「紅虎餃子房」や「万豚記」などの飲食店を経営する「際コーポレーション」(東京都目黒区)で働くアルバイトの男性が5月7日、10割の休業手当を求めて、団体交渉を申し入れた。会社側は「アルバイトには休業手当を行わないし、検討もしていない」と回答したという。

男性は5月25日、東京・霞が関厚労省記者クラブで会見を開き、「常に人手不足の会社や店舗を支えて来たのは、非正規労働者だ。今まで会社のために頑張って来たことを否定されたように感じる」と訴えた。

アルバイトは明日から出勤しなくて良い」

男性は2015年11月に正社員として入社。自己都合でアルバイトに転向し、都内のイタリアンで週5〜6日勤務していた。

新型コロナウイルスの影響で、2月末からシフトが削減。3月末に別の店舗でアルバイトの感染が確認され、会社側から「アルバイトは明日から出勤しなくて良い」と言われたという。

男性が加盟する「飲食店ユニオン」は5月7日、(1)全アルバイトに対する全額の給与補償、(2)雇用調整助成金の活用、(3)会社の命令を受けて消化した有給休暇の回復、の3点を求めて団体交渉を要求。

会社側は5月19日アルバイトに対する休業手当の支払いを拒否し、雇用調整助成金も活用する予定はないと回答。有休消化分の賃金については支払う意思をみせたという。

男性は「会社は一刻も早くこうした悪質なことをやめて、非正規労働者にも休業手当を支払ってほしい」と話した。

会社側の見解は

「際コーポレーション」から回答があり次第、追記します。

大手飲食店グループ、アルバイトに「休業手当」払わず…従業員が団交申し入れ