甲子園春夏優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、ワールドベースボールクラシックWBC優勝、アテネオリンピック銅メダル沢村賞、 新人王、 最多勝、最多奪三振、最優秀防御率ベストナインゴールデングラブオールスターMVP、 そしてカムバック

平成の怪物

 (2191073)

青森県青森市まれの東京都江東区育ち。
5歳から剣道に打ち込み、小学3年生から野球を始めた。
プロ野球選手になった後、少年野球教室で、
「球を速くするにはどうすればいいですか?」
という質問され
「剣道をすると背筋と手首が鍛えられて良いよ」
と答えたこともある。
また中学生のときにNHK教育TV:天才てれびくんに出演したことがあった。
横浜高校進学後、「サボリのマツ」といわれるほどの練習嫌いだった。
2年生の夏の甲子園神奈川県予選準決勝で自らの暴投によってサヨナラ負けをしたことをきっかけに猛練習を開始した。
150km/h超のストレートと切れ味鋭いスライダーで春の選抜大会を優勝。
「平成の怪物」
と呼ばれた。

熱闘!!甲子園 松坂劇場

 (2191074)

夏の甲子園では、準々決勝でPL学園相手と対戦。
延長17回、250球を投げ、9対7で完投勝利した。
準決勝の相手は、準々決勝で選抜2位の関西大学第一高校を大差で破った明徳義塾高校だった。
松坂大輔は、右腕にテーピングを施してレフトに入った。
そして横浜高校のマウンドには2人の2年生ピッチャー(袴塚健次・斉藤弘樹)が立ったが、1人目は4回2/3で10被安打4失点、2人目は3回1/3で4被安打2失点と打たれた。
横浜高校は打線も不調で、7回まで3安打無得点。
8回表を終わった時点で、0対6で負けていた。

横浜高校前監督・渡辺元智氏が語る、平成の怪物・松坂大輔選手の素顔

「残り2イニングでひっくり返すのは難しい。
後はお前たちの好きなように思いっき甲子園を楽しんでみろ」
横浜高校監督:渡辺元智はいった。
すると8回裏、横浜高校は先頭打者がエラーで出塁。
その後、後藤武敏松坂大輔が打ち2点を返した。
明徳義塾は投手を交替し2アウトをとった後、暴投で1失点。
そして代打:柴武志のヒット横浜高校は、この回4点を奪った。
9回表、松坂大輔が登板し打者3人に対し15球無失点。
球速は最高で146km/hを記録した。
9回裏、横浜高校はノーアウト満塁からヒットで6対6。
さらに松坂大輔の送りバントで1アウト2、3塁。
敬遠で1アウト満塁。
明徳義塾は投手を交替し、次の打者を三振にとって2アウト満塁。
そして横浜高校の柴武志の打った球は内野へフラフラと上がり、セカンドのグローブをかすめセンター方向に転がり3塁走者が生還。
7対6。
劇的な逆転サヨナラ勝利で横浜高校が決勝戦へ進出。
そして松坂大輔は、決勝の京都成章戦でノーヒットノーランを達成した。

西武ライオンズ

 (2191076)

ドラフト会議で3球団が松坂大輔を1位指名し、西武ライオンズが交渉権を獲得した。
会議直後、松坂大輔
「自分の意中の球団は横浜ベイスターズでした」
といいながら、西武ライオンズへ入団した。
背番号は18だった。
1999年4月7日東京ドームでの日本ハム戦で初先発。
1回、片岡篤史への投球が155km/hを記録。
前年にパリーグ史上最多の年間四球を記録し選球眼の良さで知られていた片岡篤史は豪快に空振りした。
5回にはマイカ・フランクリンへの投球が胸元の際どいコースにいき、フランクリンが怒りをあらわにしたが、笑顔で応え大物振りをアピール
8回を2失点に抑え、デビュー戦で初勝利をあげた。
4月21日千葉ロッテマリーンズ戦で黒木知宏と投げ合い、0-2で惜敗。
リベンジします」
と試合後に宣言。
6日後、再び黒木知宏と投げ合い、1-0でプロ初完封リベンジを果たした。
リベンジ」は、格闘技イベントK-1イベント名で使用しヒットさせた言葉だったが、新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。
5月16日オリックスブルーウェーブ戦でイチローと初対決。
3打席連続三振に抑えた。
7月24日オールスターゲーム第1戦に先発し3回を投げ5奪三振
この試合の優秀選手賞とオールスター新人賞を受賞。
同月、月間MVPも受賞したが、高卒新人選手が月間MVPを受賞したのは1986年9月の清原和博以来2人目。
プロ1年目は、16勝を挙げて最多勝を獲得。
高卒新人での獲得は、両リーグを通じて1954年の宅和本司以来、45年ぶり。
ゴールデングラブ賞と高卒新人としては史上初となるベストナインを受賞し、高卒新人の投手としては堀内恒夫以来、33年ぶりとなる新人王に輝いた。
 (2191078)

