JR 東日本スタートアップ株式会社は、JR 東日本スタートアッププログラム 2019 の一環として、世界最小クラス「IBIS (アイビス)」を活用した新たな点検手法についての実証実験を実施したことを発表した。

世界最小クラスのドローン

世界最小クラス「IBIS(アイビス)は、株式会社 Liberawareが開発した狭小空間特化型ドローン。設備点検用小型ドローンで、重量170g、狭小空間でも安定して飛行することのできる性能を特徴としている。

現在、製鉄会社や電力会社、石油化学コンビナート等の大型プラント設備を保有する企業を中心とし、煙突内、配管内、ボイラー内などの点検用途にて活用されている。今回の実証実験では、新宿駅の駅舎の天井裏を飛行させ、どのスペースまで飛行できるか、撮影した映像は点検に資するレベルのものであるか等を検査。合わせて、IBIS が撮影した動画をもとに点群データも生成した。

作業の改善に効果を発揮か

駅舎のメンテナンスには、効率の良い作業が求められるという背景もあり今回の実験を実施。特に天井裏の点検は、これまで天井面を一つずつ外しながらの作業であるため、非常に時間を要する業務の一つであり、改善を図ることが急務との声も上がっていたという。今回の実験を通じてドローン活用の有用性や業務効率化の可能性を確認することに繋げられたようだ。

今後はより精度を高めるための検証を行なっていき、作業負担軽減や生産性向上につながる新たな点検手法の確立を目指すといい、ドローンの効果的な活用事例としてどのように活用されていくのか今後の事例にも期待していきたい。

JR 東日本スタートアップ株式会社