2019年、3列シートSUVで国内最多のセールスを記録したマツダ「CX-8」。日本市場向けマツダ車としては最も大きく、かつ、唯一の3列シートモデルだ。

CX-8は当初、ディーゼルエンジン専用車として誕生したが、その後、ガソリン自然吸気エンジンガソリンターボエンジンを追加するなどパワーユニットを拡充。その結果、319万6800円(消費税8%込み)だったエントリーグレードの価格は、最新モデルでは294万8000円(消費税10%込み)となり、結構、手の届きやすい存在となった。

そんなCX-8が、2019年10月マツダ車お馴染みの商品改良を実施。今回は、より魅力度が高まった最新モデルについてご紹介したい。

今度の進化は結構デカい!人気の3列シートSUVマツダ「CX-8」は最新こそ最良だ