2000年、14勝を挙げ2年連続の最多勝と最多奪三振ベストナインゴールデングラブを受賞。
しかし8月に50km/hオーバースピード違反で一発で免許停止になっていたが、9月、交際中の日本テレビアナウンサー:柴田倫世の自宅マンション前で駐車違反。
西武広報課長:黒岩彰が出頭したが、柴田倫世との交際をスクープした写真週刊誌の記事によって身代わり出頭が明らかになった。
記者会見で、松坂大輔
「駐車違反をしたことは申し訳ない。
黒岩課長の身代わり出頭は後で知った」
黒岩彰は
「レッカー移動された乗用車は球団のもので、自分が管理しており、出頭は自分の判断だった」
とそれぞれ話した。
松坂大輔は道路交通法違反(無免許運転、駐車違反)、黒岩彰は犯人隠避の疑いで東京地検に書類送検され有罪となった。
埼玉県警察の交通安全キャンペーンのイメージキャラクターに起用されていた松坂大輔は激しい批判を浴びた。
球団は松坂大輔を無期限の自宅謹慎処分とした。
(1ヶ月で解除)
球団社長:小野賢二、黒岩彰は辞表を提出した。
シドニーオリンピック野球日本代表として9月17日アメリカ合衆国戦に先発。
10回2失点の好投をするも、13回サヨナラ負け。
9月23日の韓国戦では、9回5失点。
そしてチームは延長の末に敗れた。
9月27日、3位決定戦で韓国と対戦。
0-0が続いたが、8回裏に痛恨のタイムリー2塁打を打たれるなど、3失点完投負け。
日本はメダルを逃した。
2001年、15勝15敗で、3年連続最多勝。
さらに最多奪三振も獲得し、ベストナインゴールデングラブも受賞。
21世紀初の沢村賞を受賞した。
2002年、開幕6連勝という順調なスタートを切ったが、5月に右肘を痛め、離脱。
日本シリーズでは第1戦に先発、第4戦にリリーフで登板したが、いずれも敗戦投手となった。
2003年、自己最多タイの16勝を挙げ、最多奪三振と、最優秀防御率タイトルも獲得。
ゴールデングラブも受賞した。
2004年7月10日オールスターゲーム第1戦で2番手として登板し、2イニング無安打無失点4奪三振
このとき156km/hを記録し、この試合のMVPに輝いた。

オリンピック

 (2191080)

アテネオリンピック野球日本代表に選ばれ、8月17日キューバ戦に先発。
4回に打球を右腕に受けながら8回まで無失点に抑え、完封も期待されたが9回に3点を失った。
日本代表は、石井弘寿リリーフで逃げ切った。
8月24日、準決勝のオーストラリア戦では、8回途中まで1失点の好投も、0-1で惜敗。
日本代表カナダとの3位決定戦に勝利し銅メダルとなった。
プロ野球では10勝6敗、最優秀防御率タイトルを獲得し、ゴールデングラブも受賞。
西武ライオンズパリーグ2位に終わったが、この年からプレーオフが導入され、第1ステージで3位の日本ハムと対戦。
第1戦では、松坂大輔は8回7失点と打ち込まれたが打線の援護があり勝利投手となった。
第2ステージでは福岡ダイエーホークスと対戦。
松坂大輔は第2戦に先発し、大量リードもあって6回無失点で余力を残して降板。
最終の第5戦で先発し、6回1失点で、チームは延長10回、4対3で勝利し、リーグ優勝を果たした。
中日ドラゴンズとの日本シリーズでは、第2戦に先発。
立浪和義に同点3ラン本塁打を打たれるなど、6回1/38失点で敗戦投手。
2勝3敗で王手をかけられた第6戦では、8回2失点でしのぎ、勝利投手となって逆王手をかけた。
翌日の第7戦には中継ぎで3番手として登板。
1イニングを無失点に抑えて日本一に貢献。
11月11日日米野球では第6戦に先発し、1失点完投勝利。
MLB選抜チーム相手の完投勝利は、荒巻淳以来、51年ぶり史上2人目の記録となった。
2005年5月18日セ・パ交流戦阪神タイガース戦で、高校時代には15連勝0本塁打という記録を立てた甲子園球場プロ野球選手として初登板。
桧山進次郎に先制2ラン本塁打を浴び、試合も2-3で惜敗した。
この年は、14勝を挙げ、最多奪三振を獲得し、ゴールデングラブも受賞し、防御率リーグ3位と優れていたが、打線の援護が少なく、野手の失策も多く13敗と負けもかなり多かった。
オフにはポスティングシステムによるメジャー挑戦を訴えたが、球団は認めなかった。
ポスティングシステムは、入札制度という意味で、日本の球団に所属するプロ野球選手が、アメリカメジャーリーグへ移籍するための制度の一つ。
所属球団の許可を得た選手のみが対象となり、所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む米球団がその金額を受け入れると、米球団は選手との交渉権を獲得する。
契約が成立すると米球団は所属球団に譲渡金を支払う。

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)

 (2191081)

