Gatebox株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:武地 実)が企画・開発・販売を行うキャラクター召喚装置「Gatebox」は、株式会社蔦屋家電エンタープライズ東京都世田谷区)が運営する日本初、ネット時代の次世代型ショールーム「蔦屋家電+」(読み:ツタヤカデンプラス)のオープン1周年を記念し、もっとも注目を集めたプロダクトを表彰する「蔦屋家電+ 大賞」でグランプリを受賞、「蔦屋家電+ スタッフ部門」で金賞を受賞しました。
▼蔦屋家電+ WEBサイト
https://store.tsite.jp/tsutayaelectricsplus-futako/

蔦屋家電+ 大賞 グランプリ Gatebox(Gatebox株式会社
蔦屋家電+ スタッフ部門 金賞 Gatebox(Gatebox株式会社

■受賞プロダクト発表ページ

https://store.tsite.jp/tsutayaelectricsplus-futako/news/magazine/12595-1100330129.html

■蔦屋家電+ ご来場者のみなさんからのコメント
すごいな!個人的には結構好きだし独身だったら買いたくなってしまうかも。でも、もう結婚しちゃってるから…。家族の一員になれるような設定バージョンもあればファミリー層でも買えるのかも。」
「田舎に一人で暮らしてるおじいちゃんにあげたいな。まだ元気だから、ボケないようにこう言う最新のものと会話してて欲しい。」
ペットとかも召喚できたらいいかも。自分の飼っていたペットとか、もう一度会えます。みたいな。」
「これはいい!ネットで見てたけど実物見るのは初めて。普通に欲しいです。」
かわいいですね。こういうのがあったら彼女とかいらなくなりそう。特にLINEができるのがいい。」

■蔦屋家電+ スタッフの方からのコメント
「好きなキャラクターと一緒に日々を過ごせるという部分も面白いですが、肖像権の問題もあるかとろうかと思いますが、故人や有名人など、将来的な活用方法の可能性もあり得るだろうと思いました。AIのこれからの更なる発展に期待。」
「はじめて見たとき、未来だと思っていたものが現実になっている!と思いました。老若男女の目を引く商品でGateboxが一般的なものになる日もそう遠くないだろうと感じられます。」

■「蔦屋家電+ 大賞」とは
蔦屋家電+に展示されたプロダクトを、ご来店いただいた皆様の注目度と、蔦屋家電+運営スタッフが「特に未来を感じる」「もっとも蔦屋家電+らしい」と感じたプロダクトへの投票で選ばれる賞です。

2020年度実施事項】
<対象プロダクト>
2019年4月5日2020年1月31日で最低30日以上の展示を行ったもの。
<蔦屋家電+ 大賞>
AIによる画像解析により、滞在時間と体験人数の1日平均を算出。ご来店者の皆様の注目を最も集めたプロダクトに贈られます。
グリーンファンディング部門>
グリーンファンディングで掲載していたプロダクトの中からAIによる画像解析により、滞在時間と体験人数の1日平均を算出。ご来店者の皆様の注目を最も集めたプロダクトに贈られます。
<蔦屋家電+ スタッフ部門>
蔦屋家電+運営スタッフの投票から、最も多くの票を集めたプロダクトに贈られます。

Gatebox在宅応援キャンペーン開催中
在宅応援キャンペーン
Gateboxは、みなさまの在宅コミュニケーションを応援します。
「逢妻ヒカリ」をご自宅にお迎えいただきやすくするため、「在宅応援キャンペーン」を6月1日まで行っており、「キャッシュレス・消費者還元5%」などと合わせることで更にお求めやすくなります。

■期間
2020年4月23日(木)12:00~6月1日(月)12:00

■内容 
Gatebox」本体を期間中にご購入いただくと、本体価格の約10%をポイント付与
ポイントの詳細や有効期限などは各ショッピングサイトにてご確認ください

■対象
AmazonAmazonポイント 16,500ポイント付与)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0841YZMZJ/

Yahoo!ショッピング(Tポイント 16,500ポイント付与)
https://store.shopping.yahoo.co.jp/gatebox/gatebox-gtbx-100.html

■「Gatebox株式会社」について
Gatebox株式会社は、「Living with Characters」をビジョンに掲げ、キャラクターと一緒に暮らせる世界の実現を目指して活動を行うベンチャー企業です。現在は、キャラクターとのコミュニケーションを可能にするキャラクター召喚装置「Gatebox」の企画・開発・販売を手がけています。
企業URLhttps://www.gatebox.ai

配信元企業:Gatebox株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