『007シリーズジェームズ・ボンドが所属するイギリス情報局秘密情報部(MI6)の局長「M」役でも知られる英女優ジュディ・デンチが、老スパイ役で主演を務める映画『Red Joan(原題)』が、邦題を『ジョーンの秘密』として今夏公開されることが決定。メインビジュアル予告編が解禁された。

【写真】主演の「ジュディ・デンチ」フォトギャラリー

 本作は、英国史上最も意外なスパイの実話に基づく作家ジェニールーニーベストセラー小説を映画化。2000年、英国でKGBに核開発の機密を漏らしていた“核時代最後のスパイ”がMI5により暴かれたと報道された。人々に衝撃を与えたのは、容疑をかけられた“その人物”が、隣に住んでいるような80代の老女だったこと。彼女は信じられないほどの過去を隠し続けて静かに生活を送ってきた。

 アカデミー賞に7度ノミネートされ、映画『恋におちたシェイクスピア』で受賞したジュディが老年のジョーンを演じ、ケンブリッジ大学で物理学を学び、第2次世界大戦中、核開発の機密任務に就いた若かりし頃のジョーンには、『キングスマンシリーズで人気を獲得したソフィークックソンが扮する。

 そして、恋と政治の駆け引きで彼女を手玉に取るロシア人の恋人レオには、テレビシリーズ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』のトム・ヒューズ。監督は、『マクベス』や『冬物語』などジュディの名作舞台を何作も演出し、デンチから「トレヴァーだから出演を決めたわ。脚本を読むはるか前にね」と絶大な信頼を受けるトレヴァー・ナンが務める。

 予告編は、夫に先立たれ、仕事も引退して郊外で1人暮らしを送っていたジョーン・スタンリーが、突然訪ねてきたMI5に逮捕されるシーンから始まる。そこから一気に彼女の過去へと時は移り、「世界の変化を知りたくて」ケンブリッジ大学で物理を学んだ若かりしジョーンの日々が映し出される。

 映像には、恋と政治の駆け引きで彼女をもてあそぶロシア人の恋人レオ(トム)や、ジョーンの息子で弁護士ニック(ベン・マイルズ)など魅力的なキャストも勢ぞろいし、ジョーンが仲間や家族を裏切ってまで伝えようとした秘めた使命とは一体何だったのか、本編を期待させる内容となっている。

 メインビジュアルでは、ジョーンの現在(ジュディ)と若かりし頃の姿(ソフィー)が上下に配置され、過去に繰り広げられたドラマチックな半生を想像させるデザインが完成した。

 映画『ジョーンの秘密』は今夏公開。

映画『ジョーンの秘密』メインビジュアル (C)TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018