サンクトガーレ有限会社神奈川県厚木市/代表取締役 岩本伸久)は2020年4月28日(火)より、疫病を鎮めるといわれる妖怪アマビエビールアマビエIPA」を販売中です。
https://www.sanktgallenbrewery.com/AmabieIPA/


ラベルアマビエイラストは『もやしもん』『惑わない星』などで知られる漫画家石川雅之氏が手掛け、利益は「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」に随時寄付しています。

4月29日、販売本数が1万本に達し、2,000,000円を寄付致しました。
さらに5月中旬に販売本数が2万本に達し、5月25日に2,000,000円を寄付。

寄付総額が4,000,000円になりました。

左:4月29日寄付時のもの。右:5月25日寄付時のもの。

アマビエ江戸時代に現れたとされる、人魚に鳥が混ざったような妖怪です。長い髪に鳥のようなクチバシ状の口、菱形の目や耳、体には魚のように鱗があります。"疫病が流行ったら、私の絵を描いて人々に見せよ"と言ったと伝えられ、SNSには沢山のイラストが投稿されています。厚生労働省新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ啓発画像として起用し話題になりました。

  • 発売の背景

私たちは新コロナウイルスの感染が拡大する中で“何か出来ることはないか”と、ずっと考えていました。海外のブルワリーでは需給がひっ迫している消毒用アルコールを製造し、医療機関へ提供する活動が行われています。しかし消毒効果のある高アルコールの酒造りは蒸留設備が必要で、薬事法や消防法などの問題もありました。

そんな中、夏のビールイベント中止を報告するSNSの投稿に、アマビエの絵を貼った架空の瓶ビール写真を使ったところ「本当に発売してほしい」と反響を頂きました。ちょうど工場にはイベント用に準備をし、行き場を失ったビールがあり一気に実現へと動きました。

アマビエIPA柑橘系アロマが特徴の7種類のホップ(※)を使用しています。柑橘のような香りがするだけではなく、果汁まで入っているのではないかと思わせるジューシーさがあります。実際に飲まれた方からも“柑橘をかじった時のようなフルーティーな味わい”との感想を頂いています。

たっぷりの小麦麦芽にオーツ麦も使用したボディはクリーミーで滑らか。後味はドライで、それなりの苦さも兼ね備えています。7%という少し高めのアルコールを持ちながらも瑞々しい飲み口で、これからの暑い日にぴったりです。
※Azacca、Ahtanum、Warrior、Citra、EkuanotSimcoe、Mosaic
ホップを計量するサンクトガーレン代表取締役の岩本

【商品名】 アマビエIPAアマビエアイピーエー)
【内容量】 330ml
アルコール度数】 7%
【販売期間】 2020年4月28日(火)発売。新型コロナウイルス感染が収束し、再びビールイベントが開催される時までの製造販売を予定しています。
【販売場所】高島屋日本橋店・新宿店・横浜店・港南台店・名古屋店・米子店)、西武池袋本店、東武百貨店 池袋店、京急百貨店そごう(横浜店・大宮店)、信濃屋食品(一部除く)、直営オンラインショップほか
【価格】・店頭希望小売価格 1本 460円(税別)
・当社オンラインショップ:2本セット クール送料込 1,780円~(税別)


現在サンクトガーレンでは外飲みが難しい状況下で家でクラフトビールを楽しんで頂けるよう、いつもよりお得にクラフトビールをお届けする【 #うちで過ごそう 】宅飲み応援キャンペーンを実施中です。(2020年5月31日まで)

ご注文時にクーポンコードstayhome 」を入力することで、お会計が10%OFFになります。
さらにサンクトガーレン直営ショップキャッシュレス・消費者還元事業に参加しているため、キャッシュレス決済(カード決済、Amazon Pay決済)をご利用頂くと5%還元対象にもなります。
クーポンコードの割引と併用すると最大15%もお得に買い物が出来ます。

大阪府出身。1997年に『日本政府直轄機動戦隊コームインV』でデビュー、初連載。
1999年、『神の棲む山』(『人斬り龍馬』所収)でちばてつや賞準入選受賞。「モーニング」連載の『週刊石川雅之』などを経て、2004年もやしもん』を連載開始(2014年完結)。
同作で第12回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第32回講談社漫画賞受賞。
同作8巻はビールに焦点を当てた展開となっており“クラフトビール入門書”としても紹介される1冊。
2013年リアルな場でサンクトガーレンとコラボしたビール「超IPA」も発売し話題となる。
2009年より『純潔のマリア』を連載開始(2015年完結)。
2015年5月に『惑わない星』連載開始。

サンクトガーレンは日本で地ビールが解禁する以前より、アメリカで小規模ビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMENewsweekなどのアメリカメディアで話題となり、日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。

サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流の “ラガー” とは製法も味わいも対極の “エール” 一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、季節の果物を使ったフルーツビールバレンタイン限定チョコレートビール、ボジョレーヌーボーと同時解禁する麦のワイン、一升瓶ビールなど数々の個性的なビールを製造販売しクラフトビールの魅力を広く発信しています。

サンクトガーレンはスイスの地名。
そこにあるサンクトガーレン修道院は世界で初めて醸造免許を取得した場所。
その原点を引く継ぐべく「サンクトガーレン」とブランド名に冠しています。

公式サイト : https://www.sanktgallenbrewery.com/
Twitterhttps://twitter.com/SanktGallenSHOP
Facebookhttps://www.facebook.com/SanktGallenBrewery
Instagramhttps://www.instagram.com/mikisanktgallen/

配信元企業:サンクトガーレ有限会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