アジアにとどまらず、世界でファンを増やしている韓流ドラマ「愛の不時着」。人気の原動力の一つが、謎に包まれた北朝鮮の実状を細かく描写した点だ。

 韓国ではテレビ放送当時、「北朝鮮を美化し扇動している」として、国家保安法違反で告発されたこともある一方、北朝鮮の対韓宣伝サイトに「虚偽と捏造でいっぱいの反共和国テレビ劇」と批判されたこともある。いったい「愛の不時着」が描く北朝鮮社会は、どこまでリアルなのだろうか。

 韓国で最も有名な北朝鮮専門のジャーナリスト、「中央日報」記者のイ・ヨンジョン氏に、ドラマをみたら疑問に思う「8つのポイント」について聞いた。(*以下の記事では、ドラマの内容が述べられていますのでご注意ください)

Q1:ジョンヒョクの父、北朝鮮軍の総政治局長はどのくらい偉い?

 ヒョンビン演じる主人公北朝鮮の軍人ジョンヒョクは、北朝鮮軍の総政治局長の息子という設定だ。総政治局長とはどんなポストなのか?

ジョンヒョクの父のいる軍の総政治局は、軍指揮官の人事権や検閲権を持っていて、その責任者である『総政治局長』は軍序列1位。金正日総書記の時代に『先軍政治』を掲げて軍部の権力が強化された時には、当時の軍総政治局長だった趙明禄氏が金正日総書記に次ぐナンバー2とされたこともありました。

 現在の金正恩時代の総政治局長は、平壌市労働党委員長出身の金秀吉氏が務めています。金正日時代に比べて地位が多少下がったものの、北朝鮮国内の5本の指に入る権力者であることは間違いありません」(イ記者、以下同)

 北朝鮮に不時着した韓国有数の財閥の令嬢・セリ(ソン・イェジン)を匿うことになるジョンヒョクは権力者の子息でありながら、韓国国境に近い最前方警備隊の中隊長を務める大尉という設定だ。

「すべての北朝鮮の男性に国防の義務があります。服務する期間は10年。しかし、現実には党幹部の子どもは服務をしない場合が多い。高級中学(高校に相当)の卒業後、軍を経験せずに大学に進学する特権階級の子どもたちは『直通生』と呼ばれます。

 ただ、軍幹部の子どもは父親の跡を継ぐために軍隊に入隊しなければなりません。総政治局長の息子であるジョンヒョクが、亡くなった兄の代わりに特級将校として前方勤務をしているという設定そのものには、まったく無理はありません。ただ、総政治局長の年齢は普通70~80代なので、ジョンヒョクのような若い息子がいるケースは珍しいかもしれません」

Q2 盗聴の専門家「耳野郎」は実在するの?

 ドラマの中で、重要な役割を担っているのが国家保衛省所属の盗聴専門家「耳野郎」だ。彼の任務は、一日中ジョンヒョクの自宅を盗聴すること。このような仕事は実在しているのだろうか。

北朝鮮社会では、『金正恩委員長を除くすべての国民が盗聴されている』と言ってもいいほど、盗聴が日常化しています。北朝鮮において、ある日突然、党幹部が処刑されるニュースが出てくるのは、盗聴によって謀議の疑いが発覚したケースが多いのです」 

 ドラマでは、平壌のホテルに宿泊したジョンヒョクが、客室のあちこちから盗聴器を捜し出すシーンがある。

「一般家庭だけでなく、特に、外国人がよく訪れるホテルや公共施設で交わす会話は、100%盗聴されていると考えて問題ありません。私が南北会談の随行で訪朝した際には『北朝鮮ではホテルの部屋で重要な話をするな』『重要な話は筆談で行うこと』と教育されました。さらに証拠を残さないために、『筆談の内容が書かれた紙はもちろん、その下敷きになった紙も何枚か裂いて燃やす』ということまで指導されました。

 実際に私が平壌のホテルに宿泊した際、部屋が盗聴されているか確認するために『スリッパが汚いな』と愚痴をこぼしたことがあります。すると、外出から戻ったら新しいスリッパが置いてあった。そんな怖い経験もありました」

Q3 夜中の抜き打ち自宅検査「宿泊検閲」は日常的にあるの?

 財閥の令嬢・セリは、ジョンヒョクの自宅に匿われるが、保衛部少佐のチョ・チョルガン(オ・マンソク)の指示による「宿泊検閲」で発見される。抜き打ちで自宅を検査される「宿泊検閲」は、本当に北朝鮮で行われているのだろうか。

北朝鮮には、住居を引っ越す自由もなければ、旅行する自由もありません。住居のある地域を離れる場合には、必ず『旅行証』を発行してもらわなければならない。また、目的地に着いたら、宿泊先の家主と一緒に町内の人民班長を訪れて『確認書』をもらって、交番に登録しなければなりません。

 その登録をしていない不審者を取り締まるのが『宿泊検閲』。午前2~3時という深夜に行われるようです。脱北者の証言によると、1カ月に3、4回突然検査されることもあって、特に国境地域では脱北者が増えたこともあり、ほぼ毎晩のように宿泊検閲が行われているそうです」

 ドラマでは、室内に隠していた韓国製品が取り締まられるシーンもある。

「外国製の家電製品や本、金日成金正日父子の肖像画の管理などに対する検閲もよく行われています。ドラマでは、人民班長が住民の家で発見した韓国製炊飯器に目をつぶる場面がありましたよね。実際には、韓国ドラマを密かに見ていたことが発覚しただけで、処刑されたケースもあります」

Q4 北朝鮮が国際犯罪者を匿うことは本当にあるの?

 ドラマでは、巨額の横領容疑で手配されている男、ク・スンジュン(キム・ジョンヒョン)が、ブローカーを通じて北朝鮮に渡って匿われている。スンジュンは、保衛部少佐のチョ・チョルガンの保護の下、豪華な生活をしているが、これは現実としてありえる話なのだろうか。

「このドラマの中で、最も非現実的な人物がク・スンジュンかもしれません。これまで、北朝鮮当局が金銭を受け取って国際犯罪者を入国させたケースは確認されていません。公式に亡命要請をした上で、北朝鮮当局が入国を許可すれば可能かもしれませんが、ドラマのように保衛部が裏金を受け取って、犯罪者に逃避先を提供するケースは聞いたことがありません。

 近い事件としては、数年前に韓国のある百貨店の営業担当の男性が女性社員と不倫に陥り、会社の金を横領して北朝鮮に密入国した事件がありました。当初は北朝鮮で彼らに英雄の呼称を与えて体制宣伝の道具として使っていましたが、その後も安楽な生活を営んでいるかどうかは、今のところ誰にも分かりません」

後編に続く)

本当に平壌はあんなに頻繁に停電するの? 「愛の不時着」8つの疑問に在韓記者が答える へ続く

(金 敬哲/Webオリジナル(特集班))

北朝鮮軍人ジョンヒョクの父はどれだけ偉い?(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)