2006年プロ野球開幕前に開催された第1回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表に選出され、3月4日チャイニーズタイペイ戦では4回1失点。
3月14日メキシコ戦では5回無失点。
3月20日キューバとの決勝戦では4回1失点に抑え、大会最多の3勝、防御率1.38。
大会MVPに選ばれた。
プロ野球では、6月9日セ・パ交流戦、阪神戦を1失点完投勝利で甲子園プロ初勝利。
6月16日には江川卓193試合を抜き、191試合100勝の最速記録を達成。
10月7日ソフトバンクとのプレーオフ第1ステージ初戦に先発。
6安打を浴び4死球を与えたが、斉藤和巳との投げ合いを制し1-0で完封勝利。
西武ライオンズは、その後2連敗し第1ステージで敗退。
松坂大輔ゴールデングラブを受賞した。
オフにはポスティングシステムの行使が容認された。

ボストン・レッドソックス( Boston Red Sox)

 (2191083)

ボストン・レッドソックス( Boston Red Sox)の本拠地はマサチューセッツボストンにあるフェンウェイパークで、東地区所属。
アメリカン・リーグ創設時から存在する古豪で本拠地を移したことが1度もない。
リーグ優勝14回、ワールドシリーズ制覇9回。
長打力を重視するビッグボールチーム
レッドソックスは全米一熱狂的なファンを持つといわれ、同じアメリカン・リーグ東地区のニューヨーク・ヤンキースとは深い因縁がある。
ベーブ・ルースはレッドソックスに入団し、投手として18勝、打者として打率.314、4本塁打という活躍でチームワールドシリーズ制覇に貢献した。
翌年も23勝、防御率1.75で最優秀防御率を獲得し、チームワールドシリーズ2連覇。
1918年、打者に専念するようになり11本塁打、翌年は、29本塁打を放った。
しかし1920年1月3日、経営難にあえいでいたレッドソックスは、12万5千ドルと30万ドル以上の負債の肩代わりをすることを条件にベーブ・ルースをニューヨーク・ヤンキースにトレード。
その他の有力選手も次々と金銭と引き換えに放出し、主にヤンキースが買い取った。
当時のヤンキースは弱小球団だったが、ベーブ・ルースの移籍後、11回のリーグ優勝、8回のワールドシリーズ優勝に輝いた。
それに反比例するようにレッドソックスは6年連続最下位など、優勝から大きく遠のき、「バンビーノ(ベーブ・ルースの愛称)の呪い」と呼ばれた。
以来、レッドソックスファンヤンキースに強い敵対心をもつようになったが、呪いは続いた。
ベーブ・ルース移籍後84年間で、ヤンキースワールドシリーズに39回進出し26回優勝、対するレッドソックスは、4度、アメリカンリーグを制覇するもワールドチャンピオンにはなれなかった。
この間、ファンも呪いを解くために努力した。
ベレストの頂上にレッドソックスの帽子を置き、ヤンキースキャンプヤンキースの帽子を焼き、悪魔祓いに雇いホームスタジアム:フェンウェイパークを浄化したり、ベーブ・ルースがが所有していたピアノを探し出し、彼の所有する農場の近くの池に落としたりした
2004年アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズレッドソックスは因縁のライバルであるヤンキースと対戦。
レッドソックスホームゲームの第3試合で19対8で大負けするなど3連敗し王手をかけられた。
第4試合、4対3で9回裏を迎えたレッドソックスは、ケビンミラーフォアボールで出塁。
代走のデーブ・ロバーツが盗塁。
さらにビル・ミラータイムリーヒットを放ち同点に追いついた。
そして延長12回、デビッド・オルティーズサヨナラツーランホームランを放った。
その後の3試合も勝ち、リーグ優勝を果たした。
ワールドシリーズでもセントルイス・カージナルスに4連勝し86年ぶりのワールドチャンピオンの座に輝いた。
こうして呪いは解かれた。
2006年レッドソックスは、前半を貯金20で折り返したが、8月にヤンキースに首位を奪われ、本拠地での直接対決5連戦に全敗して脱落し、終盤にはトロント・ブルージェイズにも抜かれて3位。
オフに入るとポスティングシステムを利用して松坂大輔に対して、大投手サイ・ヤングの通算勝利数511に因み、5,111万1,111ドル11セントを提示し、独占交渉権を獲得した。
2007年レッドソックスは、ポスティングフィーとして西武に約5111万ドルを払い、松坂大輔と5200万ドル、6年間で契約合意。
メジャーで1球も投げていない投手に対し1億ドル以上を費やした。
1億ドルの約半分は西武ライオンズがもらい、6年契約なので1億ドルの半分の、さらに1/6松坂大輔のl年棒となった。

いきなりワールドシリーズ勝利

 (2191085)

