お弁当と言っても最近はカロリー計算や塩分、たんぱく質などいろんなニーズに対応したものがたくさんあります。ダイエット中やからだ作りにピッタリなお弁当もあるので、ぜひ自分にピッタリなお弁当を見つけてみてくださいね

【詳細】他の写真はこちら



ダイエット中に気をつけたいお弁当作りのポイントは?
ダイエット中は食事の量を調整するのがセオリー。ここではダイエット中に気をつけたいお弁当サイズやおかずの分量、選びたい食材などをご紹介したいと思います。


お弁当サイズはどれくらいがいい?

出典:photoAC

20~40代女性の一般的なお弁当サイズは600mlだそうです。そのため、ダイエット中のお弁当箱としてはやや小さめの500ml前後が理想的☆
見た目的に少し少ないかな?というくらいの量ですが、必然的にお昼に食べる量を減らせるのでダイエットをするなら小さめのお弁当箱がおすすめです。
ただ、食べ足りないからと食後のデザートおやつを食べてしまうリスクがあるので気をつけてくださいね




・主食・主菜・副菜の割合はどれぐらいがいい?


出典:photoAC

主食・主菜・副菜はバランスのいい食事を取るうえで重要なポイントです。
お弁当に詰めるときは主食・主菜・副菜を3:1:2の割合で詰めるとバランスの取れたお弁当になります。

ダイエット中のお弁当の場合はいろんなバランスがありますが、今回は糖質制限を基本としたバランスを紹介します。
糖質を制限する場合は、主食・主菜・副菜を1:1:1の割合で詰めるのがポイント
糖質を抑え、主菜と副菜で栄養をカバーすることで健康的にダイエットができるそうですよ。






ヘルシー食材をチョイスしよう

出典:photoAC

お弁当に使う食材はヘルシーな食材がおすすめ。特に、野菜やきのこ、海藻類は積極的に摂取しましょう。主菜となる肉や魚も脂身の少ない部分を選ぶなど脂質が少ないものを選ぶとダイエット効果に期待できるはずです。





インスタントお味噌汁を持参しよう

出典:photoAC

量を調整したお弁当だけではお腹が空きそう…と不安がある人は、インスタントのお味噌汁スープがおすすめ。
満腹感も増え、摂取できる食材の量も増えるのでより健康的です。また、温かいスープは満腹感を与えてくれるので、食べ過ぎ防止にも一役買ってくれるそうですよ☆


ヘルシーかつボリューミーな代用食材3選

出典:photoAC

いつもの食材にプラスしたり置き換えたりするだけで、ヘルシーな料理に生まれ変わる代用食材を紹介!作り置きにも対応できるので、うまく使えば食費の節約もできるかもしれませんよ。


・豆腐類
厚揚げおからなどの豆腐類は、味が淡白で他の食材の邪魔をしないのが魅力。
豆腐の場合はミンチなどといっしょに混ぜて使うことでかさ増しができます。
また、厚揚げおからも使い方を工夫するだけでお肉に匹敵する食感を得られる万能食材なんです。



キノコ
キノコは栄養満点で料理にボリューム感を出したいときにおすすめなかさ増し要員!
特にエノキは、みじん切りにしてハンバーグなどのミンチ系にミックスするとコリコリとした軟骨のような食感が楽しめる一品に仕上がります。


こんにゃく
こんにゃくヘルシーかつボリューム感を出せる食材ですが、味がイマイチ…と思っている人も多いのでは?
こんにゃくを入れるときは味を濃いめにするのがポイント
こんにゃくに味がしみ込むくらいの味つけにすれば、お肉の代わりにこんにゃくを食べても満足感はいっしょになりますよ♡


■宅配のお弁当ヘルシー志向なのはどこ?
宅配弁当と聞くと、給食のようなイメージをしがちですが、最近の宅配弁当は栄養バランスが良く、ボリュームもあります。たくさん食べる学生やダイエット中の人にもぴったりなお弁当がたくさんあるので、ぜひ各メーカーを食べ比べてみてくださいね


・栄養バランス◎ウェルネスダイニング

出典:@kosetan2018さん

『ウェルネスダイニング』は、食事制限が必要な方でも安心して食べられる栄養バランスカロリー計算バッチリなお弁当を展開している宅配弁当メーカーです。
お弁当タイプとお料理キットタイプがあるので、いろんなニーズにも対応可能!
冷凍状態で届くので、長期保存ができるのもメリットです。

写真メニューは「(厳選)栄養バランス気配り宅配食」の“さば煮付け弁当”。
このサービスは、1食あたり10品目以上の食材を摂取できるため、偏った食事が気になる人におすすめです。




