カカシが密


 フィンランド東北部スオムッサルミという町の郊外にある道路沿いの草原に、かかしの大群があることが判明した。かかしによる「密」が発生していたのだ。

 およそ1200体にもおよぶかかしは、Googleマップを検索していた人物により偶然発見され、ネットで広がっていった。

 実はこのかかしの大群は、地元アーティストによって作られたアート作品だったようで、『サイレント・ピープル(沈黙する人々)』という名が付けられているという。

―あわせて読みたい―

ホラーすぎるだろ!ニュージーランドの「呪いのかかし」
空気注入型でうにょうにょ動く!次世代型かかし「エアレンジャー」
ミステリアスな木馬たちの墓場「ポニーヘンジ」(アメリカ)
22年間未解決だった行方不明の事件がグーグルアースで解明。池の中から白骨化した遺体が発見される(アメリカ)
Googleマップに写っていた不気味な人形で覆われた建物の正体は?(メキシコ)


Hiljainen kansa - The Silent People - Das Stille Volk

不気味に佇む1200体のかかしアート

 コロナ禍の現在、自宅でネットを見て時間を費やす人は多いだろう。

 そして最近、Googleマップストリートビュー)で検索していた人が、フィンランド郊外のスオムッサルミという片田舎の道路沿いの草原に立つかかしの大群を発見した。

Googleマップストリートビューで見るかかしの大群

 かかしの数は、1200体以上にのぼり、木で作った棒全てに泥炭の頭が作られ、きちんと服が着せられてある。


 藁の髪は、遠目から見ると人間の髪のようでなんだかリアルだ。

 かかしは、同じ方向を向いているため、不気味フィギュアに見えてしまうが、実はこれらは地元で著名なダンサーでありアーティストであるレイヨ・ケラさんという人物により作られたアート・インスタレーションなのだそうだ。

『サイレント・ピープル』と名付けられたアートインスタレーション

 このかかし群がケラさんによって1988年に作成された時には、ヘルシンキ郊外のラッシラという場所で展示されていた。

 しかしその後、ヘルシンキの大聖堂前の元老院広場に移動され、次にジャロヌオーマ川のほとりからアマンサーリへと移り、最終的にスオムッサルミに1994年から定住となった。


 『サイレント・ピープル(沈黙する人々)』、フィンランド語では『Hiljainen Kansa(ヒリヤイネン・カンサ)』と名付けられたこのちょっぴり不気味なアート・インスタレーションは、地元のユース・ワークショップスタッフメンテナンスを請け負っており、寄付によって集められた衣服で年に2回の衣替えを行い、かかしの修復をするなどして大切に保存し続けているという。


 なお、ケラさんはこの作品にどういう思いを込め、どのような目的で作成したのかということを今まで明らかにはしていない。そのため、何を感じるかは見る人次第、時勢次第ということになるだろう。

 今の情勢の中で見ると、「密」とか「密です!」いう言葉が浮かんでしまう人も多いのではないだろうか?

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52291024.html
 

こちらもオススメ!

サブカル・アートについての記事―

あのキャラクターたちの骨格を化石風に表現し標本化してみた
糊かと思ったらはちみつだった!なじみのある色と形状の容器に入った「はちみつアラビックリ?ヤマト」が予約販売開始
人気の純喫茶店のメニューを再現!ミニチュアサンプル化したガチャ「純喫茶 ミニチュアコレクション」が登場
秋葉原の街のジオラマができる!「肉の万世」がペーパークラフトを無料提供中
お父さんは頑張った。全長14メートルの恐竜型巨大ジャングルジムを裏庭に作り上げる

―画像の紹介記事―

天体ショーか?新たに発見された「スワン彗星」、5月27日に近日点を通過予定。3~5等前後まで明るくなると予想
あのキャラクターたちの骨格を化石風に表現し標本化してみた
香港で催涙ガス味のアイスクリームが爆誕していた件
社会的距離のために円形のマークを描いたところ、猫が転送されてきた件(フィリピン)
カフェでくつろぐ人々の頭に巨大タケコプター?規制緩和後の新たなる試み(ドイツ)
フィンランドで「かかし」の密が発生していた!Googleマップで偶然発見された1200体にも及ぶかかしの大群