HONDA ESTILO株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:本田司)と、株式会社ワンテーブル(本社:宮城県多賀城市、代表取締役:島田昌幸)、サツドラホールディングス株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:富山浩樹)のグループ企業である株式会社リージョナルマーケティング(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:渡部真也)が共同運営する「BOSAI POINT PROJECT」は、ポイントを寄付して災害時に防災用品を届ける、ポイントドネーションの新しい防災システムBOSAI POINT」を、2020年6月1日(月)より全国でサービス開始いたします。
 本サービスは、「BOSAI POINT」が連携するポイントサービスにおいて、サービス利用者が保有するポイントを「BOSAI POINT」を通して寄付することにより、災害時の非常食や充電機器といった支援品を購入、来る災害に備えてストックし、災害時に全国各地の避難所に届ける活動です。なお、支援対象は自然災害に限定せず、ワクチンの供給において世界トップクラスの実績を持ち、いち早く新型コロナウイルス感染症のワクチン開発支援と供給に取り組むグローバル・パートナーシップ「Gavi, The Vaccine Alliance (以下:Gavi)」への支援として、本サービスで集まったポイントを寄付する活動もスタートいたします。


BOSAI POINT PROJECT 事務局コメント
繰り返し起きる災害にみんなで協力して備える「共助」の仕組みを作りたいと考えました。着目したのはポイントが当たり前になりつつある社会。余ったポイントを使ったドネーションで自分にも未来の災害にもより良い備えが出来る仕組みを提案したいと本プロジェクトの構築・準備を進めてきました。
新型コロナウイルスが猛威を振るい、支援を必要とする人が多くいる今だからこそ、防災の大切さを伝えるべきと今回のサービススタートに至りました。
  • ■防災の輪を広げる、新しい防災のかたち「BOSAI POINT」とは
市場規模2兆のポイント大国日本、余ったポイントを寄付して未来の被災地に支援を届ける
日本は無数のポイントサービスが存在し、推定される市場規模は約2兆*1ポイントです。一人当たり平均約1万5670ポイントを保有していますが、その多くは使用されずに失効してしまいます。キャッシュレス化が進むことでますますその傾向は増えると考えられます。BOSAI POINTは、様々なポイントを使って寄付するポイントドネーションシステムです。
寄付されたポイント被災地支援のため、金銭に換算して非常食や充電機器などの支援品の購入にあて、来る災害に備えてストックし、災害時に全国各地の避難所に届けます。支援品は、株式会社ワンテーブルと連携します。同社は東日本大震災の被災経験をもとに、電気・水・ガスがなくても食べられる、世界初の5年間備蓄可能なゼリー食品「LIFE STOCK」を開発してきました。BOSAI POINTが避難所に届ける支援品の中には、これらが含まれます。

2019年8月より北海道にて先行展開、「ダイヤモンド・プリンセス」への支援実績も
BOSAI POINTは、他地域より先行し、2019年8月より北海道にてサービス展開を実施。
支援活動として、2019年9月に発生し甚大な被害を与えた台風15号・19号の被災地である千葉県南房総市へ防災グッズとして非常用ゼリーを提供し、プロジェクトスタッフ福島県にてボランティア支援を行いました。
また、2020年2月には横浜港沖停泊中に新型コロナウイルスの集団感染が確認された大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(プリンセスクルーズ運航)の乗客・乗務員の方々に向けて、緊急災害対応アライアンスSEMAhttps://sema.yahoo.co.jp/)を介して、衛生用品(マウスウオッシュ)を提供するといった支援活動を実施しています。

広がるサービス連携:6月にクレジットカードサービスと連携スタート
BOSAI POINTでは、株式会社リージョナルマーケティングが提供する北海道共通ポイントカードEZOCA(エゾカ)」との連携(2019年8月~)に加え、6月よりクレジットカードとの連携がスタートします。これにより、BOSAI POINTアプリからの直接的な寄付が可能となります。
さらに、6月1日より関西電力株式会社が運営する地域・社会を応援する「はぴeポイント みんなでわっしょい!プログラム」でのポイント寄付先としてBOSAI POINTを選択することも可能になります。
※提携クレジットカードJCB / American Express/ Diners Club6月1日より連携スタートします。
なお、VISA / MasterCardは順次スタートを予定しております。

新型コロナウイルス感染症対策としての支援も開始
猛威を振るう新型コロナウイルス感染症への対策として、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発支援と供給に取り組むグローバル・パートナーシップ「Gavi, The Vaccine Alliance (以下:Gavi)」と提携し、集まったポイントを寄付する活動もスタートいたします。

Gavi, The Vaccine Alliance(Global Alliance for Vaccines and Immunisationの略)は、2000年に開催された世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で発足した、途上国への予防接種の普及に取り組むグローバル・パートナーシップ機関。加盟国政府、世界保健機関WHO)、国際児童基金(UNICEF)、世界銀行、ビル&メリンダゲイツ財団、ワクチン業界、研究・技術機関や市民社会団体等が連携して運営しています。量産可能なワクチン開発支援をはじめ、ワクチンの供給、そして感染症が発生しやすい地域での保健・医療スタッフの訓練、医療機材の提供も行っています。Gaviは累計約7.6億人の子供達にワクチンを届け、1,300万人の命を救ってきました。
Gavi 公式サイト:https://www.gavi.org/

