武田真治が、「PERSOL Work-Style AWARD 2020~はたらいて、笑おう。~」(パーソルホールディングス)著名人部門「グッドワーキスタ」を受賞。武田が喜びのコメントとともに、「受賞の喜びを筋トレで表してみたい」と、自宅でも元気にはたらく筋力をつける「おうちトレーニング」を動画で公開した。

【写真を見る】武田真治が椅子や机を使った上半身のトレーニング法を披露

「PERSOL Work-Style AWARD~はたらいて、笑おう。~」は、アクティブシニア・ふるさと貢献・パラレルキャリア・ダイバーシティ・グローバルチャレンジネクストキャリア・著名人・キャラクターの計8部門を設け、部門別にパーソルグループグループビジョン「はたらいて、笑おう。」を、この1年間でもっとも体現していた人に送る。

昨年に続き2回目となる今年度は、受賞者それぞれの「ワークスタイル」により一層フォーカスすべく、「多様なはたらき方」を軸に部門名を刷新した。

また、新たなフィールドやはたらき方に挑戦し、多くの人々のはたらき方に対する価値観アップデートした著名人を表彰する「著名人部門」と、漫画・アニメドラマなどフィクションの世界で、はたらき方の多様性を実現し、社会に対してインパクトや感動を与えたキャラクターを表彰する「キャラクター部門」の2部門が新設された。

武田は、俳優やナレーターサックスプレーヤーなど幅広いジャンルで活躍し、自らの領域を広げていくだけにとどまらず、筋肉体操など新しいチャレンジをする姿で、アラフィフ世代をはじめ幅広い世代に元気を与える活躍をしたという理由で選出された。

■ 武田真治コメント

元気で健康な体さえあれば、人生にうれしいサプライズが起きます。僕にとってこの賞がそうです。

大切なのは、人生を長期的に考えること。自然と「今やるべきこと」が見えてきますから、それを後回しにしないで実直に取り組んでいくことで、いつか「報われた」と思う日が必ずやってきます。

ポジティブな気持ちで日々努力を積み重ね、一緒に明るい日本を作っていきましょう。

■ 部門・受賞者一覧

アクティブシニア部門/写真家 西本喜美子

ふるさと貢献部門/一般社団法人 三陸駒舎 理事 黍原豊

パラレルキャリア部門/脳外科医ファッションデザイナー Drまあや

ダイバーシティ部門/義足の女優・ダンサー 森田かずよ

グローバルチャレンジ部門/NPO法人 e-Education 代表 三輪開人

ネクストキャリア部門/鉄装飾家artist・鍛治師 岡本祐季

キャラクター部門/「仮面ライダーゼロワン飛電或人

著名人部門/俳優・サックスプレーヤー 武田真治(ザテレビジョン

武田真治が「PERSOL Work-Style AWARD 2020~はたらいて、笑おう。~」)著名人部門「グッドワーキスタ」を受賞