神父による児童への性的虐待事件を描き、第69回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞した、フランソワオゾン監督最新作『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』が7月17日より公開されることが決定。併せて、予告編メインビジュアルが解禁された。

【写真】衝撃の実話! 映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』場面写真

 本作は、オゾン監督が、フランスで現在も裁判が進行中の「プレナ神父事件」に、脚本も手掛けて挑んだヒューマンドラマ。「プレナ神父事件」は、1人の勇気ある告発者から端を発し、結果的に80人以上もの被害者が名乗りをあげ、プレナ神父が教区を変えながら長年にわたって信者家庭の少年たちに性的暴行を働いていたという驚くべき事実が明らかとなった、フランスのみならずヨーロッパを震撼させた衝撃の事件だ。

 本作でオゾン監督は、これまでのスタイリッシュな映像と、挑発的かつ幻惑的な作風を封印。子供時代の健やかであるべき日々を奪われた被害者たちの魂の慟哭に寄り添いながら、彼らが人間としての尊厳を取り戻す戦いを、緻密かつ緊張感の漂う演出で描き上げた。ベルリン国際映画祭では銀熊賞(審査員グランプリ)に輝き、本国フランスで公開されると91万人を動員する大ヒットを記録した。

 出演は、映画『わたしロランス』のメルヴィル・プポー、『ブラッディ・ミルク』のスワン・アルロー、『ジュリアン』のドゥニ・メノーシェ。3人は本作での演技で揃ってセザール賞にノミネートされ、心の傷を繊細かつリアルな演技で表現したスワンがセザール賞助演男優賞を獲得した。

 妻と子供たちと共にリヨンに住むアレクサンドル(メルヴィル)は、幼少期に自分を性的虐待したプレナ神父が、いまだ子供たちに聖書を教えていることを知り、家族を守るため過去の出来事の告発を決意する。最初は関わりを拒んでいたフランソワ(ドゥニ)、長年一人で傷を抱えてきたエマニュエル(スワン)ら、同じく被害にあった男たちの輪が徐々に広がっていく。

 しかし、教会側はプレナの罪を認めつつも、責任は巧みにかわそうとする。アレクサンドルたちは信仰と告発の狭間で葛藤しながら、沈黙を破った代償として社会や家族とのあつれきとも戦わなければならなかった…。

 予告編は、教会で神父が少年の肩に手を置く映像に「神父はカリスマ的で話がうまく、人気があった。“これは2人の秘密”と。すべて白状してほしい」というセリフが重なる場面からスタート。次いで、虐待のトラウマに苦しむ男たちが葛藤する姿や、告発したことによる周囲とのあつれき、それでも告発によって確かに生まれた“希望”の断片が映し出されていく。最後は、「なぜこんなことを?」と問われたアレクサンドルが、「新たな悲劇を食い止めたい」と力強く答える姿で締めくくられる。

 メインビジュアルは、性的虐待をしていた事実が発覚したプレナ神父と、被害を受けたアレクサンドルが光の中で向き合う姿と、その下に少年が何者かを見上げている姿を配置したもの。忌まわしき過去に対峙する、アレクサンドルの強い覚悟が伝わるようなデザインとなっている。

 映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』は7月17日全国公開。

映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』ポスタービジュアル (C)2018‐MANDARIN PRODUCTION‐FOZ‐MARS FILMS‐France 2 CINEMA‐PLAYTIMEPRODUCTION‐SCOPE