買ってからでは手遅れ! キャンプをやるなら確認すべきクルマ選びの絶対条件4つ

広大な荷室空間は絶対条件

 キャンプ、そしてグランピングの人気が高まっている。しかしながらすでにキャンプを楽しんでいる人も、愛車にキャンプ用品が思うように積めない、なんていう悩みを持っていたりはしないだろうか。また、これからキャンプを始めようとしている人にとっては、どんなクルマが適切かも知りたいはずだ。

 そこで、キャンプに適したクルマの選び方を4つのポイントに分けて解説したい。

1)乗員と荷物をしっかり乗せられること

 当たり前だが、キャンプというのは、ホテルに軽装で泊まりに行くのとは違い、テント、テーブル、椅子、BBQコンロ、食材、洗面&就寝用品、着替え、遊びグッズなどけっこうな荷物をクルマに積み込むことになる。そのほかに趣味のアイテムもあるだろうから、ラゲッジスペースの容量、積み込みやすさがポイントとなる。

 もちろん、乗車人数も荷物の積載性に大きくかかわってくる。夫婦やカップル、友達同士の2人乗車なら、後席と後席の足元まで荷物スペースに活用できるから、軽自動車コンパクトカーでも2名分のキャンプ用品を積み込むことはさほど問題にならない。キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

 が、3~4名乗車となると後席を100%荷物スペースとして使えず、ラゲッジスペースの容量の大きさが決め手になる。ただし、ミニバンなら、3列目席を格納した拡大ラゲッジスペースが使えるから、最大5名乗車でのキャンプが可能になる。

 そこで、キャンプ用品の積みやすさで選ぶなら、まずはデリカD:5が筆頭に挙げられる。実際、三菱自動車主催のキャンプイベントに行くと、アウトランダーももちろんいるが、圧倒的に多いのはデリカD:5なのである。2列目席以降の室内空間の圧倒的広さに加え、室内高にも余裕があるのがポイントで、ミニバンの皮を被った本格SUVキャラクター、走破性の高さもあって、キャンパーに圧倒的支持を得ているのである。キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

 デリカD:5の荷室は、開口部地上高が約620mmとワゴン並みに低く、幅約8901250mm、3列目席格納奥行約1200mm、2/3列目席格納奥行約1610mm、そして最小天井高1135mmと広大。4WDにしてフロアが低い分、床下収納はないものの、小さな引っ越しができるほどの大容量の荷室空間の持ち主だ。かなりデラックスにキャンプを楽しむ場合でも、デリカD:5ならOK。もし、デリカD:5で積みきれないというなら、それは無駄なものが多すぎると考えたい。キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

 もちろん、アルファード&ヴェルファイアやノア&ヴォクシーステップワゴンセレナなどのミニバンでも、3列目席を格納すれば広大な荷室空間が出現するが、後述する悪路走破性や都会っぽいキャラクター的に、デリカD:5が一歩リードしてしまうのだ。キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

 SUVではRAV4もお薦めだ。パッケージング的にも実際の使い勝手を参考に、「後席より荷室の容量、使い勝手にこだわった」と説明されるぐらいで、上下2段で使える便利なデッキボード下位置の容量は580Lとクラス最大だ(CR-V 561L、エクストレイル565L、フォレスター520L)。キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

 具体的な荷室スペースは幅約1150~1345mm、後席使用時の奥行約1020mm、最低天井高約805mmと、フロア面積はステーションワゴンに匹敵。床下収納もあり、荷物の積載能力は抜群と言えるのだ。また、TコネクトナビによるオペレーターサービスSOSコールの”つながる”機能は、見知らぬ土地を走る際にも絶大なる安心感をもたらしてくれるだろう。キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

 ソロキャンプ、あるいはカップルで、というなら、5ナンバサイズコンパクトSUVでも、たっぷりとした荷室を持つライズ、ロッキー兄弟がいい。キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

 荷室は幅1000mm、後席使用時の奥行755mm、後席格納時の奥行1330mm、天井高865mm(最小740mm)と、5ナンバサイズクルマとは到底思えない369Lの容量で、なおかつ床下の買い物かご2個分の大容量アンダーゲージを含めると、なんと449L(2WD)もの広大な荷室空間となる。キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

 2段可変式のデッキボードの使いやすさもさることながら、デッキボードを外せば、観葉植物のような背の高い荷物にも対応してくれるのだから、万能だ。キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

キャンプに行くなら購入時に選んでおきたいポイント4つ

買ってからでは手遅れ! キャンプをやるなら確認すべきクルマ選びの絶対条件4つ