マジョルカ公式YouTubeチャンネルが久保の練習の様子を公開

 新型コロナウイルスの影響により、リーガ・エスパニョーラなど欧州各国リーグが中断を余儀なくされているが、チームは徐々に活動を再開している。日本代表MF久保建英が所属するマジョルカも9日から個別トレーニングスタートさせ、公式YouTubeチャンネルでは練習の様子を公開。真剣な顔で練習に打ち込む一方でリラックスしたような笑顔も見せており、反響を呼んでいる。

 スペイン政府は4月末に段階的なロックダウン都市封鎖)解除の方針を示し、各クラブ新型コロナウイルスの検査を実施。マジョルカは久保を含めた所属選手が、6日に粘膜や口内の唾液の採取、採血などを受けたことがクラブ公式SNSでも報告されていた。現在、十分なスペースを確保した個別トレーニングから全体練習へと切り替わっている段階にある。

 そんななか、マジョルカ公式YouTubeチャンネルは久保が練習に臨む様子を公開。「練習で笑顔を見せるタケ・クボ」と題して、パターン練習などで調整する久保のトレーニング風景を投稿している。強烈なパスを出した久保は練習中に笑顔も見せ、見事なトラップも披露。ファンからは「タケクボの笑顔は国境を越える」「自粛期間中でまた身長伸びた?」「マジョルカがタケクボの専属カメラマンみたいになっとる」「トラップ上手すぎる」などコメントが相次いだ。

 マジョルカは現在18位と降格圏に低迷している。残りの試合は久保の活躍で巻き返せることができるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

マジョルカのMF久保建英【写真:Getty Images】