no title


 今年は人間にとっては、ゆっくりと桜を見ることができない状況となってしまったわけだが、それでも桜は通常通り、きれいな花を咲かせてくれていた。

 奈良公園の、見事に咲き誇った桜の木々で花見をしていたのは鹿たちだ。、ピンク色の花びらのじゅうたんの上でくつろぎながら、春の訪れを満喫していたようだ。

 この映像は、プロのカメラマンであるキキフォトワークスさんが4月8日に撮影し、SNSYoutubeに投稿したもの。

―あわせて読みたい―

アメリカのドキュメンタリー映画の撮影団が記録した、昭和10年頃の日本カラー映像「桜の国 日本」
一年でたった10日だけ。青紫の美しい花「ブルーベル」が咲き乱れるベルギ・ブリュッセルの森のファンタジーな風景
桜の花びらがモチーフ。開くとぱっと花が咲く「桜和傘」が4月1日より販売開始
おとぎの国はここですか?フィンランドの森で撮影されたファンタジーあふれる動物たちの写真
おとぎの国がここにもあった。カナダ・ケベック州の大自然で暮らす動物たちの春


奈良公園の鹿と桜】Deer and cherry blossoms in Nara Park

 「キキフォトワークス」さんは、結婚式の前撮りなどの写真撮影を担っているカメラマンだが、Twitterの投稿コメントによると、非常事態宣言とコロナの影響で、この日が桜での前撮りの最後の日となったという。

 今年は私も桜を見ることがかなわなかったが、この動画でお花見の気分を満喫させていただいた。その美しい桜に鹿たちがゆったりとくつろいでいるなんて、俗界を離れた桃源郷とか、リアルジブリの世界に入り込んだ気分になれる。


 ちなみに鹿たちは桜の花びらを食べて満腹でウトウトしているところだったという。 日本にも、おとぎの国みたいな日本ならではの情景豊かな光景がたくさんあるんだなーって改めて再確認させていただいた。

 コロナが収束したら、日本中を旅して、四季折々の表情を堪能したいなー。

 キキフォトワークスさんが撮影した写真はInstagramアカウントkikiphotoworks」で見ることができるので要チェック美しい桜の写真がたくさん投稿されていたよ。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52291193.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

「これで子猫たちの回収完了!」最後の1匹をベッドに運び終えたお母さん猫のミッションコンプリート
カラカルの血をひく猫が、飼い主の首筋に甘くなさげな甘噛みチュウチュウ
煙突に落ちた野良猫を救え!3週間エサと水を届け続けた女性、救助された猫と家族になる
「平和な日常に勝るものはない」ってわかった!まったり過ごす仲良し動物たちに癒されたい
ロバも寂しかった。コロナ緩和後、2か月ぶりに飼い主と再会、うれしくてむせび鳴き(スペイン)

―動画の紹介記事―

西洋剣と日本の刀を比較してみた(スミソニアンチャンネル)
ヒトラーの愛したワニがモスクワ動物園で死去。享年84歳
カラカルの血をひく猫が、飼い主の首筋に甘くなさげな甘噛みチュウチュウ
煙突に落ちた野良猫を救え!3週間エサと水を届け続けた女性、救助された猫と家族になる
アメリカ・ミシガン州で豪雨。2つのダムが決壊し1万人以上が避難する大規模災害に
ジブリ?桃源郷?今年の奈良公園の桜と鹿のコントラストはこんなにも美しかった