岡崎慎司が公式インスタグラムで練習の様子を公開

 スペイン2部ウエスカに所属するFW岡崎慎司が、自身の公式インスタグラムを更新した。世界中で影響が拡大した新型コロナウイルスだが、現在はリーグ再開の目途も立ち始めている。ウエスカも再びピッチで練習を始めており、岡崎はその様子を公開した。

 岡崎は今季、4年間プレーしたプレミアリーグレスターを離れて、自身の希望だったスペイン挑戦を決断。一度はスペイン2部マラガへの移籍が決定したが、クラブの財政面の不備によって選手登録ができず、契約解除となって昨年9月4日にウエスカへ加入した。新天地でも26試合8得点をマークしており、存在感を放っている。

 だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、3月中旬からリーグ戦は中断。被害が深刻化していたスペインでは、外出禁止令などが出され、厳しい状況の中で自宅待機が強いられた。それでも、徐々に明るい兆しが見え始め、各クラブは練習を再開。ウエスカでも、段階的にトレーニングを始め、リーグ再開の時を待っている。

 そんななか、岡崎は自身の公式インスタグラムで練習の様子を公開。

スペインでも暑い夏が始まってます。日本はどうですか?手洗いうがいを継続しつつ、水分もしっかりとって下さい! あと運動をする前は必ず準備運動して下さい! 体が固まった状態のトレーニングがいかに危険か実感してます 不安な人もいるかと思いますが、しっかり対策して、少しずつ日常を戻していきましょう」

 そう綴ってハッシュタグでは、ある”苦悩”を打ち明けた。「#練習は楽しいけど」「#ピッチに敵が」「#大量の虫」「#目や口に虫が侵入」と、ウエスカの夏は目の前の敵だけではなく”虫”とも戦わなければいけないようだ。

 これにピッチで仲間とマッチアップしている写真も投稿。ヴィッセル神戸の元日本代表DF酒井高徳絵文字で反応する一方で、ファンは踏ん張る岡崎を見て脚に注目している。「ふくらはぎに砲丸ついてるように見えました…」「ふくらはぎのフォルムが、頑張ってる証拠」と、自宅待機中もフィジカルトレーニングに励んでいた”証”ともいえる隆々とした筋肉に驚きの声が上がった。

 今もスペインで練習に励む岡崎は、待望の瞬間のために必死にボールを追っていることだろう。(Football ZONE web編集部)

岡崎慎司が所属するウエスカでも練習が再開【写真:SD Huesca】