こうして華々しく移籍した松坂大輔は、2007年4月5日カンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャー初先発。
7回を6安打1失点10奪三振の好投でメジャーデビューを勝利で飾った。
数日後のシアトル・マリナーズ戦ではイチローメジャー初対戦。
4打数無安打に抑えた。
直後のニューヨーク・ヤンキース戦でも松井秀喜との初対戦し、2打数無安打に抑えた。
5月には、トロント・ブルージェイズ戦では大家友和と投げ合い、7回を5安打1失点8奪三振の好投で4勝目を上げ、デトロイト・タイガース戦では9回6安打1失点で初完投勝利。
8月4日には日米通算1500奪三振を達成。
シーズン最後の登板となった9月28日ミネソタ・ツインズ戦で、日本人選手史上初、メジャー史上5人目となるメジャー1年目での15勝と200奪三振
チームも12年ぶりの地区優勝を決めた。
クリーブランド・インディアンスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し4回2/3を4失点で敗戦投手となったが、第7戦では5回2失点で日本人初のポストシーズン勝利投手となった。
コロラド・ロッキーズとのワールドシリーズ第3戦で、日本人初のワールドシリーズ先発を果たし、5回1/3を2失点、またメジャー移籍後初安打となる2点適時安打で日本人初のワールドシリーズ勝利投手。
チームは翌日の第4戦も勝利してワールドシリーズ優勝を果たした。

2007 World Series 松坂 ワールドシリーズ先発勝利投手

2007年シーズンレッドソックスは、松坂大輔の加入に加え、移籍2年目のジョシュ・ベケットが20勝。
この2人にベテランティム・ウェイクフィールドカート・シリングを合わせ、4人だけで61勝。
チームも96勝でヤンキースの地区10連覇を阻止しワールドシリーズでもロッキーズをスウィープして3年ぶりの世界一に輝いた。
松坂大輔は、シーズン通算、15勝(リーグ10位)、201奪三振(リーグ6位)を記録した反面、12敗、防御率4.40、与四球率はリーグワースト6位、1試合の平均球数はメジャー最多の108.8球だった。
15勝、200奪三振、200イニングと大台はクリアしていたが、いつ崩れるかわからない安定感のなさにボストンファンシーズンを通して気をもみ続けた。
松坂大輔本人は、アメリカの環境や考え方の違いに苦しんでいだ。
まずボールが違った。
アメリカボールは日本のボールより窪みが少なくつかみにくく滑りやすかった。
そのため得意のスライダーが抜けてしまって変化しないことが多かった。
またマウンドの硬さにも苦しんだ。
日本のマウンドは土の目が細かくかたまりにくく、投手が前方に踏み込んだ足がすべるように崩れるため、脚にかかる体重を逃がすことができる。
しかしアメリカのマウンドは固まりやすい粘土質の土でできていて、前方に下ろした足がほとんど動かず、体重をモロに受け止めることになる。
そのため股関節が痛み、投球のフォームや身体バランスが崩れた。
またアメリカではピッチングコーチカウンターを持ち、投球数を厳しく管理するため、日本では数を投げることでフォームを固めてきた松坂大輔だったが、それが許されなかった。
「1年目はなんでもかんでもコーチのいわれたとおりにやっていたんですけど、いつも違和感を覚えながら、なんか違うなあと思ってやってました」
シーズンを通して満足できる球が投げられなくて、それが1番キツかったですね。
ストレートも使い物にならない。
スライダーもそうですね」
「屈辱の1年だったと思いますね。
成績もそうですし自分のやりたいことが全然できないまま1年が終わってしまった」

アメリカでみせた日本男児っぷり

 (2191184)

2008年2月、ボストン・レッドソックスキャンプ地:フロリダ州フォートマイヤーズで始動した。
大リーグ2年目の松坂大輔フォームを一からつくりはじめた。
左足を上げたところで1度止める-という基本的な練習を繰り返した。
全体練習が終わった後も一人で走った。
下半身は強化され太くなった。
硬いマウンドにも慣れ、投球時、ボールリリースする瞬間の腰の位置が前年に比べ低くなっていた。
左足は大きく踏み込まれ、膝は大きく曲がり、股関節は大きく拡がっていた。
投球のパワーの80~90%は下半身にあるといわれる。
脚によって重心が上から下へ落下する力、重心を後ろから前へ水平移動させる力がつくられるが、それをいかに大きく、いかにロスなくスムースに使えるかどうかがカギとなる。
そしてこうして下半身でつくられパワーが上半身に伝わり、さらに肩-腕-手-指と伝達しボールが放たれる。
2月下旬、オープン戦が始まりキャンプで取り組んだフォームを実戦で試した。
そして登坂を終えるとすぐにブルペンに入って投げ込んだ。
試合中はブルペンピッチングコーチがいないため、投球数制限を気にせず投げることができた。
「今年は違う姿をみせなければいけないと思っていましたし、もうしっかり自分を突き通そうと思っていました」
3月25日東京ドームで行われたオークランド・アスレチックスとの開幕戦に登板し、5回2安打2失点6奪三振5四球。
4月1日アメリカでの開幕戦となったのアスレチックス戦で初勝利。
その後、5月まで8連勝した。
松坂大輔の投球は安定し、ストレートは勢いがありスライダーはキレた。
「僕自身の基本的な組み立てというのは、ストレートスライダー
スライダーでいろいろできれば本来の自分のピッチングができるんじゃないかと・・・」
5月、フォアボールが増え始める。
制球が不安定になった原因はボールだった。
ただでさえ滑りやすいボールは、気候や気温によって握る感触が変わった。
日本とアメリカボールのわずかな違いが、指先のデリケートな感覚が勝負となるピッチャーにとってはキャリアを左右するほど大きな差となる。
「感覚を自分のものにしたい」
松坂大輔ボールを離さなかった。
ランニングもボールを持って走り、暇があれば壁にぶつけ、部屋でも寝たまま天井に投げたりした。
こうして松坂大輔は苦しみながら1つ1つ克服し結果を出していった。
「自分自身の思っている本来の姿にはまだもうちょっと届いていないなっていう感じですかね。
やはり自分が求めている形っていうものがありますし、そこに行き着くまでは常に試行錯誤を繰り返しながらやっていくんだと思います」
5月27日マリナーズ戦。
イチローとの対決は第1打席、ストレートをたたかれ三塁線にヒット
第2打席もセンターヒット
そして3度目の勝負を前に松坂大輔は降板した。
5回裏開始直前、松坂大輔は投球練習を、イチローは打席に入る準備をしていた。
松坂大輔は3球目を投げた後、首を振り
「少し右肩が張っている」
と自ら交代を申し出た。
実際に違和感があったのは肩ではなく腰だった。
それは深刻なものではなかったが、後々のことを考えての建設的な判断だった。
3回裏、ヒットで出たイチローが盗塁を決め、1アウト2塁となり、松坂大輔バッターにファーストゴロを打たせた。
レッドソックスファーストマイナーから上がってきたばかりの選手で、ゴロをさばいてベースカバーに入った松坂大輔に投げた。
しかしボールがそれ、松坂大輔は真横に跳んでキャッチし、そのまま腰から落下した。
衝撃で腰に違和感を感じたが続投した。
腰に違和感があるというとマイナーから上がってきたばかりのファーストが責められてしまうかもしれない。
そう思って、つい「肩が」といった。
松坂大輔にはそうい侠気があった。
他人をかばって損をしても、何事もなかったように笑う。
個人主義、自分第一主義のアメリカで、自分のことを後にする松坂大輔の行動は、東洋の神秘であり理解困難なものだった。
こうした考え方の相違は様々な場面で松坂大輔にとってみえない壁となった。
 (2191186)

