊張感があって、良いですね。もうちょっと出来る限り調整していきたい」と勝利を飾ったものの、仕上がりには納得がいっていない様子だった。
ABEMA/競輪・オートレースチャンネルより)

中川誠一郎、勝利を飾るも「出来る限り調整していきたい」/宇都宮・ワンダーランドカップ争奪戦