福岡県北九州市新型コロナウイルスの陽性者が急増している。

 4月末から23日連続で新規感染者の確認がゼロだったというのに、いきなりだ。病院や介護施設だけでなく、小学校でも集団感染が発生した。

 北橋健治市長は「『第2波の真っ只中』にいると認識している」と述べたが、政府は菅義偉官房長官が「第2波が来たとは考えていない」と正反対の見方を示しており、「どうとらえていいのか」と困惑する人もいる。

本当にこれは“第2波”なのか?

 だが、明らかな点が2つある。症状が悪化し、救急搬送されるなどして感染が判明した高齢者の多さ。そして、症状が出てからかなりの期間が経過しているのに、ようやく感染が分かった人が複数いることだ。

「ということは既に市中でウイルスが広がっていた証拠だ。第1波は収束しきっていなかったのではないか」という声が市民から漏れる。「自分もいつ感染するかと思うと気が滅入る」(40代の男性)と話す人もいて、市内を得体の知れない不穏な空気が覆い始めている。

 人口約95万人の北九州市は、全国に20ある政令指定都市の中でも「ほどよく都会で、ほどよく田舎」と言われる。物価や家賃が安く、救急要請時の病院到着時間が早いのが市の自慢だ。かつては「ガラが悪い人が多い」とされ、ネットを中心に「修羅の国」とまで呼ばれたが、私が知る限り、政令市の中では最も人情味がある。市役所もフレンドリーな職員が多く、「暮らしやすいまち」を自称している。

「人と人のつながりが深いので、隣人や知人に迷惑をかけないようにしようという気持ちが他地区より強いと思います。だからこそ、新型コロナウイルスの流行が始まると、皆で一生懸命に行動を自粛し、感染を抑えようとしてきました。ようやくその成果が出たのだなと、ほっとしていた時でした」と、70代の女性は肩を落とす。

9日連続で計97人の患者を確認

 市職員の1人も「市役所本庁舎では、来客に会うのも事務室ではなく、1階フロアを使うほどの気の配り方でした。市内全体でも感染防止にかなりの神経を使ってきたと思います。それなのに、なぜ。この北九州で」と落胆する。

 市内の雰囲気が一変したのは5月23日だった。

 新型コロナウイルスの新たな感染者4月30日から出ていなかったが、一度に3人もの陽性者が判明したのだ。その後も連日2~26人の感染が明らかになり、5月31日までに9日連続で97人の患者が確認された。

 市が公表した感染状況によると、いくつかの傾向があるように見える。

 まず目立つのが、症状が悪化して救急搬送された高齢者の多さだ。搬送先でCT検査(コンピュータ断層撮影検査)されて肺炎が分かるなどし、PCR検査に回された。

 例えば、5月24日に陽性と分かった60代の女性は、 同21日に寒気がし、翌22日には39度台の発熱があったという。同23日に意識を消失して、救急搬送された。搬送先で胸部CT検査をしたところ肺炎が見つかり、PCR検査が行われた。

老人ホーム小学校での集団感染

 5月25日には、6人の感染が分かったが、前々日に陽性と判明した患者の「濃厚接触者」が1人含まれていたため、まるきり新しいルート感染者としては5人だった。このうちの1人は男子高校生で、彼を除いた4人は60~80代の高齢者だった。

 4人はそれぞれ、▽意識を失って救急搬送▽前日から40度台の発熱と腹痛があり、救急搬送▽前日から40度台の発熱や頭痛、倦怠感があり、救急搬送▽呼吸困難になり、救急搬送――とされており、かなり症状が悪化してから搬送されたことになる。

 この4人の高齢者のうち、2人がそれぞれ入院した病院では集団感染が起きた。搬送に携わった救急隊員も感染した。

 集団感染は特別養護老人ホームでも発生した。別の日に心肺停止で救急搬送され、陽性判明したものの亡くなった80代の女性が入所していた施設である。

 小中学生への広がりも次第に分かり、小学校で同じクラスの児童が集団感染していたと分かった。

感染者確認ゼロ」は偶然だったのか?

