乃木坂465月25日、公式YouTubeチャンネルにて新曲「世界中の隣人よ」のミュージックビデオを公開。現役メンバーと卒業生が集結し、新型コロナウイルス(以下、コロナ)感染拡大の防止を呼びかけている。

元乃木坂46・西野七瀬×清原翔が互いの印象を語る/サッポロビール「箱根駅伝用CM」インタビュー

グループは、公式サイトで「今、私たちにできること」として同曲ができ上がった経緯を説明。現キャプテンの秋元真夏は「初めて現役メンバーと卒業生が一緒に制作した1曲となり、Music Videoも自宅など、それぞれの場所でリモートにて撮影を行いました。聴いて頂いた皆さんに、少しでも希望を持ってもらえる楽曲になってくれたら嬉しいです」と語っている。

公開された6分20秒の同ミュージックビデオは、各メンバー携帯電話による自撮り撮影の映像で制作。また、グループが毎年夏にライブを行う明治神宮球場に誰もいない様子、ガランとした町並みなども映し出されている。

映像内では、現メンバー以外に卒業した西野七瀬生駒里奈衛藤美彩、伊藤かりん、斉藤優里、相楽伊織、桜井玲香、能條愛未、若月佑美、日本テレビの市來玲奈アナ、テレビ朝日の斎藤ちはるアナの11名が確認できる。

また、グループから卒業予定の白石麻衣の歌から始まり、次に西野が登場。往年の楽曲を彷彿とさせる黄金リレーが見て取れる。

ツイッター上では「神曲すぎる」「心を洗われた」「めっちゃいい曲…」とファンから絶賛する声が寄せられている。

コロナによる非常事態宣言が発令された最中には、ミュージシャン星野源が新曲「うちで踊ろう」をネット上で公開。多くのアーティストタレントお笑い芸人一般人コラボして話題になった。

乃木坂46 「世界中の隣人よ」ミュージックビデオより