豊富すぎる「種類」に困惑するオーナー多数! 「SUV用タイヤ」選びの正解とは

各社からさまざまなSUV向けタイヤが発売

 いま発売されている一般車両向けタイヤラインアップは、セダンコンパクトカーよりもじつはSUV用のほうがバリエーション豊富で、いろいろなタイプから選ぶことができる。

 SUV用のタイヤスポーツカーのように舗装路やサーキットでの限界性能を求めないので、よほど過激なタイヤ以外は、サイズさえマッチすればどんなタイヤでも案外履きこなせてしまうからだ。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

 各自動車メーカーの現行SUVに純正装着されているタイヤのほとんどは、舗装路での操縦性や快適性を重視したタイヤになっている。なぜかというとSUVファッション性に魅力を感じてSUVを購入する人が増えており、自動車メーカーがそのようなニーズに合うタイヤを設定しているからだ。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

 冒頭で「バリエーション豊富でいろんなタイプタイヤを選ぶことができる」と書いたが、SUV用のタイヤには一体どんな種類のタイヤがあるのか確認したい。

使用環境ごとに細かく分類されているSUV用タイヤ

 まず昔からある分類だと「マッドテレーン(M/T)」、「オールテレーン(A/T)」、「ハイウェイテレーン(H/T)」、「スポーツテレーン(S/T)」といったものがある。「テレーン」とは文字どおり地形のことを示す単語で、これに路面状況やシチュエーションが組み合わされ呼称となっている。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

【マッドテレーン】

 泥濘地(でいねいち=ぬかるみ)やロックセクションなどで、トラクションを発揮するヘビーデューティキャラクターがマッドテレーン。乗用車タイヤでいうと、セミレーシングとかレーシングタイヤ的な位置付けだ。だから競技指向の人でないとオススメできない。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

【オールテレーン】

 もっとも守備範囲の広いタイヤでオフロードから舗装路までカバーするのがオールテレーンの魅力。オールテレーンの中でも、オフロード寄りとかオンロード寄りといった具合にキャラクターに幅があるので、性格の見極めは必要だ。ただ、パターン(接地面のデザイン)の見た目がゴツくても、以外とノイズが少なく乗り心地もマイルドなものが多いので、快適性を大きく損ねることなく、ヘビーデューティ風なドレスアップにも最適だ。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

【ハイウェイテレーン】 

 その名のとおり、ハイウェイテレーンはオンロード高速道路を得意とするタイヤ。とはいえオフロードダート走行にも対応できる資質も備えているので、実用性が高く選びやすいカテゴリーといえる。性格的には一般の乗用車タイヤに近く、静粛性が高いのも魅力の一つです。ただ、デザイン的にはドレスップ向きではなくちょっと地味め。実用性能重視のタイヤといえる。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

「スポーツテレーン」や「ラギットテレーン」など派生モデルも登場

 軽快な味付けにしたスポーティなものから、ストリート向けの静粛性も意識したものまである「スポーツテレーン」。

 トーヨータイヤではマッドテレーンとオールテレーンの間に設定した「ラギッドテレーン(R/T)」や、快適性重視の街乗り用として「アーバンテレーン(U/T)」を設定するなど、より細かくタイヤキャラクターを色分けしている。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

街乗り系タイヤはますます充実

 最近では「CUV」と呼ばれるライトSUVの登場で、トーヨータイヤのU/Tに相当するような静粛性や乗り心地を重視して作られたタイヤも発売されるようになっている。今年2月に発売になった横浜ゴムの「ジオランダーCV」もそのひとつ。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

 横浜ゴムからは低燃費タイヤブランドブルーアースの名前をかざしたブルーアースXTというSUV用エコタイヤも登場しています。SUVタイヤタイヤグレーディング(等級表示)しなくてもいいことになっているが、これからはSUV用のエコタイヤを謳うためにタイヤグレーディングを取得するタイヤが増えてくるかもしれない。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

雪道も行ける「オールシーズンタイヤ」に注目

 そして昨年あたりからSUVタイヤの新しい選択肢として浮上してきたのが、新世代のオールシーズンタイヤだ。ほとんどのオフロードタイヤには「M+S」の刻印があり、ある程度雪道でも走れることになっているが、各メーカー性能に温度差はあるものの、性能はあくまでもエマージェンシーといったところ。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

 オールシーズンタイヤなら、スタッドレスタイヤほどではないにしても、アイスバーンをのぞく積雪路なら走り切ることができる。最近のSUVはCUVも含め進化した電子制御ディバイスが搭載されているので、雪道でもかなりの走破性を発揮してくれるだろう。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

 各メーカーの商品としてはミシュランの「クロスクライメイト」、横浜ゴムの「ブルーアース4S」、トーヨータイヤの「セルシアス」、グッドイヤーの「ウェザーレディ」などがある。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

 このように充実したタイヤラインナップとなっている現在のSUVタイヤ乗用車の場合、タイヤドレスアップといえばインチアップが主流だが、SUVの場合はタイヤをゴツいデザインのものにするだけでも、クルマの印象が大きく変わったりする。”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

 “ちょっと攻めたタイヤ選び”をしても大きく失敗しないのも、SUVというクルマカテゴリーならではといえる。

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

”何でも履ける”SUVだからこそベストなタイヤ選択を

豊富すぎる「種類」に困惑するオーナー多数! 「SUV用タイヤ」選びの正解とは