株式会社天夢人より、廃線となった路線にスポットを当てた雑誌『旅と鉄道 2020年7月号 廃線の魅力2020』が現在好評発売中です。

廃墟マニアも必見!『旅と鉄道 2020年7月号 廃線の魅力2020』が好評発売中!!

株式会社天夢人より、廃線となった路線にスポットを当てた雑誌『旅と鉄道 2020年7月号 廃線の魅力2020』が現在好評発売中です。価格は1320円(税込)

表紙はこちらです!

 (2199308)

『旅と鉄道 2020年7月号 廃線の魅力2020』では、「駅から歩ける廃線スポット」「ガイドツアーとともに歩ける廃線」など、鉄道ファンのみならず廃墟マニアも一度は見ておきたい廃線の世界を特集。また、「おうちで楽しむ廃線探訪」「お取り寄せできる駅弁」といったステイホーム企画もあり、自宅でも廃線を楽しめる仕様になっています。

中身をちょっとだけご紹介!

メインルポは南九州の鉄道旅。6つの廃線を訪ねます

 (2199318)

碓氷峠に22年間眠っていた、信越本線横川~軽井沢間の新線跡を探訪します

 (2199320)

数々のトンネル跡が道路となった北陸本線旧線跡のトンネルへと案内します

 (2199321)

廃線をより分かりやすく迷わず楽しめる、ガイドと歩ける廃線を特集

 (2199322)

駅から1㎞以内に鉄道の痕跡が残る廃線を47路線紹介!

 (2199324)

特別付録として小冊子「日本列島廃線地図帖」が付きます

 (2199326)

ご購入はこちらから!

【Amazon.co.jp 限定】旅と鉄道 2020年7月号 廃線の魅力2020(Amazon限定特典:『旅と鉄道』歴代表紙画像カレンダー2020) | 「旅と鉄道」編集部 |本 | 通販 | Amazon (2199382)
出典 amzn.to

【Amazon.co.jp 限定】旅と鉄道 2020年7月号 廃線の魅力2020(Amazon限定特典:『旅と鉄道』歴代表紙画像カレンダー2020) | 「旅と鉄道」編集部 |本 | 通販 | Amazon

1,320
販売サイトへ

書籍概要

タイトル:旅と鉄道 2020年7月号 廃線の魅力2020
編集:「旅と鉄道」編集部
仕様:雑誌
頁数:128ページ
出版社:天夢人
発売日:2020/5/21
価格:1320円(税込)

目次

◆旅と鉄道のステイホーム
◆鉄道愛を語る 第六回 廣田あいか

【特集】廃線の魅力2020
●もっと廃線を楽しもう!
●おうちで楽しむ廃線探訪
●心揺さぶられる とっても美しい廃線
●南九州の廃線をめぐる旅 南正時が往年の写真とともに振り返る
碓氷峠に22年間眠っていた廃線を歩く
●旧北陸本線トンネル遺構群 今庄~敦賀間、旧北陸本線廃線跡を行く
●福井の知られざる廃線跡…… 福井鉄道鯖浦線路線バスの旅
●より深く 廃線を知る ガイドと歩く廃線
●駅から1㎞以内に廃線の痕跡がある お手軽廃線探訪

【ほか特集・連載】
小田急5000形のデザインプロセス 通勤電車はこうして造られる
●キハ40が只見線から引退
常磐線富岡~浪江間が運転再開
●おうちで食べよう! お取り寄せできる駅弁25
大糸線が走る小谷村 その四季の絶景が写真集
久住昌之の終着駅から旅さんぽ 三崎口駅(京急電鉄久里浜線)
●みんなでつくる小浜線の駅弁プロジェクト5 最終試作駅弁の発表
NEWS 0番線
●世界の鉄道 途中下車の旅 VIA鉄道 カナダローカル大陸横断列車冬の旅へ
バイクで行く廃駅・廃線めぐり 中央本線旧線
●ねこと鉄道 片瀬白田駅
●「アニメ×鉄道」 舞台めぐり最新トピックス 「波よ聞いてくれ
●車内絵日記 「みんな大好き! ことでん赤い電車
●元祖鉄道アイドル木村裕子の 食べるテツには福来たる! (臨)ラベンダー畑駅
●追憶の夜行列車 常磐線東北本線普通227列車
●ひと目でわかる! JR&私鉄・三セク 観光列車運行カレンダー
●鉄道マンたちの青春劇場
●鉄道旅をもっと楽しく 情報トレイン
●私の好きな「九州の列車」ランキング

関連記事

【話題】JR東神奈川駅に懐かしの「伝言板」が復活!その理由とは? - Middle Edge(ミドルエッジ)

【話題】JR東神奈川駅に懐かしの「伝言板」が復活!その理由とは? - Middle Edge(ミドルエッジ)
かつては駅でよく見かけた「伝言板」。このたびJR東神奈川駅にて、懐かしの伝言板が復活したと大きな話題となっています。

昭和レトロな風情と懐かしさがたまらない!ムック『日本ローカル鉄道大全』が発売決定!! - Middle Edge(ミドルエッジ)

昭和レトロな風情と懐かしさがたまらない!ムック『日本ローカル鉄道大全』が発売決定!! - Middle Edge(ミドルエッジ)
辰巳出版より、風情と懐かしさあふれる日本のローカル線を特集したムック『日本ローカル鉄道大全』の発売が決定しました。

長野五輪開催により消えた「峠のシェルパ」と「碓氷峠」。その後の特急【189系と489系】も残り1編成に - Middle Edge(ミドルエッジ)

長野五輪開催により消えた「峠のシェルパ」と「碓氷峠」。その後の特急【189系と489系】も残り1編成に - Middle Edge(ミドルエッジ)
日本に鉄道の難所はいくつかありますが、その中でも一般に広く知られているのが、群馬県長野県境の「碓氷峠」でしょう。「碓氷峠専用機関車」と「碓氷峠対応特急」が製造されていました。1997年10月長野新幹線開業によりこの区間は廃止され、車両は散り散りになりましたが、現在でもごくわずかに残っている車両もあります。その中の2編成が4月(2018年)にラストランというニュースも入ってきました。189系489系特急電車についてご紹介します。

元のページを表示 ≫

関連する記事