4月7日から約1ヶ月半続いた緊急事態宣言がようやく全国で解除されました。やっと外出できるとホッとしている人も多いかもしれませんが、今回はコロナ禍のなか転勤で東京を出た女性に話を聞いてみました。



画像はイメージです(以下同)



◆東京での遊びはやりつくし
 岡田まりあさん(仮名・27歳)は大手IT企業で働く営業職。有名大学を出て、業界最大手に近い企業でバリバリに働いていた彼女ですが、3月末に地方への転勤となったそうです。


「一都三県で育って、大学からずっと東京で過ごしました。いろいろな出会いも多くて、東京での遊びはだいぶやりつくしたんじゃないかと思っています」とこれまでの生活を振り返ります。



「学生時代はインカレサークルクラブを貸し切ったりしましたし、社会人になってからも、合コンパーティなど出会いの機会も身の回りに常にあって、港区で男性に散財してもらって遊ぶ時もありました


 ずっと、東京のそういう『キラキラした感じ』が好きでした。新しい出会いの幅の広さや、手の届くところに大好きなブランドショップがあることなど、この華やかさは東京でしか味わえないと思っていました」


 ところがそんな岡田さんのキラキラOLライフに異変が訪れます。


アラサーになって体力的にもキツくなった
アラサーになって夜遊びにもだんだん体力の限界を感じ始めたんですよね。あんなに楽しかった飲み会にあまり行かなくなったのは去年くらいのことです。たまたま声帯にポリープができて、お酒を飲めなくなったことをきっかけに、私は目が覚めたみたいに、あまり夜遊びをしなくなりました


 そうこうしているうちにコロナ騒ぎが起こって外出自粛になったけれど、私はあまりそれが辛くなかったんです。ここ半年は、ずっと家に引きこもって動画ばかり見てましたから」と岡田さん。



「そんな時に転勤の話が来て、『福岡へ出向してくれないか』と言われました。今までの私なら、絶対に受けてなかったけど……。もういいかなって思ったんです。人が多いのにも疲れたしなって」


 岡田さんのいう東京ならではのキラキラさは確かにありますが、ずっと遊んでばかりいるのもけっこう疲れてしまうものなんですよね。最近はアラサー以降の落ち着いた年齢になって、田舎に家を建てたい、ゆっくり暮らしたいと考える人も少なくないように感じます。


◆あれっ、東京より住みやすいかも?
 実際に3月末から、福岡に出向になった岡田さん。なんだかんだと言いながら、都会の便利さに慣れすぎていると、地方に出てからやっぱり後悔してしまう人もいそうですが、岡田さんは現在地方での暮らしを満喫しているそうです。



「福岡に来てからは、車を持って行動しています。東京では駐車場を探すのが大変だし、道の運転も大変だから持たなかったけれど、福岡は博多など、局所的に栄えている場所はあるものの、そこから少し離れるともう落ち着いた車道が多いんです。博多まで電車で30分ほどのところに住んでいますが、車での移動は快適ですね


 それに、博多の駅前に行けば、東京にあるものはほとんどなんでもあるんだなあ、と今感じています。外出自粛ムードのなかでしたが、引っ越したばかりだったので最小限の必要なものを買いに出かけたのですが。デパートも、東京みたいに原宿、渋谷、新宿……なんてばらついていないので、むしろショッピングもしやすそうです」と岡田さん。福岡での生活を楽しんでいるみたいです。


◆永住も考えている



「確かにここでは、東京ほど華やかなパーティーガールな遊びはできないかもしれないけれど、人混みに溢れていなくて、物価が安くて、人が優しいなあと感じています。まだ3ヶ月も住んでいないけど、永住も検討したいなと思っています。


 東京にいた頃は、近くに住む親からの結婚しろコールもすごくて色々悩んでいましたが……いざ離れてみちゃうと、少しゆっくりしたいなあと思えましたね


 都会での暮らしは、女性を悩ませることも多いでしょう。高い生活費、人混みや、多すぎる出会いなど……。今回のコロナで、家でじっくり過ごす日々を送ったことが、価値観を一度考え直す機会になった人もいそうです。さあ、あなたは都会で暮らしたいですか?それとも、田舎で暮らしたいですか?


シリーズ「人生の転機で変わったもの、変わらなかったもの」―


<文/ミクニシオリ イラスト/ただりえこ>


【ミクニシオリ】1992年生まれ・フリーライター週刊誌を中心にアングラな性情報、最新出会い事情など寄稿。逆ナンや港区合コンなどの現場にも乗り込む。自身の経験人数活かしtwitterWEBラジオairuca」でフォロワーの恋愛相談にも回答。カルチャーにも素養がある生粋のサブカル女子。@oohrin