スクウェア・エニックスグループ(以下、スクエニグループ)を統括するスクウェア・エニックスホールディングス5月28日(木)、新たな株式会社スクウェア・エニックス・AI&アーツアルケミーを設立することを発表した。

 「最高の「物語」を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する。」を企業理念に掲げるスクエニグループは、ゲームをはじめとするデジタルエンタテインメントや出版、関連グッズなどの販売や提供を行うライツプロパティアミューズメントなど幅広い事業を手がけている。

 今回設立が発表された「スクウェア・エニックス・AI&アーツアルケミー」は、ゲームで使用されるAI(人工知能)とコンピューターグラフィックス(CG)等のアートに関する知識やノウハウを活用。AI・CG・アートを組み合わせたエンタテインメントAI」の研究開発や、他のエンタテインメント企業との連携を視野に入れた新たな事業分野の創出を目的に始動する。

 代表取締役会長CEO(最高経営責任者)は松田洋祐氏が務めるほか、代表取締役社長COO(最高執行責任者)にはレミ・ドリアンクールが就任する。また、ゲーム人工知能を専門とする三宅陽一郎氏がCTO(最高技術責任者)に就任。アート部門の最高責任者であるCAO(Chief Art Officer)は野末武志氏が担当する。

 三宅陽一郎氏については2017年5月に当時の電ファミニコゲーマー編集部がインタビューを行っているほか、以降も何度か聞き手として取材企画へ協力していただいているので、興味があればこちらから三宅氏が登場する記事をチェックしてみてほしい。

ライターヨシムネ

2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。