大丈夫だから」
懸命に説明する松坂大輔レッドソックスチームから離脱させ、わざわざ飛行機ボストンに送り返しMRI検査を受けさせた。
そして『軽い疲労、異常なし』の診断が下った。
松坂大輔
(登坂を1回飛ばす程度で大丈夫だろう)
と思っていたが、球団は彼を故障者リストに入れた。
期間は15日間で、1週間は投球禁止にした。
「ちょっと待ってよと思いました。
しかも1週間ノースローといわれて、そんなことしたら、また肩をつくるのに時間がかかっちゃうよと思いました」
アメリカではピッチャーの肩を砂時計に例え、投げる度に砂が少なくなっていくと考える。
そして砂を元に戻すのは無理だから、できるだけ減るのを防ごうとする。
しかしピッチャーは長い時間かけて投げ込んで肩をつくりあげ、投げ続けなければ維持できない。
許されたのはグラウンドを走ることだけだった。
よいピッチングのきっかけをつかみかけていた松坂大輔はその感覚を失うことが強かった。
「投げられないですから・・・
ピッチャーじゃないですよね。
ちょっとでも自分の状態がいいことをアピールして早くボールを投げる許可を出してもらいたいと思っていました。
自分では投げられると思っているので、家の地下の駐車場で投げようかとも思いましたね」
初めて経験するボールを投げられない日々に、松坂大輔は人体やトレーニングに関する本を買い込み読み始めた。
6月21日、25日後復帰し登板したが、初回から連打を浴び、7点を失い2回途中で交代した。
肩の筋肉が緩み、軽くなりすぎておさえがきかなくなっていた。
翌日
「肩の状態を戻したい」
と登坂翌日としては異例の40分間の遠投を行った。
これまで以上に自分の体を管理し始めた。
電気治療も取り入れマッサージの回数も増やした。
「自分の体は自分で守らないと。
周りは助けてくれないし自分で上げていくしかない」
「自分の感覚は大事にしています。
肩や肘に手を当てて大丈夫か?って話しかけています。
話しかけて自分の感覚で「大丈夫」とか「少し回復かな」とか」
6日後の復帰2戦目では5回2安打に抑え、36日ぶりの白星を上げた。
やがて夏になると疲労との戦いも始まった。
昨年は、シーズン前半は18試合に先発し10勝6敗、防御率3.84で折り返したものの、後半は14試合に先発し5勝6敗、防御率5.19と負け越した。
疲れが原因と考えられた。
大リーグは年間162試合で、試合後、深夜に長距離移動を行うこともあった。
そんな中で松坂大輔は、基本的に1回投げて4日休むというローテーションを続けた。
試合で投げた次の日は完全に休み、2日目からブルパンに入るが、ここで昨年は100球以上投げることもあった。
かしこの年から数十球にまとめ、1球、1級、バッターをイメージして投げ、数から質重視に切り替えた。
「納得するまで投げないと不安な部分があったんですけど、コースが甘くても勢いがあるボールだったら、まあファウルはとれているだろうな、球に勢いがなくても、あのコースに決まっていれば打ちとれているだろうなと思って投げ込みを終えるようになりました」
7月22日マリナーズを無得点に抑えていたが、8回にイチローに2塁打を打たれて完封を逃した。
9月15日タンパベイ・レイズ戦で、松坂大輔は5回101球1失点。
野茂英雄の持つ大リーグでの日本人投手最多勝利数を更新した。
「数字上で超えただけで野茂さんを超えたことにはなりません。
ほんとの意味でいつか野茂さんを超えられるようにがんばっていきたいと思います」
 (2191185)


