―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―


 シトロエンというクルマ変態が大好きな自動車メーカーをご存じでしょうか? シトロエンマニアは、フェラーリランボルギーニなどスーパーカーを愛するカーマニアとは別の人種であります。特に古いシトロエンには「緑の血を吐いて息絶える」という伝説があるなどクルマ変態が身もだえる逸話が数々。最後のクルマは古いシトロエンにしたい……。変態の夢です。

永福ランプ(清水草一)=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信(流し撮り職人)=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆古ければ古いほどエライクルマカーマニアが憧れるシトロエンの深淵

 新型コロナウイルスの影響でクルマどころじゃない! 特に輸入車は、輸入そのものが止まってメッタメタ!かと思ったら、意外や意外、今のところそれほど劇的な影響は出ていない。4月の輸入車の新規登録台数を見ると、前年同月比でたったの33%減。緊急事態宣言下、存外多くのみなさまが、ガイシャの納車を迎えておったのですね。

 なかでもシトロエンは、前年同月比72%増という、信じられない数字を叩き出した。ひょっとしてコロナ太り?なわけはないと思いつつ、SPA!モテないカーマニア軍団のシトロエンオーナー2名が、シトロエンについて熱く語ってみた

担当K:この4月、シトロエンの数字が伸びたのはなんでですか?

永福:カングー風のベルランゴが主な要因だってさ。限定数百台があっという間に売り切れて、その納車が集中したんだ。

担当K:はあ~、それですか!

永福:それを除いても、シトロエンの販売はC3とC3エアクロスがけん引して、最近好調なんだよね。コロナ下でも、来店客数はそれほど減ってないらしい。

担当K:C5エアクロスが売れてるわけじゃないですよね?

永福:そうね。俺は元C5オーナー、キミは現C5オーナー。C5の名を継承したモデルに売れてほしい気持ちはあるけどね。

担当K:C5エアクロスハイドロサスが復活!って聞いたんで、期待してましたけど、これは以前のハイドロとは違いますね。

永福:ハイドロはハイドロでも「プログレッシブハイドローリック・クッション」。メカがまるで違う。でも、乗り心地が猛烈に柔らかい点は、似てるっちゃ、似てるでしょ?

担当K:う~ん。僕は清水さんのC5でハイドロの乗り心地に感動して、BMWからC5ツアラー乗り換えたわけなんですけど、C5エアクロスよりも、僕のC5のほうが乗り心地は柔らかいですよ。

永福:キミのC5は確かにメッチャ柔らかい。スタッドレス履きっぱなしのせいかね?

担当K:その影響はあるかも……。

永福:オレが乗ってたC5と比べると、C5エアクロスのほうがフニャフニャに感じるよ。もうマシュマロみたいにフワッフワだよ!

担当K:見た目もマシュマロマンですしね~。でも僕は、C5なのにセダンやワゴンじゃなく、SUVになっちゃったのが残念です。

永福:世界の潮流は、もはやSUVスタンダード。こういう努力でシトロエンが生き残ってくれている。しかも原点回帰で乗り心地をフワフワにしようとしてるのは、ファンとしては涙が出る思いだよ!

担当K:確かに、清水さんが今乗ってるDS3は、シトロエンなのに、足がガチガチにかたいですもんね。

永福:ビックリするほどガチガチで、シトロエンらしさなんか皆無だよ。デザインがいいから、思わず買っちゃったけど……。

担当K:僕のC5は乗り心地最高ですけど、信号待ちで昔のシトロエンと並ぶと、すごい敗北感に襲われるんです。フツーの壊れないシトロエンに乗っていてスイマセンって……。

永福:それはオレもずっとあった。エグザンティアはものすごく気に入ってて、生涯最長の7年半も乗ったけど、エンジン止めてもシャコタンにならないハイドロだったから。もっと昔のハイドロは、エンジン止めると車高が5cmくらいまでベタベタに下がって、犬がおすわりしてるみたいになるからねえ……。

担当K:シトロエンは古ければ古いほどエライ感じがします!

永福:そうだね~。一番エライのは元祖DSと、マセラティエンジンを積んだSMで、その次がボビンメーターの前期型CXじゃないか?

担当K:2CVは?

永福:それはハイドロじゃないから、番外の殿堂入りだろうなあ。

担当K:こんな話を読まされても、読者はチンプンカンプンですよ。

永福:だよね……。

【結論!】
シトロエンカーマニア界でも、もっともディープでマニアックな分野。知れば知るほど古いシトロエンに乗りたくなるという、大変珍しいメーカーなのでありました。あ~CXが欲しいなあ……。

【清水草一】
1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com

―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―


CITROEN