タレントケンドーコバヤシ(47歳)が、6月1日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。“長く続けていること”について語った。

この日、“長く続けていること”を聞かれたケンコバは、「僕は記憶あるときから、まったく欠かしてないことがあって。こういうの、意外と皆さんないんじゃないかなと思うんですけど。生まれてからずっとやってるんじゃないかな。これを忘れたことは1回もない」と、マジメなトーンで、それが何かを当てるクイズを出題。

これに極楽とんぼ・加藤浩次は「コバヤシだよね、長年欠かさずやってること。ショートラリアットからのサソリ固めじゃない?」と回答、ハリセンボン近藤春菜は「歯が生える前から歯磨き?」と答えた。

そして、ケンコバは「大人になってからずっとやってますとか、学生時代から始めてます人は多いと思うんですけど、僕はホンマにね、記憶ある生まれてからずっとやってるんじゃないかと」と前置きした上で、「呼吸」と正解を発表。

「これを忘れたことは1回もないです」「最近ちょっと無呼吸症候群の疑いあるんでね、一度お医者さまのほうにお世話になろうと思ってます」と語り、スタジオから失笑が漏れる中、加藤は「ただただバカにしてるだけですから。この人はほんとになめた態度ですよ。質問した人間も嫌になるだろうが(笑)」と呆れ気味にコメントした。