014697.jpg

新型コロナウイルス感染拡大防止のため4月7日より全ての劇場を自主的に休館した本多劇場グループが、2020年6月1日(月)より営業再開。劇場の活動再開第一弾企画として、6月1日(月)から有料無観客生配信として本多劇場で実施されるひとり芝居『DISTANCE』の追加キャストが決定し、片桐仁鈴村健一の出演が明らかになった。また、上演期間1週間のタイムテーブルも発表された。

014697_02.jpg

当企画は、脚本・演出家の川尻恵太・御笠ノ忠次の発起人ふたりが、この状況の中で、どうやって演者、スタッフ、そしてお客様との距離を近づけていけるのか。社会情勢も踏まえながら、安全を最優先にし、段階的におこなっていくプロジェクト。出演者は、柄本時生、井上小百合、入江雅人、清水宏など、下北沢に、そしてひとり芝居に縁のあるメンバーが集結する。そんな注目作に新たに片桐、鈴村の出演が決まり、公式サイトにてタイムテーブルも発表された。

014697_04.jpg

初日は劇場の再開を記念し、永島敬三、井上小百合、入江雅人の各演目を連続上演。そして、6月2日(火)以降は1演目ずつ、各俳優陣それぞれが磨き上げた作品を上演する。

本公演では、演劇を劇場で生で観劇する状態に少しでも近づけるという意図で有料の定額チケット制を採用。アーカイブを残さず、その日1回限りのライブ配信のみを、イープラスの新しいライブ配信サービス「Streaming+」によりチケット購入から視聴までワンパッケージで行うという。

あらすじ
ここには昔、劇場があった――。
荒廃した劇場に、清掃員がいる。
彼らは「演劇」が上演されていた劇場を懐かしみ、今は機能を停止している全国の劇場を掃除して回っている。
この日やってきたのは、下北沢本多劇場。昔はたくさんの演劇が行われていたらしい。
ふと、清掃員が日記を拾い上げる。
そこには、人と人とが距離をとらなければいけなかった時代の、それでも演劇を続けた人々の記録が綴られていた・・・。

発起人である川尻恵太、御笠ノ忠次がストーリーテラーとなり、物語を進行。なお、各日の上演時間は40分から50分程度を予定しており、メインキャストは各回1名のみ、そのステージのみの出演になるという。また、下記の内容を安全対策として実施する。

◆安全対策
キャストスタッフともに、ソーシャルディスタンスを確保した状態で上演。
キャストスタッフともに、制作期間から本番日にかけて毎日検温し、制作者による管理を行う。
キャストは本番時間外、スタッフは常時マスクを着用。
・開演直前まで、および終演直後から屋外に通じる会場扉・玄関を開放し、大規模な換気を行う。また、並行して外気導入での空調による場内換気を行う。
・開演前、および終演後には舞台上の消毒作業を行う。
・場内は建築物環境衛生基準により相対湿度を40%~70%に保つようにする。
・劇場内や附帯施設等で手を触れやすい箇所、扉、手すり、自動販売機につきましては毎日定期的に、除菌用アルコール等による拭き掃除を実施。

本多劇場グループPRESENTS 第一弾『DISTANCE』は6月1日(月)から上演。チケットは5月27日(水)正午よりイープラスでチケットが発売される。

014697_03.jpg

◆公演情報
本多劇場グループ PRESENTS『DISTANCE
2020年6月1日(月)~6月7日(日) 下北沢本多劇場 ※無観客生配信

【企画・脚本・演出】川尻恵太、御笠ノ忠次

【出演者(五十音順)】
井上小百合、入江雅人、伊礼彼方、柄本時生、小沢道成、片桐仁、小林顕作、近藤芳正、清水宏、鈴村健一、永島敬三/川尻恵太、御笠ノ忠次

【特設サイト】http://distance.mystrikingly.com

014697.jpg