TVアニメ邪神ちゃんドロップキック'」第8話の先行カットあらすじが公開されました。

第8話の先行カット

<第8話あらすじメデューサたちが魔界のお祭りで不在のため、邪神ちゃんは寂しさを噛み締めながら、数千年前の小学生時代を思い出していた。転校したてのミノスは、凶暴そうという理由から、クラスメートから距離を置かれていたが、邪神ちゃんメデューサとともに、一緒に遊ぼうと声をかけ、すぐに打ち解けた。しかしいま、邪神ちゃんは魔界に帰れず、一人ぼっちカレー屋で、ミノスとメデューサの幻影が見えるほどに寂しさで一杯だった…。

第8話は、Amazonプライムビデオ5月25日(月)22時15分頃から最速配信される他、全話まとめて最速イッキ見独占配信。地上波では、5月25日(月)25時15分からのTOKYO MXを皮切りに、全国各局で順次放送されます。

本作は、邪神ちゃん役・鈴木愛奈さんの出身地である千歳市ふるさと納税を用いた「邪神ちゃんドロップキック 千歳編」の製作などが話題になっているアニメ作品。原作は「COMICメテオ」で連載中のユキヲさんによるウェブコミックで、2018年TVアニメ第1期が放送。魔界出身の悪魔・邪神ちゃんと彼女を召喚した女子大生・花園ゆりねの同居生活がコミカルに描かれます。(WebNewtype

第8話の先行カット