10月10日レッドソックスタンパベイ・レイズとのリーグ優勝決定戦に進んだ。
4勝したほうがワールドシリーズに進出する。
松坂大輔は第1戦を任された。
6回までランナーを許したのはフォアボール1つだけだった。
しかし1点リードで迎えた7回、先頭打者から連続ヒットを打たれノーアウト1、3塁のピンチ
ここで味方はダブルプレー狙いの中間守備体勢をとった。
3塁ランナーが返って同点にされても確実にアウトカウントを増やしたいという判断だった。
これをみて松坂大輔の心に火がついた。
「1点はあげるという守備位置だったんですけど、絶対に点をやりたくないと思っていました」
1球目、左打席に入ったバッターが思わず腰を引くほど厳しいストレートを内角に突いた。
2球目、スライダーで空振り。
3球目、浅い外野フライ
2人目のバッターは低めの変化球で空振り三振。
3人目はショートゴロ。
「バンッ!!」
松坂大輔は右手でグローブを叩いてからベンチに向かって歩き出した。
こうして8回途中まで投げ、無失点に抑えて交代。
レッドソックスは2対0で勝利した。
10月16日リーグ優勝決定戦第5戦。
レッドソックスは初戦では勝ったが、その後3連敗。
期待がかかる松坂大輔の右肩は、今シーズン32試合目。
これまで投げてきた球は3100球を超えていた。
肉体は疲れているはずだったが、気持ちが入ったボールに球威やキレに衰えはなかった。
この試合、松坂大輔は5回で降板したが、レッドソックスは逆転勝ちで優勝に望みをつないだ。
10月19日リーグ優勝決定戦第7戦。
5回を終えてタンパベイ・レイズが1点リードしていた。
レッドソックスの守護神:ジョナサン・パペルボンは疲労が激しく、ファレルコーチは抑え投手を誰にするか迷っていた。
そして3日前に投げたばかりの松坂大輔に準備を命じた。
9回表、松坂大輔は出番を待っていたが、レッドソックスは3対1で敗れてしまった。
こうして松坂大輔大リーグ2年目は終わった。
18勝(リーグ4位)3敗
勝率.857(リーグ2位)
防御率2.90(リーグ3位)、
被打率.211(リーグ1位)
与四球94(リーグワースト)
15度の満塁のピンチでは押し出しと犠牲フライはあったが、すべて無安打で抑えた。
制球に苦しみランナーを出すが点は与えない。
そしてチームに勝利をもたらす。
そんなピッチングだった。
しかし地元紙は厳しかった。
Daisuke Matsuzaka delivered the most aggravating 18-3 season one could imagineaveraging just over five innings per start in a masterful managerial performance by Francona.
(松坂大輔は想像できる限り最も腹立たしい18勝3敗のシーズンを送った。
1先発平均5イニング強で18勝を達成できたのはフランコ―ナ監督の素晴らしい手腕によるものだ)」
29試合に先発し、167.2イニングしか投げておらず、1試合あたりの投球回は5.79と6イニング以下。
QS(クオリティスタート先発投手が6イニング以上投げ、かつ3自責点以内に抑えたときに記録される)率は48%。
1イニングあたりの投球数はリーグワースト2位。
「救援陣に負担をかけすぎる」
「野手やリリーフのおかげ」
という声ももっともだった。
シーズン終了後にMLB公式ホームページで行われた最優秀先発投手賞のファン投票では4位。
評価は二分した。
「いいボールを投げられるようにしたい。
いいボールが投げられなくても勝てるピッチャーでいなければならない」
(松坂大輔)

2度目のWBC、2大会連続MVP

 (2191187)

2009年3月7日大リーグの開幕前に第2回WBC日本代表に選出され、第1ラウンドA組第2戦の韓国戦に先発。
初回に2点本塁打を浴びたものの、以降は立ち直り4回2失点
打線の援護もあって勝利投手となった。
3月15日、第2ラウンド1組第1戦のキューバ戦で6回無失点。
3月22日、準決勝のアメリカ戦を4回2失点。
3月23日日本代表は韓国を破って優勝。
松坂大輔は2大会連続で最優秀選手に選ばれた。

日本の期待にもレッドソックスの期待にも応えよう

 (2191188)

