玩具売り場を通りかかるとプラレールコーナーを眺める。懐かしさと同時に、新しいレール部品の進化に感心する。ロボットに変形する「シンカリオン」が出たときはホントにびっくりした。実物の新型電車の製品化も早い。店頭には「自動車運搬列車」という乗用車を運ぶ2階建ての貨車や、国鉄時代の電車もある。いまの子どもが知らない車両だ。もしかしたら、これは大人向けラインアップではないか。

 間もなく「ぼくもだいすき! たのしい列車シリーズ ノスタルジックTOKYO 0系新幹線」が発売される。白と灰色の0系電車は、まだカラーテレビが普及する前の、モノクロ画面のニュース映像をイメージしたそうだ。確信した。プラレール子ども向けだけではない。「大人の玩具」でもある。

 大人はプラレールでどんな遊び方をしているだろう。車両を集めて棚に飾るだけ? いやいや、大人のプラレールは奥が深く、おもしろい。筆者が尊敬するプラレールの達人に「マジで遊ぶプラレールテクニック」を伺った。

「実在駅の駅や路線を再現」松岡純正さん

 Webサイト「プラレールの宿」を運営する松岡氏は「再現の達人」だ。実在の駅をプラレールで再現し、Twitterに投稿するたびに話題となった。プラレールの限られた部品で作りつつも、プラットホームポイントの配置など特徴を捉え、鉄道ファンプラレールファンの共感を呼んだ。そのテクニックを駆使し、市民ホールなどを借りて「路線の再現」もチャレンジタモリ倶楽部などテレビ番組にも出演している。

――駅の再現は楽しいですね。実は私も子どもの頃、東急池上線雪が谷大塚駅を再現して遊んでいました。松岡さんが最初に再現しようと思った駅はどこですか。

松岡 最初に再現しようとした駅は地上時代の京王線調布駅です。丁度5年くらい前になります。新しい分岐レールが発売されて、レイアウトを組んでいたら「これ、調布駅みたいな配線できるなぁ」と思い、そのまま作ることにしました。

――実際の線路とプラレールの違いに苦労しませんか。

松岡 苦心はしてないと思います。当時は夢中で作っていましたので……。

配線図、前方展望動画、Google Map……再現駅はこうして作られる

――私が松岡さんの作品で感動した再現駅は京急蒲田駅でした。立体交差完成後は高架駅の威容から「蒲田要塞」と呼ばれています。複線の上下待避駅構造、空港線分岐など配線が複雑ですよね。再現駅の作り方を教えてください。

松岡 まず配線図(線路の配置図)を探します。京急蒲田駅は、駅の中でも人気が高いので、ネットや雑誌などから配線図を見つけることができました。

 そのあと、動画サイトで「前方展望動画」を観ます。京急の品川方面、横浜方面、羽田空港方面の上下線を全部、配線図と合っているか確かめ、勾配や信号の位置、架線の形や踏切の大きさなどもチェックして、どのプラレールの部品が合うか考えます。

 次に、Google Mapを見て、配線図を書き起こし、周りの道路、建物、川などを描き足します。あとは、配線図に合うようにプラレールの線路や駅などのパーツを組んでいきます。最後に車両を置いて完成になります。

――京急蒲田駅は特徴的ですが、特徴のない駅も、その駅を走る電車を置くとそれらしくなりますね。実際に駅へ行って観察しますか?

松岡 実際の駅に行くことはほとんどありません。京急蒲田駅も過去に一度も行ったことがありません。お恥ずかしい話ですが、京急線は一度も乗ったことがないです。参考資料は、Google MapYouTubeなどの動画サイト、個人のブログ鉄道ファンなどの雑誌になります。

――えっ、そうなんですか。意外です。でもネットには参考資料がたくさんあると。出掛けなくても駅の再現にチャレンジできるんですね。蒲田駅で使ったパーツはどれですか。

松岡 現行商品では、直線レール、高架直線レール、高架曲線レール、橋脚、ポイントレール、プラキッズセットなどです。廃盤商品のステーションパネル、ジョイントレール、立ち木、道路も使いました。

パーツの入手方法は?

――廃盤になるパーツもあるんですね。私が子どもの頃に愛用した複線ポイントも廃盤になってしまったようです。廃盤パーツはどこで入手できますか。

松岡 半分くらいは、定番で売っている時に買いました。あと半分は、オークションサイト、中古リサイクル店、フリーマーケットなどで入手します。

――逆に、新しいパーツのおかげで再現がはかどったという駅はありますか。先ほどの地上時代の調布駅は、複線ターンアウトレールを真ん中に使うときれいに収まりそうです。

松岡 地上時代の調布駅は、複線ターンアウトレールのようなスマートな分岐ではないので、ターンアウトレールなどで合わせていく方がいいと思います。

の再現で使うパーツは市販品のみ

――なるほど、実物がプラレールのようにスマートではないって面白い視点ですね。

松岡 「複線わたりポイントレール」「複線幅広ポイントレール」が出たおかげで、大宮駅大和西大寺駅など、分岐の多い駅を再現できるようになりました。高架の複線外側レールも出たので、仙台駅掛川駅など新幹線の駅も作りやすくなりました。地下レールが発売されてからは、名古屋駅横浜駅地下鉄の駅も作れます。

――パーツを自作しても面白そうですね。いまなら3Dプリンタとか、ホビー材料で作れそうです。

松岡 自作する場合もありますが、駅の再現では使わないようにしています。他の人が再現できなくなってしまうので。

――あっ、なるほど。市販品でまとまっていると、自分もやりたいって思いますね。自作品が入るとハードルが上がってしまう。いままで作ってきた駅で、もっとも印象深い駅をひとつ教えてください。

松岡 北千住駅です。初めてネットバズるという経験をしました。インターネットでは、無名な人も何か一つ尖らせて活動していけば人生逆転できると学びました。

――無名どころか、いまではプラレール界のトップランナーですよね。

巨人となって旅をしている気分を味わえる「プラフェス

 松岡さんはほぼ毎月「プラフェス」というイベントを開催している。さいたま市のプラザノースという市民施設で、約700平方メートルスペースを貸し切ってプラレールを敷き詰める。筆者は2019年9月の「京急~都営浅草線京成電鉄」を再現したプラフェスを見学した。ひと目見ただけで「ここはあの駅だ」「ここは……そうかあそこか!」と感服。床に敷いた線路群をまたぎながら、沿線を探訪した。まるで巨人となって旅をしているような、楽しい気分だった。

 その展示物のプラレールで、子どもたちが自分の電車を自由に走らせる。これも感動した。プラフェスは観るだけのイベントではない。遊んでこそプラレールだ。おうちでひとり遊びより、大規模なレイアウトでみんなと遊べる。親も自宅にレールを広げられるより、ここで遊んでくれた方が助かるのかもしれない。親子の参加者たちで賑わっていた。

「プラフェス」もいまは自粛中とのこと。再開が楽しみだ。それまでは自宅で最寄り駅の再現にチャレンジしてみよう。駅の構造、複数の線路の使い方など、実際の鉄道に対する知識や理解が深まることだろう。

松岡さんは公式サイト「プラレールの宿」で「プラフェス」や再現駅を紹介している。

INFORMATION

プラレールの宿
https://www5.hp-ez.com/hp/-0w0-/

達人がたどり着いた「プラレール線形幾何学」の極意とは へ続く

(杉山 淳一)

レールを5000本以上使った圧巻のレイアウト(提供 松岡純正さん)