詳細画像はこちら

ロックダウン後に予想される変化

ボルボトップハカンサミュエルソンは、新型コロナウイルスによるロックダウンが解除された後、ガソリンディーゼルモデルを求めるカスタマーは、減少するだろうと述べている。

フィナンシャルタイムズ・グローバル・ボードルームカンファレンスで、サミュエルソンは、内燃機関モデルの販売を助成する計画は「費用の無駄」であると述べている。

詳細画像はこちら
ボルボXC40 P8 リチャージ

「電動化は加速します」

「新技術を奨励するのは良いことです。特に、最初の数年間はより高価になるので、政府のサポートは重要です」とサミュエルソンは付け加えた。

浮き彫りになった問題

需要の低さは、生産再開よりも大きな問題であるとし、スウェーデンにある同社の工場は現在、週3日の稼働としている。

ヨーロッパでの需要は通常の約30%しかありませんが、中国ではウイルス感染拡大以前より20%多くなっています」

詳細画像はこちら
ボルボXC40 P8 リチャージ

「この数字が正しければ、回復に向かっていると言えるでしょう」

「これが事実であることを願っています。そうでなければ、ビジネスに危機が訪れるでしょう」と述べている。

サミュエルソンはまた、ロックダウン規制にうんざりしているカスタマーが、気晴らしのために新車を購入する「リベンジ購入」が、米国での販売回復を後押しするだろうと述べている。

さらに、この危機により、部品の調達を1つの国に頼ることの危険性が明らかとなったと、サミュエルソンは言う。

ヨーロッパと米国には、より多くのメーカーが必要です」

わたし達は、販売する場所で自動車を作るべきです。すべてを中国に依存することはできません」と付け加えた。


ボルボの記事
【電動化が加速】ボルボ ロックダウン解除後 内燃モデルの需要減少を予測
ボルボXC90 B5 モーメンタム・プロ
【統計史上、最大のマイナス幅】インポートカー 4月の登録台数、前年比36.9%減 供給停滞の影響は?
【注意散漫の原因となるか】タッチスクリーンは本当に良い? 安全性を懸念する声も

【電動化が加速】ボルボ ロックダウン解除後 内燃モデルの需要減少を予測