大リーグ3年目はシーズン開幕後2試合連続で打ち込まれた。
4月15日、右肩の疲労で故障者リスト入り。
6月2日に復帰。
デトロイト・タイガース戦で初勝利。
6月19日アトランタ・ブレーブス戦で川上憲伸と投げ合い、4回8安打6失点で黒星。
6月21日、再び故障者リスト入り。
9月に復帰以降、3勝1敗、防御率2.22と復調したが、最終的に12先発で4勝6敗、防御率5.76と低迷。
日本の期待にもレッドソックスの期待にも応えようと頑張った結果だったが、シーズン終了後の記者会見で、WBCの前から股関節を痛めていたことを告白し謝罪した。
他の先発投手はそこそこの成績を残したので、松坂大輔がフルシーズン投げられていればチームは違った結果になったかもしれない。
同じく防御率5.61と低迷したブラッド・ペニー、8.33のジョン・スモルツ、7.46の田沢純一、9.82のマイケル・ボウデンらと共に戦犯として名前をあげられ
「おそらくレッドソックスは昔懐かしい4人ローテを組むべきだったのだろう」
「過去10年間で最も忘れたいプレーオフチーム
と非難された。

トミー・ジョン手術(肘の靱帯の再建手術)

 (2191190)

2010年、背中と首の張りのため故障者リストに入ったまま開幕を迎えた。
5月1日ボルチモア・オリオールズ戦で復帰。
5月6日エンゼルス戦で5失点を喫しながらも初勝利。
5月22日フィラデルフィア・フィリーズ戦で8回2死までノーヒットノーラン
5月27日ロイヤルズ戦で9四死球の大乱調。
6月7日NPB/MLB通算150勝を達成。
6月12日、右前腕部の張りを訴え再び故障者リスト入り。
6月24日ロッキーズ戦で復帰。
5回5安打2失点6奪三振
バッティングでもメジャー公式戦初打点を記録。
7月27日マリナーズ戦では2年ぶりにイチローと対戦。
3打数無安打に抑える。
最終的に、2年連続で規定投球回数未到達、1桁勝利に終わった。
 (2191191)

2011年、開幕後、2試合7イニング10失点、2連敗。
4月18日ブルージェイズ戦を7回1安打無失点1四球3奪三振で初勝利。
4月23日ロサンゼルス・エンゼルス戦で8回1安打無失点3四球9奪三振で2勝目。
(2試合15イニング無失点)
4月29日マリナーズ戦で右肘の張りを訴え途中降板。
5月4日エンゼルス戦延長13回、メジャー初のリリーフ登板し、2死満塁から2点ヒットを打たれ敗戦。
5月17日、故障者リスト入り。
6月10日トミー・ジョン手術(肘の靱帯の再建手術)を受けた。
松坂大輔の右肘にメスを入れた医師は驚いた。
損傷どころか靱帯が無かった。
完全に切れて縮んで無くなっていたのである。
 (2191189)

2012年6月9日、手術から約1年後、ワシントン・ナショナルズ戦でメジャー復帰。
平均球速147.3km/h、最高球速150km/hを記録。
しかし5回5安打4失点8奪三振1四で黒星。
その後4試合、白星がつかなかった。
7月3日、右僧帽筋を痛め故障者リスト入り。
8月27日、復帰しロイヤルズ戦に先発。
7回5安打1失点6奪三振2四球、最速球151km/hで復帰後初勝利。
しかしその後の登板はすべて4点以上失点し白星を挙げることができなかった。
手術から復帰して以降、平均球速145km/h、最高球速153km/hと球速が下がり、変化球が増え緩急をつけた投球スタイルに変わった。
10月3日シーズン最終戦となるヤンキース戦に先発し黒田博樹と投げ合ったが、3回、6安打(2本塁打)5失点でマウンドを降りた。
最下位のレッドソックスは大敗しヤンキースは地区優勝を決めた。
松坂大輔は1勝7敗、防御率/8.28でシーズンを終えた。
10月29日レッドソックスとの契約が切れてFAとなった。

インディアンス

 (2191194)

2013年2月13日クリーブランド・インディアンスマイナー契約。
背番号は「20」
プリントレーニングには招待選手として参加し、4試合8イニングを投げ防御率2.25。
3月18日、開幕マイナーを通告される。
3月24日マイナーで開幕を迎えた際に球団が支払うボーナス10万ドルを節約するため一旦自由契約となり、3月26日、契約内容を変更したマイナー契約で再契約。
開幕後、5試合に先発するが、防御率3.92、与四球率7.84。
4月28日、ポータケット戦4回に左脇腹を痛め故障者リスト入り。
6月に復帰。
8月20日に契約解除を申し出て自由契約となった。

メッツ

 (2191195)

2013年8月22日ニューヨーク・メッツメジャー契約。
背番号野茂英雄がつけていた「16」
8月23日タイガース戦に先発し5回6安打(2本塁打)5失点。
9月15日マイアミ・マーリンズ戦で7回2安打1失点で初勝利。
移籍後3試合で12回1/3を投げ15失点だったが、4試合目以降は26回1/3を投げ6失点と好投し3連勝しシーズンを終えた。
2014年1月24日メッツマイナー契約で再契約。
3月25日メッツが10万ドルで契約を延長。
3月31日AAAラスベガス・フィフティワンズへ異動。
4月16日、成績不振のジョン・ラナンと入れ変わる形でメッツメジャー契約。
4月20日ブレーブス戦の延長11回からリリーフ登板し3回を投げ、日米通算2000奪三振達成。
5月25日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で初先発し2勝目。
7月12日マーリンズ戦で自己最多タイの10奪三振
7月25日、右肘炎症で故障者リスト入り。
8月28日、復帰。
肘の消炎剤注射を受けながらリリーフとして4試合に登板しで無失点。
最終的には、先発として9試合2勝3敗、防御率4.24、リリーフとして25試合1勝0敗1セーブ防御率3.44。