被災地への支援方法について
※5年間備蓄が可能な「LIFE STOCK」
支援グッズには、株式会社ワンテーブルと連携し、5年間備蓄可能なゼリー食品「LIFE STOCK」が含まれます。これは、同社東日本大震災の被災経験をもとに、電気・水・ガスがなくても食べられるようにと開発した世界で初めて5年間の常温保存を可能にしたゼリー食品です。また、被災時に問題となるライフライン支援として、自発充電器を兼ね備えた移動式の「BOSAI屋台」を開発しました。電力不足に悩む地域へ運搬し、充電設備をご提供するとともに、情報交換等コミュニケーションの場としてもご活用いただけます。
※BOSAI 屋台(提供:Open A)

寄付した方へも感謝の気持ちを込め3つの特典をご用意
BOSAI POINTでは、一定ポイント以上をドネーションしていただいた方に下記の特典をご用意しています。

特典1.ご自身の災害時に役立つオリジナルの防災グッズBOSAI POINTグッズ
緊急時に素早く持ち出せるサイズにこだわり、コンパクトかつスリムに収納できるものをセレクトしました。発災後、支援物資が届かない緊急事態の際、24時間を乗り越えるために必要なアイテムです。
※BOSAI POINTグッズ

グッズ内容> ・備蓄ゼリーLIFE STOCK2個)
LEDミニライト
・防災用ウェットティッシュ(5年保証)
アルミブランケット(防塵・防水)
・簡易トイレ(3回分)




特典2.震度6弱以上の地震による被害発生で1万円が受け取れる「贈るほけん 地震のおまもり」を
BOSAI POINT ホケン」としてプレゼント
※イメージ
LINE Financial株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:齊藤 哲彦)と、損害保険ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西澤 敬二)が共同開発した、「LINEアプリ上で損害保険に加入できる保険サービスLINEほけん」とサービス連携し、ご自宅地域に震度6弱以上の地震が発生し、被害が発生した場合に1万円がすぐに受け取れる「贈るほけん 地震のおまもり」(提供:Mysurance株式会社)をお贈りします*2。


特典3.日本各地の食材を使った美味しい返礼品「BOSAI POINTギフト」
※イメージ
BOSAI POINTでは、美味しい特典もご用意しています。災害から復興を遂げた地域の特産品や、オリジナルメニューをお届けします。
Yahoo! JAPANが運営する、人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディアエールマーケット」にご協力いただきセレクトした、スイーツ最中や江戸前ちば海苔などこだわりの美味しいギフトをお選びいただけます。ちば海苔は口どけがよく香りもうま味も際立つ逸品。台風被害を受けた千葉から海産物をお届けします。
※BOSAI POINTラーメン(イメージ)

BOSAI POINTラーメン」は、”食べることが支援になる”をコンセプトに、「ベジソバ」で有名な大人気ラーメン店「SORANOIRO」店主の宮崎千尋氏がプロデュースしたBOSAI POINTオリジナルラーメンです。昆布と椎茸で出汁をとった旨味のあるあっさりスープと、グルテンフリーの玄米麺、2食分を1セットとして、BOSAI POINT 20,000ポイントの返礼品としてお届けいたします。お好みの地域の野菜と合わせてお召し上がりいただくことで、地域の”食べる”を支援できたらという想いが込められています。
また、「BOSAI POINTラーメン」は返礼品としてだけでなく「SORANOIRO」のオンラインショップ「おうちでソラノイロ」でも数量限定で購入いただくことができます。4食分を1セット5,000円(送料・消費税込)として、BOSAI POINT 500ポイントが寄付される”食べることが支援になる”ラーメンです。
グッズは累積10000ポイント、ホケンは累積5000ポイント、ギフトは累積20000ポイントで贈呈をいたします。
BOSAI POINTメインサポーターは、HONDA ESTILO株式会社オーナーであり、プロサッカープレイヤー本田圭佑氏です。
本田氏は長く被災地支援を続けてきました。東日本大震災後に「Notice of Honda災害支援基金」を設立。宮城県石巻市フットサル場を建設したり、被災地子どもたちにサッカーボールを届けたり活動を続けています。その後も2016年4月の熊本地震、同年8月のイタリア中部地震、2017年9月のメキシコ地震、2018年の豪雨など多くの災害で寄付しています。
本田氏の協力のもと、BOSAI POINTは全国的なサービスの普及と、世界に日本の防災技術を発信していくことを目指します。

本田圭佑コメント
今回、僕が関わらせて頂いていますBOSAI POINTプロジェクトがいよいよ全国にてスタートします。
BOSAI POINTは未来に起こる災害にあらかじめ備えるというプロジェクトです。クレカだけでなくポイントなどの電子マネーでも寄付ができるので、1人でも多くの人に、少しでも未来の災害に備えてもらいたいと考えています。
更に新たな寄付先として国際機関であるGaviが加わりました。Gaviはワクチンの開発支援や供給において世界トップクラスの実績があるということから選定させて頂きました。今回のコロナ危機を災害と捉えて、1日でも早くコロナ危機の収束を実現するために皆さんと共に協力できればと思います。