・高たんぱく質な食事が楽しめるナッシュ

出典:@kosetan2018さん

nosh(ナッシュ)』は、糖質30g以下・塩分2.7g以下の高たんぱく質な食事が楽しめる宅配サービスメーカーです。
専属の一流シェフが調理を行っているため、どの料理も家庭料理とは一味違った格的なものばかり♡
糖質90%オフのヘルシー弁当は、健康的な食生活を送りたい人にはピッタリなお弁当と言えるでしょう。パッケージシンプルかつおしゃれで、環境に配慮された天然資源を使用しているエコなのも魅力です。

写真は、「サバのバジルトマトソース添え」で、バジルの香りでサバの臭みを消しているのでサバが苦手な人でもおいしく食べられる人気のメニュー子どもでも食べやすいように甘味の強い野菜を選んでいるのもうれしいポイントです。



・家庭の味を再現した食宅便

出典:@kosetan2018さん

『食宅便』は、カロリーや塩分を抑えつつ栄養バランスの取れたお弁当で、小さな子どもからお年寄りまでがおいしく食べられるように家庭の味を再現。塩分ケアやカロリーケア、たんぱく質ケアなど目的に合わせた多彩なサービスも魅力です。

写真メニューは、「おまかせコース」の“魚介と厚揚げの白い麻婆ソースがけ”です。低カロリーながら、ボリューム感があるので大食漢な学生にもピッタリ☆おまかせコースは7食分をまとめて届けてくれるので、気分によって食べたいメニューが選べます。定期便にすれば毎日ヘルシーで栄養バランスの取れた食事が楽しめるので、健康や食事に気をつけたい人は定期便がおすすめです。



・野菜不足を解消!コープデリ

出典:@kosetan2018さん

co-opdeli(コープデリ)』は、ウィークリーやデイリーで食品を宅配している『co-op』が提供しているサービスの一つです。中でも、デイリーコープは東京をはじめ、1都7県を対象にした宅配サービスで、ミールキットやお弁当などの注文ができます。

写真メニューは、夕食宅配サービス「舞菜(まいさい)」の「五目御飯とミックスフライ」です。舞菜弁当はご飯もセットになっていて、なんと500kcalを基準に作られているヘルシーお弁当なんだとか。野菜や海藻類を積極的に使用しているので、野菜不足が気になる人にもおすすめです。



リーズナブルな価格も魅力!ヨシケイ

出典:@kosetan2018さん

少し時間にゆとりを生み出したい人におすすめの『YOSHIKEI(ヨシケイ)』は、さまざまなタイプから宅配内容を選べるのが魅力です。時短メニューから本格和食までが作れるミールセットや凝った料理を楽しみたい人向けのサービスなど、ニーズに合わせた宅配が可能☆

写真お弁当は「すまいるごはん」の「シンプルミール」というサービスの「豚ロースにんにく醤油だれ」です。ワンプレートに3品のおかずが入った食べきりサイズで、一人暮らしやママの一人ランチにピッタリな量♡1食当たり約350円とリーズナブルなのも魅力的ですよね。


コンビニで買えるヘルシーお弁当ってあるの?

出典:photoAC

仕事や子育てをしていると、どんなに簡単な献立でも作りたくない日ってありますよね。そんなときは頑張りすぎず、コンビニを利用しちゃいましょう!
コンビニ弁当はボリュームがあって、栄養が偏りそう…と思っている人も多いかもしれませんが、最近のコンビニ弁当はヘルシーで健康志向なものも充実しています。

例えば、『LAWSONローソン)』の十六穀ごはんを使った「雑穀ごはんとおかずまんさい弁当」530(税込)332kcalや、『FamilyMartファミリーマート)』の大豆ミートをお肉に見立てたヘルシーな「大豆のお肉!7種野菜のビビンバ丼」498円(税込)470kcalなど!

ダイエットしたいけどいっぱい食べたいと我慢と欲望の狭間で揺れる中学生高校生にも買って帰れるお弁当がたくさんあります。

夕ご飯を作る時間がないというときは、ヘルシーコンビニ弁当を代用してみてくださいね


ヘルシー弁当でも普通のお弁当と変わらないおいしさで楽しめる!
ヘルシーお弁当と聞くと、味が薄かったりボリュームが少ないイメージを持っている人が多いともいますが、今回紹介したお弁当は見て良し!食べて良し!なハイクオリティーお弁当ばかりです。ダイエット中でも我慢せずにおいしい食事が楽しみたい人は、ぜひ参考にかさ増し食材や宅配弁当などを利用してみてくださいね
(mamagirl
掲載:M-ON! Press