ソフトバンクホークス 3年間12億円で1試合 10年ぶり日本球界復帰 大炎上

平成の怪物・松坂大輔日本復帰登板ダイジェスト

2014年12月4日、3年12億円で福岡ソフトバンクホークスと契約。
背番号は「18」
2015年3月17日オープン戦登板後、右肩の筋肉の疲労などで離脱
8月18日、内視鏡下による「右肩関節唇及び腱板クリーニング術」「ベネット骨棘切除術」「後方関節包解離術」を受ける。
これ以降、球威が落ち、球速は最速でも147km/hとなる。
2016年10月2日シーズン最終戦となった楽天戦で約10年ぶりの1軍マウンドに上がった。
この復帰登板は事前に発表され大きな話題となった。
楽天監督の梨田昌孝松井稼頭央を出場させることを明言し、さらに盛り上がった。
8回、0対2から4番手で松坂大輔はマウンドに上がると敵地で大歓声が起こった。
しかし制球が定まらず、先頭の嶋に四球、続く島内には死球を与えノーアウト1、2塁。
ここで藤田に代わり松井稼頭央バッターボックスへ。
注目の初球、140㎞/hのストレート松井稼頭央の左足を直撃。
松坂大輔は帽子を取って頭を下げた。
ノーアウト満塁死満塁。
ペゲーロには四球で押し出し。
続くウィーラーの打席で、投球がワンバウンドになりキャッチャーが捕れず、2点目を献上。
ウィーラーのショートゴロでようやく1アウトをとったが3点目を入れられた。
続く茂木には1、2塁間を痛烈に破られるタイムリーヒットで4点目。
アマダーにもライトヒットで1アウト1、2塁。
銀次のセンタータイムリーで5点目。
暴投で1アウト2、3塁。
8番岡島を三振。
一巡して2度目の打席となった9番嶋を空振り三振。
1回で被安打3、与四死球4、暴投1の5失点(自責点2)と大炎上。
(結局、これがソフトバンクでの公式戦、唯一の登板となった。)
翌日、1軍登録を抹消された。
オフにはプエルトリコウィンターリーグに参加し現役を続行する松坂大輔に、応援と共に否定的な意見も多くあった。
2017年オープン戦の広島戦で7回無安打無失点。
4月15日オリックス戦で初先発の予定だったが右肩の異変で急遽回避。
以後2軍でも実戦登板はなくリハビリ生活。
3年の契約満了しソフトバンク育成選手契約かコーチ契約を結んだ上でのリハビリ継続を打診したが松坂大輔は拒否した。
11月5日ソフトバンク退が発表された。
3年12億円で1軍登板は1試合のみ。
「給料泥棒」
と叩かれた。

中日ドラゴンズ

 (2191198)

2018年1月23日中日ドラゴンズナゴヤ球場の屋内練習場で完全非公開で松坂大輔テストを行い、即日合格させた。
1月31日、正式に入団。
背番号は「99」
年俸は推定1,500万円プラス出来高払いの1年契約。
2018年4月5日読売ジャイアンツ戦で先発登板し5回3失点。
4月30日横浜DeNAベイスターズ戦で度目の先発登板。
6回を投げ被安打3、8四死球、(四球押し出しによる)1失点。
大リーグでは2014年6月10日、日本では2006年9月19日以来の勝利投手となった。
5月17日名古屋市百貨店松坂屋の「マツザカヤ ドラゴンズを優勝させる会」から移籍後初勝利を記念して「平成の書」の純金製小判(重さ30g 30万円相当)を贈呈された。
5月20日、阪神戦では、6回1失点かつ3打数2安打で2勝目。
オールスターファン投票ではセの先発投手部門で2位に約15万票差をつけ1位で選出され12年ぶりのオールスター出場を決めた。
7月13日オールスター第1戦で先発
1回5失点、被本塁打2で降板。
ソフトバンクでは3シーズンで1試合しか登板できなかったが、中日に移籍後、1年では6勝4敗。
カムバック賞を受賞した。
シーズン終了後の契約更改で6500万増の8000万円で一発サイン
背番号も「18」に変わった。
2019年、春季キャンプファンに腕を引っ張られ右肩を故障し、2軍落ち。
前半戦を2軍で過ごし、1軍での登板は2試合のみで0勝1敗。
右肩のリハビリ中にゴルフに興じていたことも発覚しペナルティーが与えられた。
7月27日の1軍に復帰戦では1回8安打8失点だった。
10月5日、退団。
12月2日、自由契約となった。

14年ぶりに西武ライオンズへ

 (2191183)


2019年12月3日西武ライオンズと契約。
古巣への14年ぶりの復帰で、背番号は「16」に決まった。


元のページを表示 ≫

関連する記事