毎年のように現れては消えていく流行語。中には有名人が発案し、そのまま日本語として定着するものも数多くあります。この記事では、そんな言葉の中からいくつかをピックアップしてご紹介したいと思います。

あけおめ

今や正月の定番の挨拶となった「あけおめ」。文字通り「あけましておめでとうございます」の略ですが、これを流行らせたのは「ELT」ことEvery Little Thing持田香織1999年大晦日に放送された「CDTV カウントダウンライブ」に出演した際、年が明けた瞬間に持田が「あけおめー!」と発言したのが発端だそうです。
 (2192717)

ギャランドゥ

男性のヘソ毛を表現する言葉として世間に浸透している「ギャランドゥ」。西城秀樹の楽曲としても有名ですが、この言葉が「ヘソ毛」を意味するようになった発端を作ったのは、ユーミンこと松任谷由実。彼女がパーソナリティを務めていた「オールナイトニッポン土曜日」において、当時芸能人の水泳大会などでヘソ毛の濃さが話題となっていた西城をゲストに呼んだ際に「ギャランドゥ大会」を行ったことで、「ギャランドゥ=ヘソ毛」というイメージが定着しました。
 (2192718)

ニューハーフ

今ではオカマという言葉以上に世間に浸透している「ニューハーフ」という言葉を発案したとされているのは、サザンオールスターズ桑田佳祐1980年に行われたショーパブのママ・ベティさんとの対談で、ベティさんが「自分は男の女のハーフ」と主張した際に、桑田が「じゃあニューハーフだね」と返答したのが初出と言われています。
 (2192721)

ホニャララ

クイズなどで空欄を表現する「ホニャララ」という言葉、これを発案したのはアナウンサーの久米宏です。彼が司会を務めていた「ぴったしカン・カン」に三浦友和が出演した回で、「スタッフが友和さんに『無人島に何か一つ持って行くとしたら何を持って行くか?』と伺ったところ、『ホニャララ!』と叫びました。一体何と叫んだのでしょう?」というクイズを出したのがきっかけです。ちなみにその答えは「山口百恵」でした。

チョメチョメ 山城新伍

伏字の部分や、男女がいかがわしい行為をすることを意味する「チョメチョメ」。これを発案したのはもちろん山城新伍で、クイズ番組「アイ・アイゲーム」で出題分の空白を山城がチョメチョメと表現したことから世間に浸透しました。ちなみに、1982年には「キャンパス チョメチョメ」というレコードも発売されています。

パイズリ

猥談などで使用されることも多い「パイズリ」。これを考案したのは、お笑いタレントの山田邦子です。山田が20代の頃、先輩芸能人との猥談の中で「センズリ」という言葉を教わり、「おっぱい」と「センズリ」を組み合わせて「パイズリ」を考案したそうです。

おっぱい星人

女性のおっぱいが大好きな人を指す「おっぱい星人」。90年代に「ボキャブラ天国」などでヒロミとタモリが使用し始めたのがきっかけで、爆発的に流行しました。なお、最初に「おっぱい星人」を自称したのはヒロミで、その後タモリも名乗るようになったとのことです。

目が点になる

驚いた様を表現する言葉として使用される「目が点になる」。この言葉の元となったのは、さだまさしバックバンドギターを担当していた福田幾太郎の口癖です。それを、80年代に入りさだや笑福亭鶴瓶メディアで使用したことで世間に浸透しました。

なお、ギャグ漫画の巨匠として知られる谷岡ヤスジの作品においてキャラクターが驚く際に「目が点になる」様子を、ジャズアニストの山下洋輔が「目が点になる」と言い出したという説もあります。
 (2192737)

「シーン」という擬音

漫画作品などで、無音や静かな様子を表現する際に使用される「シーン」という擬音。これを発明したのは手塚治虫で、自身の著書「マンガの描き方」にて「『音でない音』を描くこともある。音ひとつしない場面に『シーン』と書くのは、じつはなにをかくそうぼくが始めたものだ」と記しています。

中二病

「(中学生くらいの)思春期にありがちな恥ずかしい言動」などを指す「中二病」という言葉。厨二病と表記されることもありますが、これを考案したのはタレント伊集院光です。伊集院が自身のラジオ番組にて「かかったかな?と思ったら中二病」というコーナーを設け、リスナーから中学生の頃にやらかした痛々しいエピソードを募集していました。
 (2192741)

ワンパターン

同じような言動を繰り返す、という意味合いで用いられる「ワンパターン」という言葉。完全に日本語として定着して久しいですが、元々は楽屋言葉であり、同じ芸風しか出来ない芸人をワンパターンと呼んでいました。なお、この言葉を作ったのはせんだみつおと言われており、70年代後半に自身の芸風を「ワンパターン」と自嘲したことがきっかけで流行したそうです。

ショタコン

幼い少年が好き、という意味合いで用いられる「ショタコン」。ロリコンの対義語として浸透していますが、この言葉の元ネタ横山光輝の漫画「鉄人28号」に登場する金田正太郎です。つまり、「正太郎コンプレックス」の短縮形が「ショタコン」です。なお、初出は1981年に発行されたアニメ雑誌「ふぁんろーど」第5号とのこと。

天然ボケ

意図せずボケを披露してしまうようなキャラを指す「天然ボケ」。これを考案したのは萩本欽一と言われており、ジミー大西に対し「天然ボケ」「天然」といった表現で呼んだのが最初であると、萩本本人が主張しています。

心が折れる

気持ちがくじけてしまった様を表現する「心が折れる」という言葉。これは90年代から使われ始めた言葉であり、元ネタ1987年に行われた神取忍ジャッキー佐藤の試合にあります。この試合に勝利した神取が、取材で「対戦相手の心を折ってやりたかった」「心を折ることを考えていた」などと、「心を折る」という表現を繰り返し使用したのがきっかけとなり、一般でも使用されるようになりました。
 (2192750)

今回ご紹介する言葉は以上となります。なお、志村けんが発案した「最初はグー」、明石家さんまが発案した「バツイチ」といった言葉については、以下の記事で特集していますのでよろしければご覧ください!

え!そうだったの?!有名人が生み出して定着した造語をまとめてみました! - Middle Edge(ミドルエッジ)

え!そうだったの?!有名人が生み出して定着した造語をまとめてみました! - Middle Edge(ミドルエッジ)
毎年行われる流行語大賞など、世の中に生まれてくる新しい言葉ってありますよね。今回はそんな造語で今でも定着している言葉をまとめてみたいと思います。え?!っと驚くこともあると思いますよ!

おすすめの記事はこちら!

「ドキュン」「DQN」という言葉の生みの親「目撃!ドキュン」とは? - Middle Edge(ミドルエッジ)

「ドキュン」「DQN」という言葉の生みの親「目撃!ドキュン」とは? - Middle Edge(ミドルエッジ)
皆さん一度は聞いたことがあるであろう「ドキュン」という単語。「DQN」と表記されることもあります。世間一般から見て非常識な行動をする人をそう呼称する場合が多いですね。この記事では、「ドキュン」という単語がどのようにして生み出されたのかを徹底解剖したいと思います。

「壁ドン」って実は昔からあったんですよね。懐かしの壁ドンを集めてみました! - Middle Edge(ミドルエッジ)

「壁ドン」って実は昔からあったんですよね。懐かしの壁ドンを集めてみました! - Middle Edge(ミドルエッジ)
現代のドラマや漫画などで大人気のシチュエーションである「壁ドン」。これって昔からありましたよね?この記事では懐かしの壁ドンを集めてみました。

元のページを表示 ≫

関連する記事