先ごろ英誌『Tatler』が掲載したキャサリン妃(38)に関する記事に関して、ケンジントン宮殿が異例の声明を発表した。同誌は妃の友人や王室関係者が、Megxit後に妃への公務の負担が増えたことなどを語った記事を掲載したが、王室側は「不正確な情報である」と主張している。

『Tatler』誌の記者アンナパステルナーク氏(Anna Pasternak)はキャサリン妃の友人や王室関係者らに取材を行い、妃のプライベートにまつわる話を聞き出した。その記事には、Megxit後に妃への公務の負担が激増したことで妃が疲れ果てたと感じたことや、メーガン妃が挙式のリハーサルを行った際に花嫁介添人がタイツをはくか否かでキャサリン妃と口論になったことなどが書かれている。

この報道に対し、ケンジントン宮殿の代表者がこのほど声明を発表した。

「このストーリーには、出版前にケンジントン宮殿に提出されなかった不正確な情報と虚偽の表現が多く含まれています。」

一方で『Tatler』誌の代表者も、声明を発表している。

「Tatler誌のリチャード・デネン編集長(Richard Dennen)は、アンナパステルナークと彼女の情報源による報道を支持しています。」
「ケンジントン宮殿は、数か月前に我々が“偉大なるキャサリン妃”の特集をすることを知っていました。そして、彼らにも一緒に仕事をすることを依頼したのです。彼らがすでに知っていたことを否定しているという事実は、断固として誤りです。」

『Tatler』誌の記事が報道された後、キャサリン妃のファンからは妃を擁護するコメントSNSに溢れかえった。

「彼女は美しいレディーを内に秘めた人よ。家族全員を心から愛して、英国と国民、人々、犬、ガーデニングを喜んで手助けしている。自分の子供達と屋外で遊び、エリザベス女王サポートしているわ。」
キャサリン妃こそ、まさに気品のお手本と言えるでしょう。彼女は王室の一員として優雅さと敬意を持ち、女王を助け、独自の活動やパトロンを務めてきました。」
「彼女は頑張っています。民間出身であるにもかかわらず、国と王冠への忠誠心を示している。それに家族間のひどい揉め事や、低俗なスキャンダルに関わったこともありませんから。」

キャサリン妃とウィリアム王子は現在、3人の子供達とともにノーフォーク州にあるアンマーホールで自主隔離生活を送っている。その間も夫妻は子供達の写真をSNSに投稿したり、テレビリモート出演するなどして国民の心を和ませてきた。王室エキスパート達も、困難な状況が続く中で王室を率いて英国を支えてきたウィリアム王子とキャサリン妃を称賛している。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2020年5月7日Instagram「The Duchess and the @NationalPortraitGallery are inviting the people of the UK to submit a #HoldStill2020 photographic portrait, which you have taken during these extraordinary times.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト