ベルギーサッカー協会(KBVB)は28日、2019-20シーズンベルギーカップ決勝、クラブブルージュvsアントワープ8月1日に開催することを決定した。

同試合は当初、3月22日に開催される予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって延期となっていた。

ベルギーでは国家安全保障理事会によって7月31日までプロスポーツ活動の停止が決定したことを受け、5月15日2019-20シーズンのジュピラー・プロ・リーグ(1部リーグ)、ベルギーファーストディビジョンB(2部相当)の打ち切りを決断していた。

しかし、決勝戦の会場となるボードゥアン国王競技場があるブリュッセル市など、各所と話し合いが行われた結果、無観客開催を条件に前述のプロスポーツ活動の停止が明ける8月1日ベルギーカップ決勝開催が認められた。

なお、今季のリーグ王者であるクラブブルージュに挑むアントワープには、U-23日本代表MF三好康児(23)が在籍しており、ベルギーでの自身初のタイトル獲得を目指すことになる。

また、リーグ戦を4位で終えているアントワープヨーロッパリーグ(EL)の予選ラウンドへの出場を決めているが、今回の決勝に勝利した場合、リーグ戦3位のシャルルロワに代わってELグループステージに直接参戦できる。

サムネイル画像