任天堂6月1日、公式サイトの「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を更新し、これまで「個人」に制限していたゲームの動画配信などを、4つの法人に拡大することを発表した。

指定された法人は4つ。

UUUM株式会社吉本興業所属を含む)

株式会社ソニーミュージックマーケティング

株式会社東京産業新聞社ガジェット通信

いちから株式会社

吉本タレント任天堂ゲーム実況可能に

ガイドラインは、任天堂著作権を有する動画や静止画等について、YouTubeなどネットワークサービスへの投稿の際に、著作権侵害に該当するか判断するもの(2018年11月29日、公式サイトで発表)。

法人による投稿は対象外だったが、指定4法人について「所属する投稿者は、所属する団体の業務として行う投稿であっても、個人であるお客様と同様に、このガイドラインに従って、任天堂ゲーム著作物を利用した投稿を行うことができます。」の記述が追記された。

また、UUUM株式会社も同日、「任天堂の著作物の利用に関する、 吉本興業所属タレントチャンネルを含む包括的許諾のお知らせ」を発表した。

「当社は、2017年5月以降、マルチチャンネルネットワーク(MCN)として初めて、任天堂の著作物の取り扱いに関する包括的許諾を受けておりますが、今後も継続して法人としての許諾を受けるとともに、UUUMサポートする吉本興業に所属するタレントYouTubeチャンネル(以下、吉本タレントチャンネル)についても、許諾を受けることとなりました。」

UUUMに所属するYouTuberは、企業間の包括契約によって許諾を受け、任天堂ゲームを「ゲーム実況」することが可能だった。今後は、UUUMが業務提携する吉本興業タレントも、許諾を受けて任天堂作品のゲーム配信が可能となる。

吉本タレントも「あつ森」ゲーム配信できる 任天堂「著作物利用ガイドライン」更新 「個人」から一部「法人」に拡大