メイン画像

きょう(1日)は寒気の影響で、雨雲や雷雲が発達しやすいでしょう。九州から東北の所々で雨脚が強まり、午後は激しい雨や落雷、突風、ヒョウのおそれがあります。空模様の変化にご注意下さい。

局地的に強まる雨 ヒョウの降るおそれも

画像A

きょう(1日)は、前線上の低気圧が本州の南を東進し、夜には伊豆諸島付近に進む予想です。また上空には寒気が流れ込んできます。
午前7時現在、九州から関東、北陸の所々で雨が降っています。今夜にかけてあちらこちらで雨が降り、局地的に雨雲が発達。午後は山陰や北陸を中心に発雷確率が高くなっていて、落雷や突風、ヒョウなどに注意が必要です。
低気圧に近い関東は雨が降ったりやんだりで、夕方以降に雨脚が強まるでしょう。東海の沿岸部や伊豆諸島は激しく降る所もありそうです。

西ほどムシムシ 北海道は暑さ続く

画像B

気温の特徴は、西ほど蒸し暑く、北海道は厳しい暑さ。
沖縄は朝から気温が高く、かなり蒸し暑いでしょう。
九州から東海、北陸は、最高気温25度以上の夏日の所が多く、昼間は蒸し暑さが増しそうです。こまめに水分をとって、熱中症に注意して下さい。
関東や東北南部はきのうより低い所が多く、22度から23度くらいの予想です。関東はひと月前くらいの気温ですが、湿度が高く、電車の中などではムシムシと感じられるかもしれません。調節のしやすい服装がオススメです。
東北北部と北海道は、暑さが続きます。北海道の内陸では真夏日になる所もありそうです。ただ、湿気が少なくカラッとした暑さでしょう。

1日 九州から東北で雨雲発達 激しい雨やヒョウの恐れ