米ミネソタ州ミネアポリスで、警察に拘束された非武装の黒人男性が死亡した後、略奪と暴動が約1週間続いている。トランプ大統領は、騒動に関与する極左暴力集団ANTIFAアンティファ)」をテロ組織として指定するとツイートした。ANTIFAは世界的に連携する傾向がある。東京渋谷で5月30日、警察官の対応に抗議するデモが行われたが、ANTIFA支持者が参加し、ソーシャルサイトでも多言語でデモ参加を呼び掛けた。

最初は平和的なデモだったミネアポリス

 

ミネアポリスでは当初、黒人市民ジョージ・フロイドさんの死に対する平和的な抗議として始まった。しかし、トランプ政権によれば、外部の扇動者と過激派によって、暴力的な混乱へと駆り立てられたとしている。

トランプ氏は、ミネアポリスでのここ数日の暴動の大半は州外からの参加者であり、「ビジネス(特にアフリカアメリカ人の小規模ビジネス)を害している」と語った。ミネソタ州のティム・ウォルツ知事は、推定資料を引用して5月29日の暴徒の80%がミネソタ州外から来ており、残りの20%は実際のミネソタ州民であると指摘している。

ウィリアム・バー司法長官は、ANTIFAによって実行された暴力を「国内テロリズム」と呼び、「それ相応に対処する」と述べている。「継続的な暴力と財産の破壊は、他の市民の生命と生活を危険にさらし、平和的な抗議者だけでなく、他のすべての市民の権利を妨害している」と付け加えた。

バー長官は、連邦法執行機関が「暴力的な過激派の扇動者」を逮捕するとしている。アメリカ全土の抗議デモに参加していたANTIFAメンバーの数は分かっていない。

さらに、バー長官は5月30日の声明で、抗議デモの中での暴力は、外部の過激派と扇動者のグループによって「計画され、組織化され、推進された」ように見えると述べた。

5月30日、25都市以上が夜間外出禁止令を出した。しかし、抗議者と警察との間の対立を鎮めることはできなかった。

ここ数日、暴力はアトランタロサンゼルスフィラルフィア、デンバー、シンシナティニューヨークポートランド、オレゴン、ルイビルケンタッキーなどで発生している。

アリゾナ州元保安官であり、憲法保安官・平和役員協会(CSPOA)の創設者でもあるリチャードマック氏は大紀元の取材に対して、ANTIFAをテロ組織に指定する大統領の発表に同意し、「正しい方向への動きだ」と述べた。

ANTIFAが暴力を呼びかけ、暴力を助長しているのであれば、トランプ大統領が呼び掛けたテロ組織指定に値する」とマック氏は語った。

マーティンルーサーキングJrは、『憎しみ憎しみを追い出すことはできない』『暴力は暴力を増殖させる』と言った。私たちは牧師に賛同し、平和を呼びかける」

ロイドさんの頸部を膝で圧迫したデレク・ショーバン警察官は解雇され、第三級殺人と過失致死の容疑で逮捕された。しかし、抗議者の怒りは収まっていない。この事件に関わった3人の警察官がまだ起訴されていないことも要因となっている。

トランプ大統領が、暴力を扇動するために州境を越えることは犯罪であると警告しており、以前にも知事や市長が暴動に対して「より厳しく」対処するよう呼びかけた。

トランプ大統領は、ANTIFAのテロ組織指定について、2019年7月にも「検討する」とツイートしていた。当時、ビル・キャシディ上院議員とテッドクルーズ上院議員は、ANTIFAの暴力行為を非難し、同グループを国内のテロ組織とみなす決議案を上院に提出した。

ANTIFA、渋谷デモにも参加

東京都渋谷区では5月30日、警察官の対応に抗議するデモがあった。同月23日、渋谷警察署の警官が職務質問を拒否したクルド人男性を、取り押さえたことが発端となった。男性は当時、路上駐車していた。別のクルド人男性がその模様を撮影した映像をネットに投稿し、複数のネットユーザーが米国の騒乱と関連付けて転載していた。

30日のデモには、このクルド人男性を含む180人近くが参加したとされる。一部の参加者は「ANTIFA」の旗を掲げた。このデモへの参加を呼び掛けるため、多言語のANTIFA関連のアカウントもデモ参加を呼び掛けた。現地取材のフリージャーナリスト・Gregor Wakounig氏は、デモ参加者について「自発的な反ファシスト、特定政党の支持者、無政府主義者、他の政治的見解の人々が集まった」とツイートしている。

立憲民主党の石川大我議員がデモに参加している。公開された映像によると、石川議員はデモ終了時に、騒動について「国会で大きく取り上げる」と述べた。

(編集・佐渡道世)

5月31日ミネソタ州ミネアポリスで、黒人市民フロイド氏に対する警官の対応に抗議するデモが行われた(GettyImages)