世界の秩序を大きく変えたコロナショック。金融市場が発達してからのパンデミックは世界が初めて直面する事態であり、投資家が参考にできる過去の事例がないことが不確実性を高めている。「将来の相場を予想してそこに賭ける投資をしていては、こうした局面で生き残れない」と話すのは、「バブルの達人」こと楽天証券常務執行役員の土居雅紹氏だ。

「収束と感染拡大を繰り返しながらも、各国の中央銀行による金融緩和と政府の財政出動に支えられ、先進国の株価は堅調に推移するシナリオが最も可能性が高いと考えています。しかし、悲劇的なパンデミックに発展したり、逆に短期で収束しバブルにつながる展開も、十分あり得る。重要なのはどれか一つのシナリオに賭けるのではなく、どれが現実になっても致命傷を負わないよう備えることです」

 金融危機が起こった際に資産を守るには現金が最強ではあるが、それだけでは最悪の事態が来なかった場合に何の利益も得られないうえ、インフレに負けてしまうことも考えられる。そこで、全方位に対応できる投資法として、土居氏は資産を3つの対象に分けて保有することを勧める。その3つの資産のひとつが、「金(GOLD)」だ。

「現在、日米欧が大規模な金融緩和を発動しており、この状態が続けば主要な通貨の価値がそろって下落してしまうことになります。さらに、再燃の気配が濃厚な米中対立が今後激化することがあれば、中国やロシアを中心にドル以外で外貨準備のニーズが高まり、その需要が金に向かうことになる」

「有事の金」という相場格言にある通り、金価格は米中の摩擦が顕在化した18年後半から急上昇し、コロナ禍でさらに値を上げて、史上最高値を更新している。

 しかも、ITバブル前の1998年の価格を基準として、金価格、NYダウ、日経平均、ナスダック総合の値動きを比較したところ、金価格はNYダウと日経平均はるかに上回るパフォーマンスを出し続けていることがわかった。マイクロソフトアップルアマゾンなど今をときめくプラットフォーマー企業で構成されるナスダック総合指数だけが、かろうじて金を上回っているに過ぎない。要するに、この20年の間、株を売ったり買ったりしているよりも、金だけ買って寝ている方が儲かったことになる。

◆金、現金、勝ち組米国株に分けて保有

 また、土居氏は「金価格は米国の物価に連動する傾向が強い」と指摘する。金の価格は「有事」で上昇しやすい反面、株価が上昇するリスクオン局面では低迷しがちだが、それでも米国のインフレ率には追従してきた歴史がある。現金の最大の弱点とされる「インフレになると損をする」ということが、金投資では起こりにくいのだという。

 金に投資する具体的な方法としては、少額であれば純金積み立てが利益に50万円に税控除を受けられるのでお得だ。大手ネット証券でも楽天証券が対応している。コストを抑えたいなら、米国上場のETF「SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト」、信用取引に活用したいなら東証に上場するETF「SPDRゴールドシェア1326)」などが向いている。

 とはいえ、やはり悲劇的な二番底に備えるには現金も必要だ。コロナ長期化に備える基本のポートフォリオは、「金」に加えて、「現金」そして、コロナ禍でも株価が堅調に推移している米国の勝ち組企業の株を3分の1ずつ保有するのがよいという。アマゾンマイクロソフト、エヌビディアのほか、こうしたハイテク企業で構成されるNASDAQ総合指数に連動するETFなどでもOKだ。P&Gジョンソンジョンソンコカ・コーラなど、コロナ感染が長期化しても一定の需要が見込める企業でもよいという。

 なかには、やはり日本株も手がけたい、という投資家も多いだろう。土居氏は「この不確実性が高まっている局面で、日本株で利益を上げるにはちょっとした工夫が必要」とアドバイスする。次回は、コロナ下での日本株投資戦略について詳述する。<取材・文/森田悦子>

“有事の金”はやはり健在!?