人の笑い声みたいなあの鳥を製作!

ロックダウン中、日曜大工に目覚めるクリエイティブなパパも多いようだが、今回取り上げるオーストラリアお父さんは物凄いものを作り上げたと言う。

巨大な鳥のオブジェである!!!

しかも、モデルとなった鳥の鳴き声も導入。まるで遊園地アトラクションのようだ。

こちらの鳥は、オーストラリア原産のライカワセミをかたどったもの。人の笑い声にそっくりな鳴き声が特徴である。

製作したのは、ブリスベン在住のファーバーディン・ダリーさんという男性。大学教授と芸術家の2つの顔を持つダリーリさんは、昨年のクリスマスからオブジェの製作を始めたという。

当初は他のスタッフと製作しており、大きく動くデザインとしていたようだが、ロックダウンの影響で完成せず、設計を変更せざるをえなかったという。

ダリーリさんはイラン出身で、インドで彫刻を学んだ後にオーストラリアに移住した。過去には観光地用のオブジェとして、巨大なカーペットニシキヘビの彫刻を手がけたこともあるという。

娘さんのコメントによると、ダリーリさんは「ワライカワセミの笑い声で人々に笑顔をあたえられたら」と考えているそうだ。

動画はダリーリさんの娘さんに撮影され、SNSで投稿されると大きな反響が。「すっげーでかい!本物!?」「鉢合わせしたら絶叫する〜!」「関係者の皆さん、完成おめでとうございます。是非見にいきます」といった声が寄せられていた。

このオブジェは、ダグラスの大学で今年8月に開催の”タウンスビル・カルチュラルフェスト”で展示予定だという。

 

参照元:The guardianYoutube

【でっけええ!!】オーストラリアの芸術家が超ビッグサイズの鳥を製作!コロナで落ち込んだ人を元気に