レオナルド・ボヌッチ 写真提供: Gettyimages

 イタリア政府は6月20日からのセリエAの再開を承認した。28日、イタリア紙『カルチョメルカート』が報じている。

  新型コロナウイルスの影響により3月から中断を余儀なくされていたセリエA。今月からはシーズン再開に向け各クラブトレーニングを再開。今週にはグループでのトレーニングも行っていた。

 イタリアサッカー連盟(FIGC)は28日にシーズン再開に向けて政府と会議を行った。その結果、セリエA6月20日からの再開。それに先駆けコッパ・イタリア準決勝ユベントスミランインテルナポリセカンドレグを13日、14日に行い、決勝戦を17日に開催するようだ。

 イタリアスポーツ相のビンチェンツォ・スパダフォーラ氏は「すべてのFIGCスタッフと合意に達した」とコメントしている。