男性って、女性に比べると、そんなに頻繁には連絡をしてくれないものですよね。
特に、付き合って彼氏になると、急に連絡してくる回数が減るという男性も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、彼氏が全然「連絡をしてこない」理由を紹介します。


「長話」になりそうで怖い

「電話とかしちゃうと、すごい長電話になってなかなか切れなくなったりするので、なんかかけるのも面倒になっちゃうんですよね。仕事終わりだと早く寝たいですしね…」(26歳/男性/イベント制作)
男性は長電話をしたり、LINEで長くやり取りを続けるのが大の苦手。なので、彼女に連絡をしてみようかなと思っても、「長くなったら嫌だな」という思いから踏みとどまってしまうのです。普段からLINEでダラダラと長い話をしてしまうことが多かったりすると、彼氏の方からはなかなか気軽に連絡をしようという気持ちにはなりにくいかも。


恋愛の「優先順位」が低い

「正直なところ、そこまで恋愛にのめり込むタイプでもないので、毎日のように連絡を取りたいとか思わないんですよね。会ったときに色々話せばいいかなって…」(27歳/男性/WEBディレクター
男性は仕事や趣味、友人関係などを大事にする人が多いので、恋愛は優先順位が低くもなりがち。彼女は大切な存在だし、もちろん好きだという気持ちはあるのだけど、恋愛が何よりも大事という感じにはなかなかならないでしょう。
なので、彼女への連絡もそこまで重要なことだとは考えておらず、そんなに毎日のようにしなくてもいいだろうと考えてしまうのかも。


「迷惑かな」と感じてしまう

「これといった用事もないときは、電話とかLINEとかするのは悪いかなって思っちゃいますね。特に盛り上がったりするような話とかがあるわけでもないですしね」(30歳/男性/メーカー
男性は基本的には、「連絡」というものを、用事や伝えなければいけないことがあったときにするものだと考えています。
だからこそ、特に用事もないのに連絡をしようという考えにはあまりならないですし、「迷惑じゃないかな?」と思ったりもするもの。
用件がないと何を話していいのかもわからなかったりするので、余計に連絡しようという気持ちは薄れてしまうのでしょう。


「どうせ連絡が来る」と思っている

「こっちから連絡しなくても、いつも彼女の方から連絡が来るので、別にそれでいいかなって思います。連絡は彼女からするものっていう認識になっていますね」(27歳/男性/不動産)
いつも彼女の方から連絡が来ていると、「どうせ連絡が来るからいいか」という気持ちになり、男性が自分からは連絡をしなくなる傾向にあります。たまには彼氏からも連絡をしてほしいという思いがあるのであれば、少し自分から連絡をするのを控えてみるのも、ひとつの手ではあるでしょう。彼女からの連絡の回数が減ってきたら、彼氏も気になって連絡をしてくれるようになるかも。


おわりに

男性はLINEで長話をしたり、長電話でダラダラと話したりするのが大の苦手です。そういったことも理解したうえで動けば、彼からもきっと、連絡が来ると思いますよ。 (山田周平/ライター
(ハウコレ編集部)

彼氏が全然、連絡をしてこない理由4選