世界的人気と市場価値を誇るイングランドの名門クラブマンチェスター・ユナイテッド

Guardian』によれば、そのユナイテッドが『Football Manager』の制作会社を訴えたという。

世界最大のフットボールクラブ運営シミュレーションゲームである『Football Manager』は、選手やフットボール関係者にも愛好者が多く、ゲーム上のデータが実際のスカウディングにも利用されるほどだ。

ユナイテッドは同ゲーム内で商標が侵害されていると主張し、SEGA PUBLISHINGとSports Interactive(SI)を訴えた。

クラブ弁護士は、クラブ名とロゴのライセンス料は「非常に重要」などとコメント。「(公式エンブレムではなく)赤と白のストライプで単純化したエンブレムに置き換える」ことで、同ゲームは商標を侵害しているなどと主張している。また、サードパーティーが提供する修正パッチの使用を両社が推奨しているとも。

一方、SEGAとSIの弁護側は、ゲーム内では1992年からユナイテッドの名称を使っており、「原告はゲーム内でマンチェスター・ユナイテッドチーム名を使うことを黙認してきた。今になって苦情を申し立てることはできない」、「シンプル化されたエンブレムは、ニューゲームが始まる度にFMのゲームエンジンが無作為に選ぶ14ある一般的なロゴテンプレートのひとつ」、「ユナイテッドチーム名の使用を禁止することは、表現の自由を不当に制限することになる」などと主張しているそう。

【関連記事】サッカーゲーム史上「謎すぎる偽名クラブ」6選

また、両社は長年ユナイテッドの関係者や選手たちに同ゲームを送っており、選手たちからSNS上でポジティブコメントが寄せられていたとも弁護側は指摘しているとのこと。

マンチェスター・ユナイテッド、ゲーム制作会社を訴える