株式会社シティコネクションは、1998年リリースされたシューティングゲーム『ガンバード2』Steamストアページを開設した。6月10日発売。価格は未発表だ。

(画像はSteam『ガンバード2』より)

 『ガンバード2』は彩京が開発したアーケード向け縦スクロールシューティングゲームだ。ドリームキャストPlayStation 2スマートフォンNintendo Switchにも移植されている。
 前作から4年ぶりの新作ということもあり、ショットとボムの2ボタン制から、近接攻撃を加えた3ボタン制に変わり、弾幕シューの要素も取り入れられた。撃ち放題だったチャージショットパワーゲージ制になり、スコアアタック向けにチェインボーナスボーナスキャリーが導入され、前作とは異なるプレイ感覚となっている。

 主人公は前作に引き続き魔法使いマリオン。さらに吸血鬼ロボット、『戦国ブレード』からゲスト参戦したアインなど合計6人の自機が登場し、いにしえの万能薬を巡ってドタバタなストーリーが展開する。ボイスも収録され、幕間やボス登場時に繰り広げられる掛け合いデモや、2人プレイ時には組み合わせで変化する自機キャラ同士の会話が楽しめる。

 7種類の幅広い難易度が選べるアーケードモードでは、アーケード版『ガンバード2』を超える難度も収録。難易度と残機数が固定のガチモードも用意した「スコアアタック」はグローバルスコアボードに対応し、世界中のプレイヤースコアを競うことができる。

 オンラインマルチプレイには対応していないが、Remote Play Togetherを利用すれば離れた相手ともマルチプレイも可能だ。

(画像はSteam『ガンバード2』より)
(画像はSteam『ガンバード2』より)

 シティコネクションはここのところ精力的に彩京シューティングのPC移植版をSteamにてリリースしている。4月30日に『ストライカーズ1945』、5月11日『ガンバード』5月20日『戦国エース』5月29日には『ストライカーズ1945 II』の発売も控えている。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros