韓国Pearl Abyss Corp.(本社:大韓民国安養市)は『黒い砂漠』において、2020年5月30日(土)グローバルオンライン宴会「ハイデル宴会AT HOME」をオンライン中継で開催し、中継で2020年下半期アップデートの最新情報を公開いたしました。


主に新規キャラクター「ハサシン」、雪に覆われた高山地帯である「新規エリア」、危険なモンスターが登場するがその分豪華な報酬を獲得できる「特化サーバー」、PvPとPvEが結合した新しい形のコンテンツいばらの砦」などを予定しており、特に新規キャラクター「ハサシン」に関しては2020年夏の実装を予定しています。

また、その他のアップデートにおいても、早ければ今年の下半期内に、遅くとも2021年の早い段階もしくは中長期での実装を目標に現在開発を続けています。

なお、グローバルユーザーが一緒に楽しめる"グローバルアルシャの闘技場"や、馬レースリニューアル、拠点戦のリニューアル、海賊と指名手配システム、そしてキャラクターごとに設定した星座を使ってドロップ率などの運勢が日々変わる新規コンテンツなども順次追加してく予定です。

当社は冒険者様のご期待に応えるべく、より一層まい進していくことをお約束いたします。ぜひ今後も『黒い砂漠』にご期待ください。



■「ハイデル宴会 AT HOME」会場の模様




新規クラス"ハサシン"
メイン武器である砂曲刀を使って肉弾戦を繰り広げる一方、砂嵐を使って脅威から逃れたり、逆に利用して相手を制圧することもできる豪快な暗殺者のキャラクター

新規エリア
地域名は"未定"。メディアの下の雪の多い高山地帯。

特化サーバー
ハデュームの力が強くなったサーバー、危険な狩場と強力な報酬を支給。

いばらの砦
次にオーディリタの新しいコンテンツPvPとPvEが結合した新しい形のコンテンツ


※詳細は後日当日の映像を編集した総集編を公開予定です。

配信元企業:Pearl Abyss Corp.

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