本田圭佑氏 プロフィール
生年月日:1986年6月13日
出身地:大阪府摂津市
身長・体重:182cm・79kg
現所属:ボタフォゴFR

本田氏はサッカー選手として活躍するほか、国内外に約80校のサッカースクールを展開し、オーストリアカンボジアではプロサッカークラブの経営に携わっています。2016年に国連財団から「Global Advocate for Youth」に任命されました。サッカーだけでなく、社会問題などに目を向けながら活動しています。





  • ■BOSAI POINT ご利用方法
1.スマートフォンから「BOSAI POINT」専用アプリダウンロード
iOS: https://apps.apple.com/us/app/bosai-point/id1498879250?mt=8
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bosaipoint.webapp&hl=ja
※本アプリの推奨環境(スマートフォンアプリ)は、【iOSiOS 11.0以上、 【AndroidAndroid 6.0以上
アプリが使用できない方は、WEBブラウザからサイト(https://bosaipoint.com)にアクセス
2.必要な情報を入力しサポーターとして登録
3.サービス一覧から保有しているポイントと連携
4.ポイント数を選びドネーションを実行
5.ドネーション初回特典として本田圭佑メッセージが届きます
6.ドネーションポイントが一定数を上回った場合、防災グッズ・ホケン・ギフト等の特典をプレゼント


BOSAI POINT 運営概要>
名称:BOSAI POINT PROJECT
事務局所在地:〒107-6107 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル7F
事業内容:ポイントドネーションによるWEBサービス運営・防災活動
設立年月日:2019年8月29日

・委員会
委員:桑城建吾 (HONDA ESTILO株式会社
委員:島田昌幸(株式会社ワンテーブル
外部委員:富山浩樹(サツドラホールディングス株式会社株式会社リージョナルマーケティング)

・事務局
亀山 淳史郎 / 浜野 良太

BOSAI POINT PROJECT 参画企業>
企業名称:HONDA ESTILO株式会社
本社所在地:大阪府吹田市垂水町3丁目34-15 伸栄第1ビル4階
代表者:代表取締役社長 本田司
事業内容:スポーツ選手のマネージメント業務、スポーツ事業の企画 製作 販売及び配給業務、サッカースクール事業、コンサルティング業務
設立年月日:2007年9月

企業名称:株式会社ワンテーブル
所在地:宮城県多賀城市八幡字一本柳117-8
代表者:代表取締役 島田昌幸
事業内容:食文化創造事業、備蓄・防災事業
設立年月日:2016年11月11日

企業名称:株式会社リージョナルマーケティング
本社所在地:北海道札幌市北区太平3条1-2-18
代表者:代表取締役社長 渡部真也
事業内容:地域における企業、店舗、団体のマーケティング活動全般
メディア事業、共通ポイントカード事業、決済サービス事業、物品・設備の販売、ならびにリースレンタル
設立年月日:2013年8月19日

BOSAI POINTパートナー企業 ※順不同>
ポイントパートナー連携
企業名称:関西電力株式会社
所在地:大阪府大阪市北区中之島3丁目6番16号
代表者:取締役社長 森本孝
事業内容:電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業 等
設立年月日:1951年5月1日

サービス連携
企業名称:Mysurance株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿一丁目26番1号
代表者:代表取締役社長 川上史人
事業内容:少額短期保険業
設立年月日:2018年7月

企業名称:LINE Financial株式会社
所在地:東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー 22F
代表者:代表取締役社長 CEO:齊藤哲彦
事業内容:金融関連サービスの提供
設立年月日:2018年1月10日

企業名称:株式会社ソラノイロ
所在地:東京都千代田区平河町1-3-10ブルービル本館1B
代表者:代表取締役 宮崎千尋
事業内容:飲食店の運営及び経営 / 飲食店の運営指導 / メニュー開発指導 / コンサルティング /
店舗プロデュース(企画・設計支援) / 各種研修、セミナー運営、各種講演 / ラーメンの製造販売 /
自社商品の小売・通信販売事業 / 海外出店支援
設立年月日:2011年6月

企業名称:株式会社オープン・エー | Open A
所在地:東京都中央区日本橋馬喰町2丁目7-15 ザ・パークレックス日本橋馬喰町7階
代表者:馬場正尊
事業内容:建築設計・監理 / インテリアデザイン / プロダクトデザイン / 都市計画
不動産の賃貸、管理 / シェアハウスシェアオフィスの運営、管理 / 編集・執筆など
設立年月日:2003年

*1 参考:株式会社矢野経済研究所『2018年ポイントサービスポイントカード市場の動向と展望』
*2 参考:「贈るほけん 地震のおまもり」サービス提供に関するプレスリリース
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/2634

配信元企業:BOSAI POINT PROJECT

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