2020年5月29日近畿大学敷地内に侵入した猫が電柱から降りられなくなるという「事件」が発生した。

大学のツイッターでその様子がつぶやかれると、この救出劇に注目が集まった。

「絶対に君を助ける」

ツイッター上の近畿大学公式アカウントは、

「事件が起こりました」

と画像を掲載。クラブセンターグラウンド南側、附属高校グラウンドの鉄柱の上に、猫がいた。「鉄柱にネコが登って、降りられないようだ」と近所の人から通報を受け、発見されたという。写真からはかなり高い鉄柱の上に、ぽつんと猫が取り残されている様子がわかる。

近畿大学公式アカウントは、

「ただ君を救いたい。必死の説得を行いつつ、レスキューを待つ」
「降りたいネコ...漂う緊張感」
「絶対に君を助ける」

ツイート。写真には駆け付けたレスキュー、落下に備えて地上で布を広げて待ち構える人々の姿が。

そして、最初の投稿から約1時間後。

「もう、大丈夫だよ」

猫は無事に救出された。近畿大学公式アカウントは、

「飼い主さんご一家によると、オラちゃん(※編注:猫の名前)は網戸を破って外出してしまったようで、網戸を全部張り替えますとのこと。本当に無事でよかったと、飼い主さんの子どもたちも安堵。 無事守られた、大切な命。 オラちゃん、これからも家族みんなにたくさん愛されてください」

コメントした。猫は昨日から行方不明になっていた子で、現場に駆け付けた飼い主のもとに帰った。

広報室も反響の大きさに驚き

この猫の「事件」の最初の投稿の約3時間後には、2.7万リツイート、6.5万いいねと非常に大きな反響があった。近畿大学広報室は同日、J-CASTニュースの取材に、「こんな風になるとは思っていなかった」と述べ、猫の「すごい」話題力に驚きを隠さない。広報室の担当者は、猫がツイッター上で人気なことは知っていたが、ここまで反響があるとは思っていなかった様子だった。

近畿大学公式ツイッターは「くだらないことも気軽に話しかけてください」というフランクな運用で、昨今では「マスクマグロにデコる、マスクカバー」というペーパークラフトPDFを配布するなど、話題のアカウント近畿大学広報室は、「日本一のフォロワー数を目指している」とし、今後も面白いツイートを行っていくと意気込みを語った。

近畿大学公式ツイッターより