「クラウドサービスサスケ」「SUBLINE」の開発・販売を手掛けるインターパークは、全国の営業職を対象にインターネットテレワーク実施状況と今後のテレワーク意向に関する実態調査を実施、テレワークが実施できない理由なども明らかになった。

画像付きの記事はこちら



 まず、テレワークの実施状況について聞いたところ、47.2%が、コロナウイルス感染拡大後もテレワークを行っていないと回答した。インサイドセールス導入企業で勤務している人の場合は、80%がテレワークを実施していると回答していた。

 テレワークを実施できない理由については、PCや電話環境に加え、情報共有を行うためのツールなど、環境整備に対する課題が約40%にのぼった。

 今後のテレワーク意向に関しては、「今後テレワークを実施したい(出社と組み合わせて実施したいを含む)」と回答した人が69.6%となり、今後もテレワークを働き方の選択肢として取り入れたいという意向が高いことがうかがえた。また、「今後テレワークは行わず出社したい」と回答した人のうち、71.7%は40代以上が占める結果となった。

テレワーク実施状況と今後のテレワーク意向に関する実態調査