日本インディペンデントゲーム協会(JIGA)は5月28日(木)、オンラインイベントとして6月27日・28日(土・日)に開催予定のBitSummit Gaidenに関する追加情報を発表した。

 「BitSummit」は「国内のおもしろいインディーゲームを海外に向けて発信していく」を趣旨とする日本最大級のインディーゲームの祭典で、2013年から毎年京都にて開催されている。今回の「BitSummit Gaiden」は、新型コロナウイルス感染症COVID-19)の影響拡大により現地開催が困難となったBitSummit The 8th Bit」の代わりに開催される。

 今回、公式サイトではイベントへ参加する78のゲームタイトルが発表された。出展タイトルはそれぞれ5つのチームに振り分けられており、個々のタイトルだけではなく、チームとしての応援ができるようになっている。また、今回の発表にあわせて「BitSummit Discordサーバーが公開されており、運営側はサーバー上でゲームを見つけやすくなるメリットチーム内における参加者同士の結束が期待されている。
 チームマスコットキャラクターは過去のイベントにも登場したファンおなじみのものだ。

 また、今回のイベントでは、ゲームサブスクリプションサービスを提供しているUtomikとゲーム開発者コミュニティasobuイベントパートナーとして協力している。

 asobuはインディゲーム開発者に対するサポートの一貫として、運営委員会と一緒にイベントとそのコミュニティを盛り上げるほか、6月26日(金)の夕方から2週間は、イベントのオフィシャルセレクションから一部のPCゲームタイトルUtomikのプラットフォームで無料提供する。

 今後は特別ゲストスピーカーインフルエンサースポンサーに関する情報が発表される予定なので、公式サイトや公式SNSアカウント日本語Twitter英語TwitterFacebook)およびハッシュタグ「#BitSummitGaiden」チェックして続報を待ちたい。

ライターヨシムネ

2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。