仕事中のちょっとした休憩、あなたはどんな過ごし方をするだろう。

 コーヒーを飲む、タバコを吸う、気分転換に散歩…人それぞれだ。今回は、仕事休憩で起きた新入社員の珍事件。新入社員研修中に食べた物がきっかけで……。

◆2か月間の新人研修で…

 モンスター新入社員について語ってくれたのは、新入社員研修を担当する信夫さん(仮名・38歳)。信夫さんの会社では、新入社員研修は入社から2か月間行われる。昨年、13人の社員が入社した。

「大学卒業して間もない新入社員はフレッシュで可愛いですね。すごく意欲的だし、しっかりとメモも取ってくれる。僕にとってやり甲斐のある仕事です」

 時には仕事帰りに連れて飲みに行くなど、信夫さんは新入社員たちと良好な関係を築いていたという。だが、研修がスタートし1か月が経過した頃、彼らは徐々に緩み始めたそうだ。

「一部ですが、居眠りとか遅刻が増えましたね。座学が中心なので眠くなるのは分かるんですが、給料もらって研修を受けているという自覚を持って欲しいです。机の上にスマホを置いて、操作しながら研修を受ける子もいました。学生気分が抜けきっていないんでしょうね。

 厳しく注意すればいいんですが、“うざい”とか言われるのが怖くて…。恥ずかしながら、注意することを躊躇ってしまいました」

 こうして2か月間の新入社員研修が終わりを迎えようとした頃、ある問題が起きた。

「午後の休憩時間にアレを食べていたんです、どう思いますか?」

◆休憩時間にアイスはあり?注意すると…

 信夫さんがいうアレとは“アイス”だった。新入社員が休憩時間にアイスを食べていたのだ。

「午後に小休憩があり、時間は3時から15分間。もちろん時間内であれば何をしてもらっても構いません。でもアイスを食べるという発想にはびっくりしました」

 信夫さんによると、男女4名の新入社員が近くのコンビニアイスを購入。研修室内で談笑しながら食べていたとか。楽しそうに食べている最中、気まずかったが、信夫さんは彼らの為を思い注意をしたと話す。

 しかし、“休憩中におやつって駄目なんですか?”と反抗されてしまう。

おやつを食べることは構わない、だがアイスは少し違うんじゃないかな? 普通はチョコレートとかじゃないか?」と伝えると、新入社員たちは不満そうな顔をしながらアイスを急いで食べたという。

「確かに、休憩中にアイスを食べるのがダメという規定はありません。でも雰囲気でありませんかね? アイスがダメっていうのが。僕の中では“ノンアルコールビールを飲みながら仕事をする”という感覚に近いのかもしれません」

 一部の新入社員とはわだかまりができたものの、無事に研修は終了。しかし、まさかの事態で信夫さんは苦しめられることになる。

アイス事件を法務部に密告される

「弊社には法務部があるんですが、そこの担当社員にアイスを食べた新入社員たちが相談したんです。“新入社員研修でおやつアイスを食べていたら注意された”と。

 僕が思っていたよりも恨まれていたようです。法務部の担当社員も苦笑いしていましたが、“新入社員の扱いは丁寧にね、すぐに辞められると会社にとって赤字だから”と言われてしまいました」

 そのくらいのことで告げ口するのはどうかと思うのだが、アイス問題で注意されたことが相当不満だったのだろう。

「こんなことでひと悶着あるとは思いませんでした。アイスに罪はないけれど、コンビニで見かけると思い出してしまいます」

 最近のテレビCMでは仕事中の息抜きにアイスを食べるシーンがあったりするし、信夫さんの時代とは考えが違うのかもしれない。けれども、組織内の暗黙のルールを守ることも大切である。休憩中のおやつ選びには注意しよう。<取材・文/吉田みく>

―[モンスター新入社員録]―


写真はイメージです