top


 ワニというと獰猛で、なかなか分かり合えることのない生き物というのが今の一般的な見解なのだが、1907年から1984年にかけ、米カリフォルニア州にワニとふれあうことができる農場があったという。

 そこでは子どもたちがワニに鞍をつけて乗って遊ぶことができたのだ。

 これまたずいぶん大胆なアトラクションがあったものだが、当時この農場はかなりの人気を誇り、約80年にわたって有名な観光スポットになっていたそうだ。

―あわせて読みたい―

ワニに襲われた時の対処法。陸上編・水中編
ワニ・イズ・ビューティフル。人喰いワニを水中からとらえた命かけてみた写真
牧場の牛を食い荒らしていた巨大ワニが捕獲される(米フロリダ州)
ワニにフェンスは通用しない。フェンスによじ登り柵越えする忍者ワニ
ちょっと通りますどころじゃないよ!フロリダ州で巨大ワニが出没(アメリカ)

ワニ乗り放題!?大人気だったワニの農場

 このアリゲーターファームは1907年からおよそ80年間、米カリフォルニア州にあったワニの農場だ。

 この施設は当時の主要観光スポットとしてにぎわい、入場料は25セントだった。訪れた人々はそこで1,000匹以上いたワニとふれあった。

 そこでは単にワニを見るだけでなく、さまざまなアトラクションがあり、なんと子どもがワニに鞍をつけて乗ることもできたもできたのだ。

1_e


2_e

3_e

4_e

 しかもこんな極端なふれあいがあったにもかかわらず、事故は1915年に女性の世話係が体長1.8mのワニの尾を踏んで怒らせてしまい、右の太ももを噛まれたというものだけだったという。

10_e


12_e

15_e

 だが全盛期には雨で貯水池が氾濫して、農場に水とワニがあふれてしまい、近隣の住民が裏庭や個人プールにいるワニと出くわすようなこともあった。

移転と閉鎖。その後はフロリダに運ばれたワニも

 その後1953年に、農場は同じ州内の別の場所に移転し、施設名をロサンゼルスアリゲーターファームからカリフォルニアアリゲーターファームに改名。それからは客足が遠のいて行き、1984年に経営不振のため閉鎖された。

 そして一部のワニは米フロリダ州のある私有地に移されたといわれている。

5_e


 そのため今残っているワニと子どもの写真の中には、農場にいたワニとフロリダで暮らすワニが混在しており、厳密な判別は困難になってしまっているという。

6_e


11_e

13_e

14_e

 ともあれ、およそ信じがたいことだが子どもたちが気軽にワニに乗ることができた時代は本当にあったのだ。

via:dangerousmindsmessynessychic / translated D/ edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52240977.html
 

こちらもオススメ!

―昆虫・爬虫類寄生虫についての記事―

新型コロナ・殺人バチ・巨大トカゲ(今ココ) 更なる脅威がアメリカを襲う(※トカゲ出演中)
赤と黒のインパクトがすごい大型のカタツムリ「ファイヤー・スネイル」にズームイン!(マレーシア)
ケープミツバチが単為生殖でメスを産むことを可能にする遺伝子が特定される
アメリカに新たなる刺客。ワシントン州でオオスズメバチの侵入が確認される
「それうちらが作ったやつやん?」瓶に入ったはちみつを取り戻そうとするミツバチ集団

―画像の紹介記事―

フィンランドで「かかし」の密が発生していた!Googleマップで偶然発見された1200体にも及ぶかかしの大群
天体ショーか?新たに発見された「スワン彗星」、5月27日に近日点を通過予定。3~5等前後まで明るくなると予想
あのキャラクターたちの骨格を化石風に表現し標本化してみた
香港で催涙ガス味のアイスクリームが爆誕していた件
社会的距離のために円形のマークを描いたところ、猫が転送されてきた件(フィリピン)
20世紀のアメリカでは、子どもがワニに乗るのがトレンドだった。ワニと触れ合える楽園「ワニ農場」