筆者が住むアルバラ・デ・ラ・リベラの街 photo via Wikimedia Commons (CC BY-SA 3.0)

◆パンデミアによる封鎖の中で生活している筆者
 スペインで非常事態が発令されたのは3月14日土曜であった。それから本稿執筆時点の5月26日まで封鎖が2か月半続いている。

 封鎖は段階的に解除されており、バレンシアはステップ0からステップ1に移っている。2大都市マドリードバルセロナ5月25日からステップ1に入った。ガリシア地方などはステップ2に入っている。

 ステップ1とステップ2の違いはバルやカフェテリアを例に挙げると1は路上でのテーブルサービスが平常の50%が可能だが室内での営業がまだできない。仲間の集まりも最高10人まで。ステップ2になると路上と室内のでサービスが平常の40%まで可能で15人まで一緒に集まることができる。商店街モールも40%まで営業可能だ。ステップ3になればこの制限もさらに大幅に解除されることになる。

 いずれにせよ、当初の政府プランは6月末で封鎖を全面解除する意向だが、企業からの圧力で解除の時期は早まるはずだ。何しろ、ひと月商活動が停止するとGDPが2%後退に繋がるとされているからだ。

◆「自粛」ではなく「外出禁止」
 筆者が1978年から住んでいるのはバレンシアから地中海沿岸に沿って西に36キロ離れた人口3800人の町アルバラ・デ・ラ・リベラ(略称アルバラ)に住んでいる。日本のように市町村の区別がないので、筆者は日本の方にはいつもアルバラを町と呼んでいる。役場には古い文献として1704年のものがある。

 当町から地中海の方に6キロ離れた所にパエーリャ国際コンクール開催で有名な人口2万7000人のスエカ市がある。毎年9月に開催されるこのコンクールには日本から必ず参加者がいる。アルバラからスエカとは180度反対の方に6キロ向かうと同じく人口2万7000人のアルヘメシー市がある。アルバラから更に内陸6キロ先には人口4万5000人のアルシラ市がある。アルシラを中心にして10キロ四方は10万人の商圏となっている。また、アルバラから車で地中海の方に向かって20分先にはこの地域で最大のリゾート地クリェラ市がある。人口2万1000人だが、夏場になると観光客の訪問で人口は5万人近くまで膨れ上がる。特に、ビーチがある区域は冬場は2000人くらいが住んでいるのが、夏場は人口は1万人を超すほどになる。

 筆者はこのような地理的位置に住み、今回の封鎖を経験している。3月14日から外出が一切禁止された。自粛ではなく、外出禁止だ。見つかれば罰金何度も警察から忠告されて無視すると刑務所に送られることになっている。唯一外出が許可されているのは食料品店、薬局、たばこショップ、キオスクに行く時だけである。

スペイン人の人生である「バル」も全面休業だった
 スペイン人のLifeの一翼を担っているバルはつい先日まで全面営業停止だった。2か月近く売上がゼロというのは経営者にとって深刻である。アルバラは3800人の町であるが、日本の同規模の町と比較して遥かに活気がある。バルも11軒ある。それがすべてシャッターを下ろしていたのだ。先週からバレンシア州はステップ1となってバルも路上に通常の50%テーブル数で営業開始している。しかし、当町のまだ2軒のバルは閉まったままだ。稼ぐことに焦らない一方で、50%の路上でのテーブル営業だけでは赤字になるからである。

 筆者は封鎖が開始される前はいつも早朝に速足(競歩までのスピードではない)でグランビアを3往復して2.5キロを速足で歩き、その後ストレッチ体操をしていた。封鎖が開始されてからはそれを家でやることにした。家の廊下を行ったり来たり、途中キッチンにも入り、毎日1.8キロ程度に相当する距離をいつもの速足よりも幾分遅いペースで室内歩行を実行していた。そのあと1階から3階まで36段の階段を上下3往復していた。5月1日まで休んだ日は一日もない! 2日からは野外でスポーツができるようになり、筆者はグランビアに戻っていつもの運動をしている。