 一方、5月25日に陽性判明した高校生は、感染が分かるまでにかなり長い期間を要した。同11日に下痢や腹痛があったといい、同17日には39度台の発熱のほか、咳、鼻水、全身倦怠感があった。こうした症状が続くため、同22日に医療機関を受診して、25日にPCR検査を受けた。もう少し受診が早ければ、「感染者確認ゼロ」の期間中に判明していた可能性はなかっただろうか。

「第2波初日」の5月23日に感染が判明した陽性者のうちの1人は無症状だったが、同20日に持病で病院に掛かった時の検査で分かった。それ以前に病院で検査していたら、もっと前に判明していたかもしれない。

 5月23日までゼロだったのは、たまたまだったのではあるまいか。

 北橋市長は「第1波の検査体制では、無症状の人が陽性と判明することはまれだった」と記者会見で話している。高熱が4日間続くなどという“基準”で判断され、PCR検査の体制も整っていなかったからだ。

 北橋市長は「医師が診断を踏まえて『感染の疑いがあるので、ぜひ検査をしてくれ』と言っているのに、保健所に拒否されたという声をたくさん聞いた。市長としては看過できない重要な問題だと思った」として、5月のゴールデンウイーク後に、独自のPCR検査センターを稼動させた。

 その結果、「無症状の方が多数、陽性患者として判明するようになった。無症状の感染者は相当程度いる可能性が高いと考えている。PCR検査を早く広く行うことで、そうした一面が認識されるようになったということがあると思う。救急搬送される方にも念のために検査をしている」と、このところの陽性者急増の原因を分析している。市外からの転院者にPCR検査をして感染が判明した事例もある。

4月から症状があった人も

 ただし、医療機関を何度も受診したうえ、ようやくPCR検査で陽性と判明した感染者がいるのも事実だ。

 5月23日に感染が判明した大学生は、 同17日に39度台の発熱や呼吸困難、全身倦怠感、筋肉痛があり、翌18日にも発熱が続くなどしていたことから受診した。それ以降も発熱などの症状が続いたため、再受診して、22日に検体を採取した。

 さらに前から症状があった人もいる。5月26日に感染が分かった80代の男性は、16日も前の同10日に38度台の発熱や頭痛、倦怠感あった。症状が続くため、同12日に受診、この日は別の医療機関も受診した。同15日にまた受診。それでも改善せず、同25日に呼吸困難を起こして救急搬送され、胸部CT検査で肺炎が分かった。

 5月27日に陽性判明した70代の女性は、4月から症状があったようだ。4月26日に37度台の熱があり、5月8日になっても発熱が続くため、医療機関を受診した。その後、2つの医療機関を計5回受診し、26日になって別の医療機関で検体を採取された。

第1波と第2波がつながっていた可能性

 こうして見ると、第1波と第2波はつながっており、むしろ地下に潜っていた部分が最近のPCR検査などで見えるようになったとは考えられないだろうか。

「『感染者確認ゼロ』の23日間は、単に確認できなかったというだけではないのか」と話す市民もいる。

 専門家による検証を待ちたい。

「日本全国どこであっても他人事ではない」

「2月から感染が続く北海道のことは遠い世界の話だと思っていました。しかし実際には足元で感染が拡大していました。日本全国どこであっても他人事ではないと思います」と市内在住の40代の男性が語る。

 70代の女性は「現在の感染者の情報を聞いていたら、心配でたまらなくなりました。もしかすると、自分も知らず知らずのうちに感染し、人に移していたかもしれないのですから」と話す。女性は独居高齢者らの見守りボランティアをしている。「できるだけ会わないようにしてきた」とは言うものの、不安が拭いきれないのだ。

 女性は見守り対象の高齢者に会わないかわりに手紙を書くなどしている。「こういう時は文章の方が気持ちが伝わりやすいかもしれない」と考えたからだ。手紙を受け取った高齢者から電話をもらうこともあり、「新しい形のつながりができつつあります」と微笑む。

 北九州市は公害のまちと呼ばれた時代がある。洞海湾岸に建ち並ぶ工場から「七色の煙」が出ると言われ、煤煙が空を覆った。廃液が流れ込む洞海湾は、死の海とまで言われた。

「それを変えようと立ち上がったのが女性でした。北九州の女性はたくましさと慈愛に満ちています。あれほどの公害を克服できたのは、女性が先鞭をつけ、市民や行政が一丸となって活動したからでした。そうした歴史を持つ北九州市民だからこそ、今回の感染症には負けたくない。今は、市内全体がしゅんとしていますが、必ず皆で何かをつかんで立ち上がります」。70代の女性はそう力を込めた。

(葉上 太郎)

北九州市の玄関口といえる小倉駅 ©iStock.com