デンマークスポーツブランドである「hummel(ヒュンメル)」は、エヴァートンとオフィシャルサプライヤー契約を締結。2020-21シーズンからの3年契約となり、トップチームから男女のアカデミーまでサポートすることになった。

 エヴァートンのデニス・バレット・バクセンデイルCEOは「今回、テクニカルパートナーとなるヒュンメルとの契約の価値を最大化すること、そして、私たちの展望をヒュンメルと共有して進んでいくことが重要です。私たちは、ヒュンメルのオリジナリティや商品の品質や、ビジョンへの挑戦を続けることに感銘を受けています。今後、協働して、私たちの選手やサポーターにエキサイティングなアイテムを届けられることが楽しみです」とコメント

 また、ヒュンメルのアラン・ヴァド・ニールセンCEOは、「エヴァートンFCとパートナーシップを組めることに非常に興奮していますし、誇らしく思います。プレミアリーグへの参入は、私たちヒュンメルのグローバル戦略や成長、スポーツへの注力においては、必要不可欠なものです。エヴァートンは国内外に多くのファンを抱えており、今後の見通しもポジティブなものです。フットボールリーグ時代の1969-70シーズン優勝に貢献したエヴァートンの伝説であるアランボールジュニアが、ヒュンメルの白いスパイクを着用。イギリス市場にヒュンメルを紹介して50周年ということもあり、今回の契約を発表するタイミングとしては完璧でした。私たちヒュンメルは、エヴァートンの今後の計画について、大きな信頼を置いていますし、クラブの魅力的な歴史や熱狂的なファンがヒュンメルにフィットすると思っています。このクラブの新しい歴史を紡ぐパートナーになれることを楽しみにしています」と、喜びと期待の言葉を寄せている。

 来シーズンから着用するユニフォームトレーニングウェアは、今後数週間のうちにリリースされる予定となっている。