 買い出しは筆者がやることにしている。家内は封鎖開始から現在まで一度も外出していない一度もだ

◆高齢者の持病持ちは、必然的に用心深くなる
 今日までの感染者23万5000人、死者2万7000人。但し、死者は統計に含まれていない人がおよそ1万人いるのは公然の事実となっている。即ち、4万人近くが僅か2か月で武力戦争ではなくウイルスに感染して死亡したというのは筆者も含め多くのスペイン人の心境に複雑なものをもたらしている。それに感染するのではないかという恐れも加わっている。勿論、例外もあって多くの若者はそれを気にしていないようだ。

 特に、筆者のように気持ちは若いが年齢的に高齢者とされ、持病持ちはコロナ・パンデミアパンデミックスペイン語)の前により慎重になる。だから不要不急の外出は慎むようになってしまう。アルシラにあるスーパーカレフールには時々買い物に行っていたが、封鎖が開始されてからは一度も行っていない。入口で前と後ろ2mくらいの距離を置いて列に並んで順番に中に入る気持ちにならない。店舗が広いので買い物客も当然多い。だからコロナウイルスに感染しているが症状のない人がいる確率もより高くなると考えて行くきが気がしない。また、スエカに入るところにも比較的大きなスーパーメルカドナがあるが、そこまでまた車で行く気もしない。このスーパーは人気があるのでいつもお客が良く入る。同じように多くの人が作る列に入って中に入るまで待つのは御免だ。

 そんなことで、筆者は当町のこじんまりしたスーパーチャルテルで食材を購入している。カレフールそしてメルカドナと比較して価格は品物によって僅かに高いものもあるが感染率はより低いと考えて僅かの価格差は気にもせず受け入れている。

 また、モロッコ人が経営している八百屋2軒とスペイン人の八百屋1軒でも買い物をしている。八百屋は店内のスペースの関係で一度に中に入れるお客は2人か3人だ。チャルテルも入場を制限しているが、そこでは最高15人くらいが限度なのか、よくわからない。店員はファイスシールドにマスクだ。感染の危険を承知で良く働いている。

◆便乗値上げもなく物資が豊富なのは救い
 それにしても、どの店にも平常通りの食材があるというのはありがたい。しかも、この危機を利用しての価格の便乗値上げもほとんどない。それには食料の配送業者らの協力もあってのことだ。

 5月23日バレンシア市内に行って来た。電車で行く時が多いが、車内で感染する可能性もあることを警戒して筆者の車で行くことにした。味噌や醤油の買い出しだ。

 バレンシア駅に隣接して2つの通りの両側には中国人の食材店やレストランが多くある。いつも行く中国人経営の食材店で味噌、醤油などを購入した。中に入るのに外で待たねなばならなった。一人買い物をして外に出た後に外に待っていたひとりが中に入れるのだ。

 この区域は30年くらい前までは台湾人が経営する中華レストランが一軒あっただけであった。お客いつも僅かだった。ところが、今では小さなチャイナタウンになっている。バルの経営者もスペイン人から中国人になっている。美容院もある。この区域で今もスペイン人が頑張ってるのは薬局とバレンシアの民族衣装店くらいだ。どちらもスペイン人でないと経営できない難しさがあるからだ。

 6月7日に封鎖が解除になる予定だ。それまでの感染状況によっては、6月末まで封鎖が継続される可能性があることも否定できない。しかし、観光ではライバルイタリアギリシャが外人観光客を誘うために積極的に動き出している。それに対抗する意味でスペインも長く封鎖を続けるわけには行かない状況にもある。また多くの業界から早期の封鎖解除を要求するようになっている。なにしろ、営業できないと、売上がないからである。

 最後に、バレンシアの3月の火祭りは7月に延期されたが、それも最終的に中止となった。

<文/白石和幸>

【白石和幸】
しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント1973年スペインバレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

筆者が住むアルバラ・デ・ラ・リベラの街 photo via Wikimedia Commons (CC BY-SA 3.0)